ハニー:用途、副作用、相互作用、警告

メイ、ミエル、ミエル・ブラン、ミエル・クラリファ、ミエル・デ・マヌーファ、ミエル・デ・マヌカ、ミエル・デ・サラシン、ミエル・フィルトリー、精製されたハーブ、蜂蜜、ひれ伏せた..すべての名前を参照してくださいApis mellifera、そば蜂蜜、栗のハニー、Clarifiedハニー、Honig、Jellybushハニー、Madhu、マヌカハニー、メル、Miel、Miel Blanc、Miel Clarifi、Miel deChâttierier、Miel de Manuka、Miel de Sarrasin、Miel FiltrÃ、精製された蜂蜜、ひずんだ蜂蜜;名前を隠す

蜂蜜は、植物の蜜からミツバチによって生産される物質です。それは薬として使われます。蜂蜜は、生産中や収集中や処理中に植物、蜂、塵などの病原菌に汚染される可能性があります。幸いにも、ハチミツの細菌との戦いの特徴は、ほとんどの混入生物が生き残ることができない、または再現できないことを保証します。しかし、ボツリヌス中毒を引き起こす細菌を含む胞子を用いて増殖する細菌は、残存する可能性がある。ボツリヌス中毒が口で蜂蜜を与えられた幼児で報告された理由を説明します。この問題を解決するために、医療グレードのハチミツ(例えばMedihoney)を照射して、細菌の胞子を不活性にする。メディカルグレードのハチミツも、一貫した殺菌作用を持つように標準化されています。いくつかの専門家は、医療グレードの蜂蜜は、病原菌がなく、抗生物質で処理されていない蜂巣から採取され、蜜は殺虫剤で処理されていない植物から得られるべきであることを示唆している。蜂蜜は、咳、喘息、花粉症に使われます。ヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)菌の感染によって引き起こされる下痢や胃潰瘍にも使用されます。蜂蜜は、激しい運動中に炭水化物源としても使用されます。一部の人々は、創傷治癒、火傷、日焼け、白内障、および糖尿病性足潰瘍のために蜂蜜を皮膚に直接適用する。蜂蜜の局所使用は長い歴史を持っています。実際、これは最も古い既知の創傷包帯の1つであると考えられています。蜂蜜は、日焼けや感染した創傷のために、古代ギリシアの医師Dioscoridesによって50のA.D.で使用されました。蜂蜜の癒しの特性は、聖書、コーラン、およびトーラに記載されています。食品では、蜂蜜が甘味剤として使用されます。製造時には、蜂蜜を石鹸や化粧品の香りやモイスチャライザーとして使用します。蜂の花粉、ハチ毒、ローヤルゼリーと混同しないでください。

ハチミツの化学物質の中には、特定の細菌や真菌を殺すものがあります。肌に塗布すると、蜂蜜は湿気の障壁となり、肌が包帯に付着するのを防ぎます。ハチミツは、栄養素や傷の治癒を促進する他の化学物質も供給します。

おそらく効果的なfo;バーンズ。火傷に直接蜂蜜の準備をすることは治癒を改善するようです;咳。就寝時に少量の蜂蜜を摂取すると、2歳以上の子供の咳の呪文数が減少します。ハチミツは、典型的な店頭用量で、少なくとも鎮咳剤デキストロメトルファンと同じくらい有効であると思われる。いくつかの研究者は、蜂蜜の甘味が唾液分泌を引き起こすと考えている。これは、次に、気道を湿らせ、咳を和らげる粘液の分泌を促進する。糖尿病。いくつかの証拠によると、蜂蜜を毎日服用すると、糖尿病患者の血糖値、コレステロール値、体重の減少がわずかしか生じません。放射線治療(粘膜炎)による口臭。臨床研究の結果から、ハチミツは放射線治療による口内炎の発症リスクを低下させることが示唆されています。他の研究では、蜂蜜20 mLを服用したり、蜂蜜ガーゼ(HoneySoft)を塗布すると、頭頸部がんの放射線治療に伴う口内炎、痛みを伴う嚥下、および体重減少の重症度が軽減されます。創傷治癒。蜂蜜の準備を傷に直接適用するか、または蜂蜜を含む包帯を使用することは、治癒を改善するようである。いくつかの小規模な研究では、手術後の創傷、慢性の脚潰瘍、膿瘍、火傷、擦過傷、切れ目、および移植のために皮膚を摂取した場所を含む、様々な種類の創傷にハチミツまたはハチミツで包帯剤を使用することが記載されている。蜂蜜は匂いや膿を減らし、傷の清掃を助け、感染を減らし、痛みを軽減し、治癒までの時間を短縮するようです。一部の報告では、他の治療法が機能しなくなった後、蜂蜜で傷が治癒した。おそらく無効です。寄生虫(リーシュマニア病変)による皮膚感染。限られた研究では、投薬注射に加えて6週間にわたり毎日2回蜂蜜を浸した包帯を使用すると、投薬単独よりも治癒が遅くなることが示唆されている。不十分な証拠。花粉症。これまでの研究では、標準的な治療に加えて毎日1杯の蜂蜜を1日1回服用してもアレルギー症状は改善されないことが示唆されています。アスレチックパフォーマンス。いくつかの早期の証拠によれば、蜂蜜は運動後に血糖値を正常レベルに上昇させる可能性があり、運動中に与えられるとパフォーマンスが向上する可能性があります。腎臓透析に使用されるカテーテルに起因する感染症。初期の研究は、特定のタイプの移植血液透析カテーテルの出口部位に毎週3回適用されるマヌカハニー(Medihoney)が、カテーテル関連感染および血液感染の発生を減少させるムピロシン軟膏と呼ばれる標準的な治療と同じくらい有効であることを示唆している。糖尿病性足潰瘍。一部の報告では、局所的な生ハチミツを適用すると、非治癒性の糖尿病性足潰瘍の治癒を早めることができることが示唆されています。これは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)、またはシュードモナス感染によって創傷が感染したとしても当てはまると思われる。ある報告書では、6-12ヶ月間、包帯の下にスーパーマーケットハニーを適用した後、以前は治癒しなかった創傷が完全に治癒した。この患者の足は切断から救われた。眼科手術。小規模な研究では、眼科手術の前後7日間および5日後に毎日5回投与されたとき、投薬点眼薬(Uniflox)およびハニー点眼薬(Abies spp。)の効果に差はなかったと報告されている。フーニエの酷さ。初期の研究では、Fournierの壊疽の治療薬として、抗生物質と共に使用された場合、蜂蜜包帯の効果についての不明確な結果が示されている。歯肉炎。初期の研究は、マヌカハニー製のチュアブルレザーは、シュガーレスチューインガムと比較して、プラークおよびガム出血をわずかに減少させることを示唆している。痔核。初期の研究は、蜂蜜、オリーブオイル、およびミツロウを含有する混合物は、痔核からの痛み、出血およびかゆみを緩和することを示唆している。寒い痛み(単純ヘルペス)。初期の研究は、蜂蜜を毎日4回浸したドレッシングを適用すると、性器ヘルペスではなく寒い傷口の症状および治癒時間を改善することを示唆している。高コレステロール。 1つの研究は、毎日75グラムの蜂蜜を14日間摂取すると、コレステロールの高い女性の低密度リポタンパク質(LDLまたは「バッド」)コレステロールを低下させることを示しています。他の研究によると、花粉や予め指定された食事を蜂蜜に加えると、異常なコレステロールレベルを持つ個体の総コレステロールとLDLコレステロールを減らすことができることが示されています。しかし、別の研究では、毎日70グラムの蜂蜜を30日間摂取してもコレステロール値に影響はなかった。下痢。いくつかの研究では、蜂蜜を溶液に加えると嘔吐や下痢を軽減し、下痢のある小児や幼児の回復を改善することが示されています。しかし、もう一つの研究は、蜂蜜を加えることは利益をもたらさないことを示している。不妊。初期の研究は、エジプトのハチミツとロイヤルゼリーの組み合わせを膣に塗布すると妊娠率が上昇することを示唆しています。貧しい栄養。初期の証拠によれば、蜂蜜は栄養不良の幼児や子供の体重やその他の症状を改善します。かゆみ(かゆみ)。早期の証拠によれば、蜂蜜クリームを皮膚に21日間塗布すると、擦り傷による皮膚刺激のある人の酸化亜鉛軟膏よりもかゆみ肌が減少することがあります。日焼け;喘息;アレルギー;粘液の分泌物を分泌する。消化管潰瘍;白内障;その他の条件。これらの用途のために蜂蜜の有効性を評価するには、より多くの証拠が必要です。

