性腺刺激ホルモン放出ホルモン

 
ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)は、視床下部で産生され、血流を介して下垂体に輸送されるホルモンである。 GnRHは、下垂体前葉からの卵胞刺激ホルモン(FSH)および黄体形成ホルモン(LH)の分泌を制御する。 GnRHの分泌は、脳の他の部分からの神経入力、および特に性ステロイドによる負のフィードバックを介して女性において制御される。

GnRHのより強力な類似体(内因性GnRHと比較して)が合成され、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊症および前立腺癌を治療するために使用される。

性腺刺激ホルモン放出ホルモンに関連する病状