難聴の原因

難聴の原因には、内耳の損傷、耳垢の蓄積、感染症、鼓膜の破裂などがあります。聴力損失がどのように発生するかを理解するには、聞く方法を理解することが役立ちます。

聴覚は、音波が耳の内部構造に到達したときに発生します。聴覚の振動は、脳が音として認識する神経信号に変換されます。

あなたの耳は、外耳、中耳、内耳の3つの主要な領域で構成されています。音波は外耳を通過し、鼓膜に振動を引き起こす。中耳の鼓膜と3つの小さな骨は、内耳に伝わる振動を増幅します。そこでは、振動は、内耳(蝸牛)のカタツム型構造の流体を通過します。

あなたの声

蝸牛の神経細胞には、音の振動を脳に伝わる電気信号に変換するのに役立つ数千の小さな毛が付いています。異なる音の振動は、これらの小さな毛にさまざまな形で影響し、神経細胞があなたの脳に異なる信号を送る原因となります。それはあなたがある音と別の音を区別する方法です。

難聴の原因には次のものがあります

内耳の損傷。高齢化と大きな騒音への曝露は、蝸牛の髪の毛や神経細胞の磨耗を引き起こし、脳に音信号を送ります。これらの毛髪または神経細胞が損傷または欠損すると、電気信号が効率的に伝達されず、聴力損失が生じる。より高い音があなたに吹かれることがあります。

あなたが背景の騒音に対して言葉を選ぶのは難しくなるかもしれません。遺伝によって、これらの変化が起こりやすくなります。このタイプの難聴は、永久的な感音難聴として知られています。

どのように難聴が起こるか