蜂蜜は、ほとんどの大人と1歳以上の子供のために、口で服用したり、大人が肌に適切に塗布した場合に、安全です。蜂蜜は幼児や非常に幼い子供の口に入れたときに起こり易い。ボツリヌス中毒の可能性があるため、生後12ヶ月未満の幼児および幼児に生乳を使用しないでください。これは高齢の子供や大人にとって危険ではありません。ハチミツは、玉虫の蜜から製造され、口で取られたときは、LIKELY UNSAFEです。このタイプの蜂蜜は、心臓の問題、低血圧、胸痛、および他の深刻な心臓の問題を引き起こし得る毒素を含む。特別な予防措置および警告:妊娠および授乳:蜂蜜は食物の量で摂取するときわめて安全です。ボツリヌス中毒に関する懸念は、幼児および幼児に適用され、成人または妊婦には適用されない。しかし、妊娠中または授乳中の女性の薬用目的で使用される場合、蜂蜜の安全性について十分には分かっていません。安全な場所に滞在し、薬量と局所適用を避ける。花粉アレルギー:花粉症にアレルギーがある場合は蜂蜜を避けてください。ハチミツは花粉で作られており、アレルギー反応を起こすことがあります。

現在、ハニーインタラクションに関する情報はありません

以下の用量は科学的研究において研究されている; MOUT;咳の場合:就寝時に2.5-10 mL(0.5~2杯)の蜂蜜。 SKIに適用されます。熱傷および創傷の治療のために:蜂蜜を直接または包帯に塗布する。ドレッシングは通常24〜48時間ごとに交換されますが、時には25日間までその場に放置されます。 2日ごとに傷を検査する必要があります。直接使用する場合は、15〜30mLの蜂蜜を12〜48時間毎に塗布し、滅菌ガーゼおよび包帯またはポリウレタン包帯で覆う。

参考文献

Abbey、E.L.およびRankin、J.W.サニーパフォーマンスおよび運動誘発サイトカイン応答に対する蜂蜜甘味飲料の摂取の効果。 Int J Sport Nutr Exerc.Metab 200; 19(6):659-672。

Abenavoli、F.M.およびCorelli、R.Honey therapy。 Ann.Plast.Surg。 200; 52(6):627。

Acton、C.Medihoney:完全創傷床製剤。 Br J Nurs。 200; 17(11):S44、S46-S44、S48。

Adesunkanmi、K. and Oyelami、O. A. Wesley Guild病院、Ilesha、ナイジェリアでの熱傷のパターンとアウトカム:156例のレビュー。 J Trop.Med Hyg。 199; 97(2):108-112。

ナチュラルハニーは、シミュレートされたハチミツおよびD-グルコースと比較して、生理学的な血糖応答を調節する。 J Food Sci 200; 73(7):H165-H167。

Ahmed、A.K.、Hoekstra、M.J.、Hage、J.J.、およびKarim、R.B。蜂蜜を使ったドレッシング:古代療法の現代療法への転換。 Ann.Plast.Surg。 200; 50(2):143-147。

人間の血小板および血液凝固タンパク質に対する天然の蜂蜜の効果。A. Ahmed、A.、Khan、R.A。、Azim、M.K。、Saeed、S.A。、Mesaik、M.A。、Ahmed、S.およびImran。 Pak.J Pharm Sci 201; 24(3):389-397。

Al Waili、N.正常な個体および2型糖尿病または高血圧症患者への天然ハニー溶液、高モル濃度デキストロースまたは低浸透圧蒸留水の肺内投与:血糖値、血漿インスリンおよびC-ペプチドに対する影響、血圧およびピーク呼気流量。 Eur.J.Med.Res。 7-31-200; 8(7):295-303。

Al Waili、N. S.およびSaloom、K.Y.帝王切開および子宮摘出後のグラム陽性細菌およびグラム陰性細菌による術後創傷感染に対する局所蜂蜜の効果。 Eur.J.Med.Res。 3-26-199; 4(3):126-130。

Al Waili、N. S.毎日の蜂蜜溶液の消費が血液学的指標および正常人におけるミネラルおよび酵素の血中濃度に及ぼす影響。 J.Med.Food 200; 6(2):135-140。

Al Waili、N.S。天然ハチミツの抗菌活性および外科創傷および結膜の病原性細菌感染に対するその効果の調査。 J.Med.Food 200; 7(2):210-222。

Al Waili、N.S.S.慢性脂漏性皮膚炎およびふけに対する粗製蜂蜜の治療的および予防的効果。 Eur.J.Med.Res。 7-30-200; 6(7):306-308。

Al-Waili、N.S。ハチミツ、オリーブ油および蜜ろう混合物の局所的適用を伴う淡蒼球疹、灰白癬、灰白癬および白癬の代替治療:オープンパイロット研究。補題The Med 200を補う; 12(1):45-47。

Al-Waili、N.S.アトピー性皮膚炎または乾癬のための天然ハチミツ、蜜蝋およびオリーブ油混合物の局所適用:部分的に制御された一重盲検研究。補題The Med 200を補う; 11(4):226-234。

Al-Waili、N. S.、Salom、K.、Butler、G.、およびAl Ghamdi、A.A.Honeyおよび微生物感染症:微生物防除のための蜂蜜の使用を支持するレビュー。 Jメッドフード201; 14(10):1079-1096。

Al-Waili、N.、Salom、K.、およびAl-Ghamdi、A。A.ハニー、創傷治癒、潰瘍および火傷;臨床実習におけるその使用を支持するデータ。 ScientificWorldJournal。 201; 11:766-787。

Ali、A.T.、Chowdhury、M.N。、およびAl Humayyd、M.S.ヘリコバクターピロリに対する天然蜂蜜の阻害効果。 Trop.Gastroenterol。 199; 12(3):139-143。

Aminu、S.R.、Hassan、A.W.、Babayo、U.D。別の蜂蜜の使用。 Trop.Doct。 200; 30(4):250-251。

アンダーソン、I.創傷ケアのハニードレッシング。 Nurs.Times 5-30-200; 102(22):40~42。

Anthimidou、E. and Mossialos、D。マヌカハニーと比較した、黄色ブドウ球菌および緑膿菌に対するギリシャおよびキプロス蜂の抗菌活性。 Jメッドフード201; 16(1):42-47。

