健康と安全、年齢2〜5歳 – 自宅外の安全対策

あなたは、家の外で遭遇する可能性のあるあらゆる危険から子供を保護することはできません。しかし、基本的な安全規則と予防措置を子供に持たせることができます。あなたの子供の自然環境は、あなたが直面し得る様々な状況のためにあなたの子供を準備するのに役立つ一般的な訓練のためのアイデアを教えてください。

時々子供のアレルギーの症状は、鼻水や水分で止まりません。あなたの子供がアレルギー性喘息を患っている場合、最も一般的な喘息の形で、花粉やカビのようなアレルゲンに曝されると、呼吸通路が腫れて炎症を起こすことがあります。喘息を誘発する小児アレルギーは、喘鳴、息切れ、呼吸困難につながります。それが起こると、あなたの子供の医者はネブライザーと呼ばれる呼吸器の使用を処方するかもしれません。次のQ& Aは役に立ちます…

あなたの子供がよく知られていない家に来る前に、危険な場所、家にある武器、ペット、またはその他の安全問題に気づく必要があるかどうか尋ねます。また、あなた自身のために世帯を見ることは、常に良いアイデアです。安全性について懸念を表明するのを恐れないでください。あなたは最終的にあなたの子供を保護する責任があります。

あなたの子供が自動車内外で安全であるように助けてください。道路、自動車、その他の車両の危険性について、子供に基本的なルールを教えてください。子どもの拉致を防ぐのに役立ちます。子供に見知らぬ人に慎重になるように教え、脅かされていると感じたら反応する方法を教えてください。拉致されたほとんどの子供は、見知らぬ人ではなく、親、親戚、家族の友人、または知人によって撮影されることを忘れないでください。晴れた日に日焼けを防ぐ。あなたの子供に帽子とゆるい服を着用し、屋外にいる場合は日焼け止めを塗ってください。熱疲労を監視する。あなたの子供は暖かい気候に長時間放置しないでください。詳細は、日焼けや熱に関連する病気を参照してください。あなたの子供が虫刺されやクモの巣を防ぐのを助けてください。昆虫忌避剤を使用して、あなたの子供が屋外で身体を完全に覆う閉じた靴、靴下、服を着用させる。詳細については、「昆虫の咬傷とくもりと蜘蛛の咬傷」を参照してください。子供を遊び場の上で安全に保つ。すべての遊具が安全で、修理がよく、子供の年齢に適していることを確認してください。彼らがどんな機器でも遊んでいる間、すべての幼児を密接に監督する。