可能性のために粉砕された牛肉がリコールされた。大腸菌

2015年11月2日 – 致命的な大腸菌に汚染されている可能性があるため、All meat社は16.7万ポンド以上の粉砕牛肉製品を回収しています。

全米のリコールは、2015年10月16日、ネブラスカ州オマハで製造された牛肉製品のリコールです。問題は、米国農務省の食品安全検査局(FSIS)によるランダム検査によりE. coli O157:H7を同社の製品の一部で使用した。

このタイプの大腸菌は、人々が細菌に曝された後、脱水、血まみれの下痢および腹部痙攣を2〜8日(平均3〜4日)起こすことがある。ほとんどの人が回復しますが、腎不全を発症する人もいます。 5歳未満の高齢者および小児は、最もリスクが高い。

今まで、FSISによると、60ポンドおよび80ポンドの箱に入れられたリコールされた牛肉製品に関連する病気は報告されていない。

製品を持っている消費者は、それらを捨てたり、購入場所に戻したりするべきです。リコールの詳細については、FSISウェブサイトを参照してください。

健康的でおいしいレシピ、Eating Well誌から。

チキン、チョコレート、サラダ、デザート、スープ