蜂蜜の抗菌効能のインビトロでの抗菌効能と抗虫薬有効性との比較評価をAparna、S.、Srirangarajan、S.、Malgi、V.、Setlur、KP、Shashidhar、R.、Setty、S.、and Thakur、S.インビボでの4日間のプラーク再増殖モデル:予備的結果。 J Periodontol。 201; 83(9):1116-1121を参照のこと。

Armon、P.J.感染した創傷の治療におけるハチミツの使用。 Trop.Doct。 198; 10(2):91。

幼児ボツリヌス中毒症のための環境リスク因子、Arnon、S.S.、Midura、T.F。、Damus、K.、Thompson、B.、Wood、R.M。およびChin、J.Honey。 J.Pediatr。 197; 94(2):331-336。

Arriagada、S.D.、Wilhelm、B.J.、およびDonoso、F.A. [乳児ボツリヌス症:症例報告およびレビュー]。 Rev.Chilena.Infectol。 200; 26(2):162-167。

Aureli、P.、Franciosa、G.、およびFenicia、L.幼児ボツリヌス中毒症およびヨーロッパにおける蜂蜜:解説。 Pediatr.Infect.Dis.J。 200; 21(9):866-868。

褥瘡患者の創傷治癒に及ぼす蜂蜜ドレッシングおよびスルファジアジン銀の効果を評価するための比較研究。インドのJ Plast.Surg。 200; 42(2):176-181。

Banerjee、B.再発性単純ヘルペス病変の治療のためのアシクロビルと局所蜂蜜の適用。 Med Sci Monit。 200; 12(9):LE18。

蜂蜜中の過酸化水素生成速度に対する希釈の効果およびその創傷治癒への影響。 J.Alternplement Med。 200; 9(2):267-273。

Bangroo AK、Katri R、およびChauhan S. Honeyの小児の火傷でのドレッシング。 J Indian Assoc Pediatr Surg 200; 10:172-5。

Bardy、J.、Slevin、N.J。、Mais、K.L.、およびMolassiotis、A.ハチミツ使用およびその腫瘍学的治療における潜在的価値の体系的レビュー。 J Clin Nurs。 200; 17(19):2604-2623。

Basson、N.J。、du、Toit、I、and Grobler、S.R。口腔連鎖球菌に対する蜂蜜の抗菌作用。 J.Dent.Assoc.S.Afr。 199; 49(7):339-341。

Basu、C.、Sgroy、V.、Finola、M.S。およびMarioli、J.M.皮膚創傷から通常単離された細菌に対する異なる起源の蜂蜜の抗菌活性の比較。 Vet.Microbiol。 10-6-200; 124(3-4):375-381。

Belcher、J.創傷治療における医療グレードの蜂蜜のレビュー。 Br J Nurs。 8-9-201; 21(15):S4、S6、S8-S4、S6、S9。

ベル、S.G.ハチミツの治療的使用。新生児ネットワーク。 200; 26(4):247-251。

傷および火傷管理における蜂蜜の局所塗布に関する最近の特許は、本明細書中に参考として援用されている。最近のPat Inflamm.Allergy Drug Discov。 201; 5(1):81-86。

Bergman、A.、Yanai、J.、Weiss、J.、Bell、D.およびDavid、M.P.蜂蜜の局所適用による創傷治癒の促進。動物モデル。 Am.J Surg。 198; 145(3):374-376。

Biberoglu、K.、Biberoglu、S.、およびKomsuoglu、B.蜂蜜中毒の間のB.一時的なWolff-Parkinson-White症候群。 Isr.J.Med.Sci。 198; 24(4-5):253-254。

Biberoglu、S.、Biberoglu、K.およびKomsuoglu、B. Mad。honey。 JAMA 4-1-198; 259(13):1943。

脊髄損傷患者の慢性圧迫性潰瘍に対する非外科的療法としてのMedihoneyの使用。脊髄。 201; 50(2):165-169。

Bittmann、S.、Luchter、E.、Thiel、M.、Kameda、G.、Hanano、R.、and Langler、A.蜂蜜は小児創傷管理において役割を担っていますか? Br J Nurs。 8-12-201; 19(15):S19-20、S22、S24。

Bogdanov、S.、Jurendic、T.、Sieber、R.、およびGallmann、P.栄養と健康のためのハニー:レビュー。 J Am Coll Nutr 200; 27(6):677-689。

Bose、B.感染した傷の治療のための蜂蜜または砂糖?ランセット4-24-198; 1(8278):963。

Boukraa、L.およびSulaiman、S.A。火傷管理における蜂蜜の使用:潜在的可能性および限界。 Forsch.Komplementmed。 201; 17(2):74-80。

Boukraa、L.およびSulaiman、S.A。ハイブの抗生物質の再発見。最近のPat Antiinfect.Drug Discov。 200; 4(3):206-213。

Brawley、R.L.Mormons、蜂蜜、および乳児ボツリヌス中毒症が含まれる。 Am.J.Dis.Child 198; 138(8):794-795。

アセチルサリチル酸誘発性胃潰瘍に対する天然蜂蜜、ニゲラ・サティバ(Nigella sativa)、シメチジン(Cimetidine)の胃防護効果を比較した。アルビノラットにおいて。 J Coll医師Surg.Pak。 201; 21(3):151-156。

狂犬病中毒により誘発された房室ブロック:花粉分析による診断の確認。 Tex.Heart Inst.J 200; 36(4):342-344。

Cavanagh、D.、Beazley、J.、Ostapowicz、F.外陰部癌の根治手術。創傷治癒の新しいアプローチ。 J Obstet.Gynaecol.Br Commonw。 197; 77(11):1037-1040に記載されている。

Ceyhan、N.およびUgur、A。インビトロでの蜂蜜の抗菌活性の調査。 Riv.Biol。 200; 94(2):363-371。

Chambers、J. MRSAで汚染された皮膚潰瘍のための局所的マヌカハニー。 Palliat.Med 200; 20(5):557。

Chang、J.およびCuellar、N.G.創傷治療管理のための蜂蜜の使用:再考された従来の治療法。 Home.Healthc.Nurse 200; 27(5):308-316。

クーパー、J.創傷管理、軌道外科手術後。 Br J Nurs。 3-26-200; 18(6):S4、S6、S8、passim。

クーパー、R.A.、モラン(Molan)、P.C.、およびハーディング(Harding)、K.G.グラム陽性球菌の蜂蜜に対する感受性は、創傷から単離された臨床的意義がある。 J.Appl.Microbiol。 200; 93(5):857-863。

クーパー、R.ハチミツを使用して創傷病原体を阻害する。 Nurs.Times 1-22-200; 104(3):46,48~46,49。

カッティング、K. F.ハニーと現代創傷ケア:概要。 Ostomy.Wound.Manage。 200; 53(11):49-54。

Davis、S.C。およびPerez、R。Cosmeceuticalsおよび天然産物:創傷治癒。 Clin Dermatol 200; 27(5):502-506。

de Centorbi、O.P。、Satorres、S.E。、Alcaraz、L.E。、Centorbi、H.J.、and Fernandez、R. [蜂蜜中のボツリヌス菌胞子の検出]。 Rev.Argent Microbiol。 199; 29(3):147-151。

Deibert、P.、Konig、D.、Kloock、B.、Groenefeld、M.、およびBerg、A.Glycemicおよびいくつかのドイツの蜂蜜品種のinsulineemic特性。 Eur.J Clin Nutr 201; 64(7):762-764。

Deinzer、M.L.、Thomson、P.A.、Burgett、D.M。およびIsaacson、D.L.ピロリジジンアルカロイド:tansy ragwort(Senecio jacobaea L.)からの蜂蜜中のそれらの発生。 Science 2-4-197; 195(4277):497-499。

蜂蜜および幼児食品中のクロストリジウム・ボツリヌス菌胞子のスクリーニングのための透析、調理肉培地濃縮および実験動物の毒性の組み合わせ方法]。 Zhonghua Min Guo.Wei Sheng Wu Ji.Mian.Yi.Xue.Za Zhi。 199; 24(2):240-247。

Dunford、C.E.およびHanano、R.非治癒性静脈脚潰瘍のためのハチミツドレッシングの患者への受け入れ可能性。 J.Wound.Care 200; 13(5):193-197。

Eddy、J.J.、Gideonsen、M.D.、およびMack、G.P.神経障害性糖尿病性足潰瘍のための局所蜂蜜の使用に関する実践的検討:レビュー。 WMJ。 200; 107(4):187-190。

Edgar、J.A.、Roeder、E.、およびMolyneux、R.J.Honey、ピロリジジンアルカロイドを含有する植物から:健康への潜在的脅威。 J.Agric.Food Chem。 5-8-200; 50(10):2719-2730。

Edgar、W.M.およびJenkins、G.N.蜂蜜および部分的に精製された結晶糖中の溶解度低下剤。 Br.Dent.J. 1-1-197; 136(1):7-14。

Elbagoury、E.F。およびRasmy、S.嫌気性バクテロイドに対する天然蜂蜜の抗菌作用。 Egypt.Dent.J。 199; 39(1):381-386。

Eller、P.、Hochegger、K.、Tancevski、I.、Pechlaner、C.、およびPatsch、J.R. Sweet heart block。循環7-15-200; 118(3):319。

Erejuwa、O.O.、Sulaiman、S.A.およびAb Wahab、M.S.Honey:新規酸化防止剤。分子。 201; 17(4):4400-4423。

Erejuwa、O.O.、Sulaiman、S.A.およびWahab、M.S.Fructoseは、蜂蜜の低血糖効果に寄与する可能性がある。分子。 201; 17(2):1900-1915。

Erejuwa、O.O.、Sulaiman、S.A.およびWahab、M.S.Honey-新規抗糖尿病薬。 Int J Biol.Sci 201; 8(6):913-934。

Erejuwa、O.O.、Sulaiman、S.A.およびWahab、M.S. Oligosaccharidesは、蜂蜜の抗糖尿病効果に寄与している可能性がある。分子。 201; 17(1):248-266。

Evans、H.、Tuleu、C.、およびSutcliffe、A.蜂蜜は、市販されている咳止め薬のよく知られた選択肢ですか? J R.Soc Med 201; 103(5):164-165。

Farouk A、Hassan T Kassif H Khalidi SA Mutawali I&Wadi M.スーダンハチミツの研究:実験室および臨床評価。 26,161-168。原油研究199の国際ジャーナル; 26:161-168。

Ganacias-Acuna、E.F.活性Leptospermumハニーおよび非治癒手術後創傷の負圧創傷治療。 Ostomy.Wound.Manage。 3-1-201; 56(3):10-12。

Gethin、G.T.、Cowman、S.、およびConroy、R.M。慢性創傷の表面pHに対するマヌカハニードレッシングの影響。 Int Wound.J 200; 5(2):185-194。

Grey、M.およびWeir、D.皮膚周囲の水分に関連する皮膚損傷(浸軟)の予防および治療。 J創傷.Ostomy.Continence.Nurs。 200; 34(2):153-157。

Gunduz、A.、Turedi、S.、Uzun、H.、およびTopbas、M。マッドハニー中毒。 Am J Emerg.Med 200; 24(5):595-598。

高吸水性ドレッシングおよび静脈潰瘍用抗菌剤を使用する。 Br J Nurs。 8-11-201; 20(15):S38、S40~S38、S43。

Heering、W.、Usleber、E.、Dietrich、R.、およびMartlbauer、E.商業的な蜂蜜中の抗菌薬残留物の免疫化学的スクリーニング。 Analyst 199; 123(12):2759-2762。

Heppermann、B.証拠に基づく救急医療に向けて:マンチェスター王立保健室からの最高のBET。ベット3.上気道感染症の小児における咳の症状緩和のためのハニー。 Emerg.Med J 200; 26(7):522-523。

日高、岡本、Y.、石山、K.、および橋本、K.経口リン酸カルシウム沈殿物の形成の阻害:特定のミツバナ製品の考えられる効果。 J Periodontal Res 200; 43(4):450-458。

フランスのグルノーブルにおけるA型乳児ボツリヌス中毒症の2件の症例が報告されている:乳幼児用の蜂蜜はありません。 Eur.J Pediatr。 201; 171(3):589-591。

Ischayek、J.I。およびKern、M.グルコースおよびフルクトース含有量を変化させる米国の蜂蜜は、同様の血糖指数を引き出す。 J Am Diet.Assoc。 200; 106(8):1260-1262。

Jaganathan、S.K.およびMandal、M.ハチミツおよびそのポリフェノールの抗増殖効果:総説。 J Biomed.Biotechnol。 200; 2009:830616。

狂犬病の狂犬病とそれ以降の疫学的研究では、 Cardiovasc.Toxicol。 201; 12(3):208-215。

、Johnson、DW、Clark、C.、Isbel、NM、Hawley、CM、Beller、E.、Cass、A.、Zoysa J.、McTaggart、S.、Playford、G.、Rosser、B.、Thompson、ハニーポット研究プロトコール:腹膜透析患者におけるカテーテル関連感染症の予防のためのメディニーン抗菌創傷ゲルの出口部位適用のランダム化比較試験。 Perit.Dial.Int 200; 29(3):303-309。

Jull、A.B.、Rodgers、A.、およびWalker、N.Honeyを創傷局所治療薬として使用している。 Cochrane.Database.Syst.Rev。 200; (4):CD005083。

カジワラ、S.、ガンジー、H.、およびUstunol、Z.ヒト腸ビフィズス菌spp。による成長および酸生成に対する蜂蜜の影響:市販のオリゴ糖およびイヌリンとのin vitro比較。 J.Food Prot。 200; 65(1):214-218を参照のこと。

Kaufmann、A。およびKaenzig、A.除草剤アズラムおよびその抗菌活性代謝物スルファニルアミドによる蜂蜜の汚染。 Food Addit.Contam 200; 21(6):564-571。

壊死性悪性乳房潰瘍のためのKeast-Butler、J.Honey。ランセット10-11-198; 2(8198):809。

Kempf、M.、Reinhard、A.、Beuerle、T。蜂蜜中のピロリジジンアルカロイド(PA)および食物および動物飼料中のPAレベルの花粉法規制。 Mol.Nutr Food Res 201; 54(1):158-168。

Khalil、M.I。とSulaiman、S.A。ハチミツとそのポリフェノールが心臓病を予防する潜在的役割:レビュー。 Afr.J Traditplement Altern Med 201; 7(4):315-321。

Knipping、S.、Grunewald、B.、およびHirt、R. [頭頸部領域における創傷治癒障害の治療における医療用ハニー]。 HNO 201; 60(9):830-836。

Klebsiella pneumoniae B5055の局所治療は、天然産物を用いたマウスの火傷創感染を誘発した。 J Infect.Dev Ctries。 201; 4(6):367-377。

Ladad、S.D.、Haritos、D.N.、およびRaptis、S.A.Honeyは、不完全なフルクトース吸収のために正常な被験者に緩下剤効果を有し得る。 Am.J.Clin.Nutr。 199; 62(6):1212-1215。

Langemo、D.K.、Hanson、D.、Anderson、J.、Thompson、P.、およびHunter、S。創傷治癒のためのハチミツの使用。 Adv.Skin Wound.Care 200; 22(3):113-118。

蜂蜜対蔗糖の食欲、食欲調節ホルモン、および食事後の熱発生の効果。ラーソン・マイヤー、D.E.、ウィリス、K.S。 J Am Coll Nutr 201; 29(5):482-493。

Lay-flurrie、K.創傷ケアの蜂蜜:効果、臨床応用、患者の利益。 Br J Nurs。 200; 17(11):S30、S32-S30、S36。

Lee、D. S.、Sinno、S.、およびKhachemoune、A。蜂蜜および創傷治癒:概要。 Am J Clin Dermatol 6-1-201; 12(3):181-190。

Lee、G.、Anand、S.C。、およびRajendran、S.創傷管理におけるバイオポリマー潜在的脱臭剤であるか? J傷口。ケア200; 18(7):290,292-290,295。

ケーススタディ:未知の病因の感染した創傷を治療する。 Br Jコミュニティ看護師。 201; Suppl:S25-S29。

Lotfy、M.、Badra、G.、Burham、W.、およびAlenzi、F. Q.糖尿病患者の深部に感染した創傷を治癒するための蜂蜜、蜂蜜プロポリスおよびミルラの併用。 Br J Biomed.Sci 200; 63(4):171-173。

Lund-Nielsen、B.、Adamsen、L.、Gottrup、F.、Rorth、M.、Tolver、A.、and Kolmos、HJ悪性創傷における質的細菌学 – 前向き無作為化臨床試験で、蜂蜜と銀の包帯。 Ostomy.Wound.Manage。 201; 57(7):28-36。

Lusby、P.E。、Coombes、A.、およびWilkinson、J.M.Honey:創傷治癒のための強力な薬剤? J.Wound.Ostomy.Continence.Nurs。 200; 29(6):295-300。

Maganha e Melo、CR and Peracoli、J.C。空腹時および摂取カロリー補充(蜂蜜)における摂食中の女性のエネルギー消費量の測定。 Rev.Lat.Am Enfermagem。 200; 15(4):612-617。

Majtan、J. and Majtan、V.マヌカハニーは創傷ケアのための最良のタイプの蜂蜜ですか? J Hosp.Infect。 201; 74(3):305-306。

Mansour、A.M。蜂蜜で処理した上皮浮腫。 Clin.Experiment.Ophthalmol。 200; 30(2):149-150。

Marshall C、女王J&Manjooran J. Honey、足の手術後のポビドンヨード。 Wound UK Journal 200; 1:10-18。

Mashhood、AA Khan TAサミアン。蜂蜜は、表面および部分的な厚さの火傷の治療において、1%のスルファジアジン銀クリームと比較した。パキスタン皮膚科医協会のジャーナル200; 16(1):14-19。

McInerney、R.J.Honey-再発見された治療法。 J.R.Soc.Med。 199; 83(2):127。

覚醒剤AR、Tahir SM Khushk IA Ali Memon G.熱傷傷害の管理における蜂蜜と銀スルファジアジンの治療効果。 Liaquat大学医学と健康科学のジャーナル200; 4(3):100-104。

蜂蜜からのボツリヌス菌の単離。 J.Clin.Microbiol。 197; 9(2):282-283。

Mirkin、G.生の蜂蜜の副作用。 JAMA 11-20-199; 266(19):2766。

ハチミツの臨床的および費用効果は、蜂の蜂蜜の臨床効果とコスト効率に大きく影響します。糖尿病性足潰瘍の治療におけるドレッシング。糖尿病クリスクリニック201; 89(3):276-281。

Molan、P.C。およびBetts、J.A。創傷被覆材としての蜂蜜の臨床使用:更新。 J.Wound.Care 200; 13(9):353-356。

Molan、P.C。創傷および潰瘍の管理における蜂蜜の再導入 – 理論および実践。 Ostomy.Wound.Manage。 200; 48(11):28-40。

Molan、P. C.口腔の健康を促進する蜂蜜の可能性。 Gen.Dent。 200; 49(6):584-589。

Molan、P.C。傷の管理における蜂蜜の役割。 J.Wound.Care 199; 8(8):415-418を参照のこと。

Mphande、A.N.、Killowe、C.、Phalira、S.、Jones、H.W.、およびHarrison、W.J.Honeyおよび糖衣錠の創傷治癒への影響。 J傷口。ケア200; 16(7):317-319。

Mulholland、S.およびChang、A. B.非特異的な咳の子供のための蜂蜜およびロゼンジ。 Cochrane.Database.Syst.Rev。 200; (2):CD007523。

菜種ハチミツの消費は、アナロググルコース/フルクトース溶液と比較して、より高い血清フルクトースレベルにつながる。 Eur.J Clin Nutr 201; 65(1):77-80。

バースウッドハニー、蜂蜜に匹敵するグルコースフルクトース溶液、および経口グルコース耐性試験溶液が血清に及ぼす影響(Munstedt、K.、Sheybani、B.、Hauenschild、A.、Bruggmann、D.、Bretzel、RG、インスリン、グルコース、およびC-ペプチドの濃度を測定した。 Jメッドフード200; 11(3):424-428。

Mutalik、S.コメント:ハンセン病の潰瘍治療のための蜂蜜と砂糖の使用。 Lepr.Rev。 199; 62(2):228。

Mutjaba Quadri KH。中央静脈カテーテル出口部位ケアのためのマヌカハニー。 SeminDial 199; 12(5):397-398。

Nagra ZM、Fayyaz GQ Asim M.ハニードレッシング;外科の部での経験とアライド病院ファイサラバードを燃やす。 Prof Med J 200; 9(3):246-251。

Ndayisaba、G.、Bazira、L.、Habonimana、E.、およびMuteganya、D. [蜂蜜で治療した創傷の臨床的および細菌学的転帰。一連の40例の分析]。 Rev.Chir Orthop.Reparatrice Appar.Mot。 199; 79(2):111-113。

ナイジェリアのラゴスで分離された細菌性薬剤を引き起こす下痢に対するハチミツの抗菌効果。オリーブ油、オージ、C.L.、Ugoji、E.O.、Edun、S.A.、Lawal、S.F。 Afr.J.Med.Med.Sci。 199; 23(3):257-260。

Onat、F.、Yegen、B.C.、Lawrence、R.、Oktay、A.およびOktay、S.ラットのミツバチにおけるグレーアノトキシンの作用部位。 J.Appl.Toxicol。 199; 11(3):199-201。

(Citrus sinensis Osbeck)のエタノール代謝に及ぼす影響。 S.Afr.Med.J. 200; 94(12):984-986。

Oryan、A.およびZaker、S.R.ウサギの皮膚創傷治癒における蜂蜜の局所適用の効果。 Zentralbl.Veterinarmed.A 199; 45(3):181-188。

健常な閉経後女性のタラン蜂蜜(アグロマス)補給16週間後の即時記憶の改善。閉経。 201; 18(11):1219-1224。

Ozer、S.およびTunc、E.S。プラークpHに対する一般的な幼児食品の効果。口腔健康Prev Dent 201; 10(2):123-128。

Palmer-Jones、T.海外の有毒蜂蜜、ニュージーランド。 N.Z.Med.J. 196; 64(399):631-637。

Patel、B.およびCox-Hayley、D.創傷匂いの管理#218。 J Palliat.Med 201; 13(10):1286-1287。

Patil、A.R.およびKeswani、M.H.ボイルドポテトピールの包帯。 Burns Incl.Therm.Inj。 198; 11(6):444-445。

Paul、I.M.子供の上気道感染による急性咳の治療選択肢。肺201; 190(1):41-44。

Phuapradit、W.およびSaropala、N.腹部創傷破壊の治療における蜂蜜の局所適用。 Aust.N.Z.Obstet.Gynaecol。 199; 32(4):381-384。

Pieper、B.ハニーベースのドレッシングと創傷ケア:米国でのケアの選択肢。 J創傷.Ostomy.Continence.Nurs。 200; 36(1):60-66。

ポスメス、T.、ファン・デ・ボガード、A.E.、およびヘイズン、M.ハニーの創傷、潰瘍および皮膚移植片の保存に関する。ランセット3-20-199; 341(8847):756-757。

クアドリ、KHM。中央静脈カテーテル部位出口ケアのためのマヌカハニー。透析におけるセミナー199; 12:397-398。

Ramirez、M.、Rivera、E.、Ereu、C。蜂蜜摂取後のアトロピン中毒の15例。 Vet.Hum.Toxicol。 199; 41(1):19-20。

蜂蜜誘発ケラチノサイト創傷治癒における上皮間葉移行形質:異なる蜂間の比較。創傷。リペアリジェン。 201; 20(5):778-785。

Ratcliffe、N.A.、Mello、C.B.、Garcia、E.S.、Butt、T.M.およびAzambuja、P.昆虫天然物およびプロセス:ヒト疾患のための新しい治療法。 Insect Biochem.Mol.Biol。 201; 41(10):747-769を参照のこと。

Lindbad、AS、Brandt、D.、Baum、H.、Lilienfeld、D.、Kosek、S.、Lundy、D.、Dikeman、J。 K., Kazandjian, M., Gramigna, GD, McGarvey-Toler, S., and Miller Gardner, PJ Comparison of 2 interventions for liquid aspiration on pneumonia incidence: a randomized trial. Ann.Intern.Med 4-1-200; 148(7):509-518.

Robson, V., Dodd, S., and Thomas, S. Standardized antibacterial honey (Medihoney) with standard therapy in wound care: randomized clinical trial. J Adv.Nurs。 200; 65(3):565-575.

Rossiter, K., Cooper, A. J., Voegeli, D., and Lwaleed, B. A. Honey promotes angiogeneic activity in the rat aortic ring assay. J Wound.Care 201; 19(10):440, 442-440, 446.

Rudzka-Nowak, A., Luczywek, P., Gajos, M. J., and Piechota, M. Application of manuka honey and GENADYNE A4 negative pressure wound therapy system in a 55-year-old woman with extensive phlegmonous and necrotic lesions in the abdominal integuments and lumbar region after traumatic rupture of the colon. Med Sci Monit。 201; 16(11):CS138-CS142.

Sahin Kavakli, H. and Altintas, N. D. A rare cause of severe bradycardia and hypotension: mad honey poisining. Acta Clin Belg. 201; 66(2):152.

Samanta, A., Burden, A. C., and Jones, G. R. Plasma glucose responses to glucose, sucrose, and honey in patients with diabetes mellitus: an analysis of glycaemic and peak incremental indices. Diabet.Med。 198; 2(5):371-373.

Sant’Ana, L. D., Sousa, J. P., Salgueiro, F. B., Lorenzon, M. C., and Castro, R. N. Characterization of monofloral honeys with multivariate analysis of their chemical profile and antioxidant activity. J Food Sci 201; 77(1):C135-C140.

Sare, J. L. Leg ulcer management with topical medical honey. Br J Community Nurs. 200; 13(9):S22, S24, S26.

Sato, T. and Miyata, G. The nutraceutical benefit, part iii: honey.栄養200; 16(6):468-469.

Schumacher, H. H. Use of medical honey in patients with chronic venous leg ulcers after split-skin grafting. J.Wound.Care 200; 13(10):451-452.

Sela, M. O., Shapira, L., Grizim, I., Lewinstein, I., Steinberg, D., Gedalia, I., and Grobler, S. R. Effects of honey consumption on enamel microhardness in normal versus xerostomic patients. J.Oral Rehabil. 199; 25(8):630-634.

Sela, M., Maroz, D., and Gedalia, I. Streptococcus mutans in saliva of normal subjects and neck and head irradiated cancer subjects after consumption of honey. J.Oral Rehabil. 200; 27(3):269-270.

Shaaban, S. Y., Nassar, M. F., Ezz El-Arab, S., and Henein, H. H. Effect of honey supplementation on the phagocytic function during nutritional rehabilitation of protein energy malnutrition patients. J Trop.Pediatr. 201; 58(2):159-160.

Sharp, A. Beneficial effects of honey dressings in wound management. Nurs.Stand。 10-21-200; 24(7):66-8, 70, 72.

SILNESS, J. and Loee.H. Periodontal disease in pregnancy.II. Correlation between oral hygeine and periodontal condition. Acta Odontol.Scand。 196; 22:121-135.

Smith, J. K., Burns, S., Cunningham, S., Freeman, J., McLellan, A., and McWilliam, K. The hazards of honey: infantile botulism. BMJ Case.Rep 201; 2010

Somerfield, S. D. Honey and healing. J.R.Soc.Med。 199; 84(3):179.

Staunton, C. J., Halliday, L. C., and Garcia, K. D. The use of honey as a topical dressing to treat a large, devitalized wound in a stumptail macaque (Macaca arctoides). Contemp.Top Lab Anim Sci. 200; 44(4):43-45.

Steinberg, D., Kaine, G., and Gedalia, I. Antibacterial effect of propolis and honey on oral bacteria. Am.J.Dent. 199; 9(6):236-239.

Subrahmanyam N. Addition of antioxidants and polyethylene glycol 4000 enhances the healing property of honey in burns. Ann Burns Fire Disasters 199; 9(2):93-95.

Subrahmanyam, M Sahapure AG Nagane NS et al. Effects of topical application of honey on burn wound healing. Ann Burns Fire Disasters 200; XIV(3)

Subrahmanyam, M. Honey as a surgical dressing for burns and ulcers. Indian Journal of Surgery 199; 55(9):468-473.

Sutlupinar, N., Mat, A., and Satganoglu, Y. Poisoning by toxic honey in Turkey. Arch.Toxicol。 199; 67(2):148-150.

Swellam, T., Miyanaga, N., Onozawa, M., Hattori, K., Kawai, K., Shimazui, T., and Akaza, H. Antineoplastic activity of honey in an experimental bladder cancer implantation model: in vivo and in vitro studies. Int.J.Urol. 200; 10(4):213-219.

Tanzi, M. G. and Gabay, M. P. Association between honey consumption and infant botulism.薬物療法200; 22(11):1479-1483.

Tartibian, B. and Maleki, B. H. The effects of honey supplementation on seminal plasma cytokines, oxidative stress biomarkers, and antioxidants during 8 weeks of intensive cycling training. J Androl 201; 33(3):449-461.

Tavernelli, K., Reif, S., and Larsen, T. Managing venous leg ulcers in the home. Ostomy.Wound.Manage. 2-1-201; 56(2):10-12.

Tonks, A. J., Cooper, R. A., Jones, K. P., Blair, S., Parton, J., and Tonks, A. Honey stimulates inflammatory cytokine production from monocytes. Cytokine 3-7-200; 21(5):242-247.

Tonks, A., Cooper, R. A., Price, A. J., Molan, P. C., and Jones, K. P. Stimulation of TNF-alpha release in monocytes by honey. Cytokine 5-21-200; 14(4):240-242.

Vahdani, P., Abbasi, F., Mojarad, M. R., Velayati, A. A., Boloorsaz, M. R., Musavipour, F., and Vahdani, G. A six month-old girl with botulism due to honey ingestion. Indian J Pathol.Microbiol。 200; 52(4):592.

van den Berg, A. J., van den Worm, E., van Ufford, H. C., Halkes, S. B., Hoekstra, M. J., and Beukelman, C. J. An in vitro examination of the antioxidant and anti-inflammatory properties of buckwheat honey. J Wound.Care 200; 17(4):172-178.

van der Vorst, M. M., Jamal, W., Rotimi, V. O., and Moosa, A. Infant botulism due to consumption of contaminated commercially prepared honey. First report from the Arabian Gulf States. Med Princ.Pract. 200; 15(6):456-458.

Van der Weyden, E. A. The use of honey for the treatment of two patients with pressure ulcers. Br.Jmunity Nurs. 200; 8(12):S14-S20.

Vandeputte J & Van Waeyenberge PH. Clinical evaluation of L-Mesitran(R), a honey based wound ointment. European Wound Management Association Journal 200; 3:8-11.

Vardi, A., Barzilay, Z., Linder, N., Cohen, H. A., Paret, G., and Barzilai, A. Local application of honey for treatment of neonatal postoperative wound infection. Acta Paediatr。 199; 87(4):429-432.

Visavadia, B. G., Honeysett, J., and Danford, M. H. Manuka honey dressing: An effective treatment for chronic wound infections. Br J Oral Maxillofac.Surg. 200; 46(1):55-56.

Vitetta, L. and Sali, A. Treatments for damaged skin. Aust.Fam.Physician 200; 35(7):501-502.

von Malottki, K. and Wiechmann, H. W. [Acute life-threatening bradycardia: food poisoning by Turkish wild honey]. Dtsch.Med.Wochenschr. 7-26-199; 121(30):936-938.

Wagner, J. B. and Pine, H. S. Chronic cough in children. Pediatr.Clin North Am 201; 60(4):951-967.

Weheida SM, Nagubib HH El-Banna HM Marzouk S. Comparing the effects of two dressing techniques\ on healing of low grade pressure ulcers. Journal of the Medical Research Institute 199; 12(2):259-278.

Werner, A. and Laccourreye, O. Honey in otorhinolaryngology: when, why and how? Eur.Ann.Otorhinolaryngol.Head Neck Dis 201; 128(3):133-137.

White, R. J., Cutting, K., and Kingsley, A. Topical antimicrobials in the control of wound bioburden. Ostomy.Wound.Manage. 200; 52(8):26-58.

Widgerow, A. D. Nanocrystalline silver, gelatinases and the clinical implications. Burns 201; 36(7):965-974.

Wood, B., Rademaker, M., and Molan, P. Manuka honey, a low cost leg ulcer dressing. N.Z.Med.J. 3-28-199; 110(1040):107.

Yarlioglues, M., Akpek, M., Ardic, I., Elcik, D., Sahin, O., and Kaya, M. G. Mad-honey sexual activity and acute inferior myocardial infarctions in a married couple. Tex.Heart Inst.J 201; 38(5):577-580.

Zeina, B., Zohra, B. I., and al assad, S. The effects of honey on Leishmania parasites: an in vitro study. Trop.Doct. 199; 27 Suppl 1:36-38.

Zidan, J., Shetver, L., Gershuny, A., Abzah, A., Tamam, S., Stein, M., and Friedman, E. Prevention of chemotherapy-induced neutropenia by special honey intake. Med Oncol 200; 23(4):549-552.

Abdelhafiz, A. T. and Muhamad, J. A. Midcycle pericoital intravaginal bee honey and royal jelly for male factor infertility. Int J Gynaecol Obstet 200; 101(2):146-149.

Abdulrhman M., El Barbary N. S., Ahmed Amin D., and Saeid Ebrahim R. Honey and a mixture of honey, beeswax, and olive oil-propolis extract in treatment of chemotherapy-induced oral mucositis: a randomized controlled pilot study. Pediatr Hematol Oncol 201; 29(3):285-292.

Abdulrhman, M. A., Mekawy, M. A., Awadalla, M. M., and Mohamed, A. H. Bee honey added to the oral rehydration solution in treatment of gastroenteritis in infants and children. Jメッドフード201; 13(3):605-609.

Abdulrhman, M. A., Nassar, M. F., Mostafa, H. W., El-Khayat, Z. A., and Abu El Naga, M. W. Effect of honey on 50% complement hemolytic activity in infants with protein energy malnutrition: a randomized controlled pilot study. Jメッドフード201; 14(5):551-555.

Abdulrhman, M. M., El-Hefnawy, M. H., Aly, R. H., Shatla, R. H., Mamdouh, R. M., Mahmoud, D. M., and Mohamed, W. S. Metabolic effects of honey in type 1 diabetes mellitus: a randomized crossover pilot study. Jメッドフード201; 16(1):66-72.

Abdulrhman, M., El-Hefnawy, M., Hussein, R., and El-Goud, A. A. The glycemic and peak incremental indices of honey, sucrose and glucose in patients with type 1 diabetes mellitus: effects on C-peptide level-a pilot study. Acta Diabetol 201; 48(2):89-94.

Akinci, S., Arslan, U., Karakurt, K., and Cengel, A. An unusual presentation of mad honey poisoning: acute myocardial infarction. Int J Cardiol 200; 129(2):e56-e58.

Al-Waili, N. S. Natural honey lowers plasma glucose, C-reactive protein, homocysteine, and blood lipids in healthy, diabetic, and hyperlipidemic subjects: comparison with dextrose and sucrose. Jメッドフード200; 7(1):100-107.

Al-Waili, N. S. Topical honey application vs. acyclovir for the treatment of recurrent herpes simplex lesions. Med Sci Monit 200; 10(8):MT94-MT98.

Al-Waili、N. S.、Saloom、K. S.、Al-Waili、T.N.およびAl-Waili、A.N.痔核および肛門裂の管理のための蜂蜜、オリーブ油および蜜蝋の混合物の安全性および有効性:パイロット研究。 ScientificWorldJournal 200; 6:1998-2005.

Alcaraz A, Kelly J. Treatment of an infected venous leg ulcer with honey dressings. Br J Nurs 200; 11:859-60, 862, 864-6.

Aliyev, F., Türkoglu, C., and Celiker, C. Nodal rhythm and ventricular parasystole: an unusual electrocardiographic presentation of mad honey poisoning. Clin Cardiol 200; 32(11):E52-E54.

Bahrami, M., Ataie-Jafari, A., Hosseini, S., Foruzanfar, M. H., Rahmani, M., and Pajouhi, M. Effects of natural honey consumption in diabetic patients: an 8-week randomized clinical trial. Int J Food Sci Nutr 200; 60(7):618-626.

Bardy, J., Molassiotis, A., Ryder, W. D., Mais, K., Sykes, A., Yap, B., Lee, L., Kaczmarski, E., and Slevin, N. A double-blind, placebo-controlled, randomised trial of active manuka honey and standard oral care for radiation-induced oral mucositis. Br J Oral Maxillofac Surg 201; 50(3):221-226.

Bayram, N. A., Keles, T., Durmaz, T., Dogan, S., and Bozkurt, E. A rare cause of atrial fibrillation: mad honey intoxication. J Emerg Med 201; 43(6):e389-e391.

Biswal BM, Zakaria A, Ahmad NM. Topical application of honey in the management of radiation mucositis.予備的な研究。 Support Care Cancer 200; 11:242-8.

Bose B. Honey or sugar in treatment of infected wounds?ランセット198; 1:963.

Cakar, M. A., Can, Y., Vatan, M. B., Demirtas, S., Gunduz, H., and Akdemir, R. Atrial fibrillation induced by mad honey intoxication in a patient with Wolf-Parkinson-White syndrome. Clin Toxicol (Phila) 201; 49(5):438-439.

疾病管理センター。 Botulism in the Unites Sates, 1899-1996. Handbook for epidemiologists, clinicians, and laboratory workers, 1998. Available online: http://www.cdc.gov/ncidod/dbmd/diseaseinfo/botulism.PDF.

Cernak, M., Majtanova, N., Cernak, A., and Majtan, J. Honey prophylaxis reduces the risk of endophthalmitis during perioperative period of eye surgery. Phytother Res 201; 26(4):613-616.

Choo, Y. K., Kang, H. Y., and Lim, S. H. Cardiac problems in mad-honey intoxication. Circ J 200; 72(7):1210-1211.

Cohen, H. A., Rozen, J., Kristal, H., Laks, Y., Berkovitch, M., Uziel, Y., Kozer, E., Pomeranz, A., and Efrat, H. Effect of honey on nocturnal cough and sleep quality: a double-blind, randomized, placebo-controlled study. Pediatrics 201; 130(3):465-471.

Cooper RA, Molan PC, Harding KG. Antibacterial activity of honey against strains of Staphylococcus aureus from infected wounds. J R Soc Med 199; 92:283-5.

Cooper RA, Molan PC, Krishnamoorthy L, Harding KG. Manuka honey used to heal a recalcitrant surgical wound. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 200; 20:758-9.

Dubey, L., Maskey, A., and Regmi, S. Bradycardia and severe hypotension caused by wild honey poisoning. Hellenic J Cardiol 200; 50(5):426-428.

Dursunoglu, D., Gur, S., and Semiz, E. A case with complete atrioventricular block related to mad honey intoxication. Ann Emerg Med 200; 50(4):484-485.

Eccles R. Mechanisms of the placebo effect of sweet cough syrups. Respir Physiol Neurobiol 200; 152:340-8.

Eddy JJ, Gideonsen MD. Topical honey for diabetic foot ulcers. J Fam Pract 200; 54:533-5.

Efem SE. Clinical observations on the wound healing properties of honey. Br J Surg 198; 75:679-81.

Efem, S. E. Recent advances in the management of Fournier’s gangrene: preliminary observations.手術199; 113(2):200-204.

Emsen, I. M. A different and safe method of split thickness skin graft fixation: medical honey application.バーンズ200; 33(6):782-787.

English, H. K., Pack, A. R., and Molan, P. C. The effects of manuka honey on plaque and gingivitis: a pilot study. J Int Acad Periodontol 200; 6(2):63-67.

Fenicia, L., Ferrini, A. M., Aureli, P., and Pocecco, M. A case of infant botulism associated with honey feeding in Italy. Eur J Epidemiol 199; 9(6):671-673.

Fetzner, L., Burhenne, J., Weiss, J., Völker, M., Unger, M., Mikus, G., and Haefeli, W. E. Daily honey consumption does not change CYP3A activity in humans. J Clin Pharmacol 201; 51(8):1223-1232.

食品医薬品局。 510(k) Summary for Derma Sciences Medihoney Primary Dressing with Active Manuka Honey. October 18, 2007. www.fda.gov/cdrh/pdf7/K072956.pdf (Accessed 23 June 2008).

George NM, Cutting KF. Antibacterial honey (Medihoney): in-vitro activity against clinical isolates of MRSA, VRE, and other multiresistant Gram-negative organsisms including Pseudomonas aeruginosa. Wounds 200; 19:231-6.

Gethin G, Cowman S. Case series of use of Manuka honey in leg ulceration. Int Wound J 200; 2:10-15.

Gethin, G. and Cowman, S. Bacteriological changes in sloughy venous leg ulcers treated with manuka honey or hydrogel: an RCT. J Wound Care 200; 17(6):241-4, 246-7.

Gethin, G. and Cowman, S. Manuka honey vs. hydrogel–a prospective, open label, multicentre, randomised controlled trial to compare desloughing efficacy and healing outcomes in venous ulcers. J Clin Nurs 200; 18(3):466-474.

Gheldof N、Wang XH、Engeseth NJ。ソバの蜂蜜はヒトの血清抗酸化能を高めます。 J Agric Food Chem 200; 51:1500-5。

Gheldof N、Wang XH、Engeseth NJ。 Identification and quantification of antioxidant components of honeys from various floral sources. J Agric Food Chem 200; 50:5870-7.

Gossinger, H., Hruby, K., Haubenstock, A., Pohl, A., and Davogg, S. Cardiac arrhythmias in a patient with grayanotoxin-honey poisoning. Vet Hum Toxicol 198; 25(5):328-329.

Gössinger, H., Hruby, K., Pohl, A., Davogg, S., Sutterlütti, G., and Mathis, G. [Poisoning with andromedotoxin-containing honey]. Dtsch Med Wochenschr 198; 108(41):1555-1558.

Gunduz, A., Durmus, I., Turedi, S., Nuhoglu, I., and Ozturk, S. Mad honey poisoning-related asystole. Emerg Med J 200; 24(8):592-593.

Gunduz, A., MeriçÃ, E. S., Baydin, A., Topbas, M., Uzun, H., Türedi, S., and Kalkan, A. Does mad honey poisoning require hospital admission? Am J Emerg Med 200; 27(4):424-427.

Gunduz, A., Turedi, S., Russell, R. M., and Ayaz, F. A. Clinical review of grayanotoxin/mad honey poisoning past and present. Clin Toxicol(Phila)200; 46(5):437-442.

Haffejee, I. E. and Moosa, A. Honey in the treatment of infantile gastroenteritis. Br Med J(Clin Res Ed)198; 290(6485):1866-1867.

Hamzaoglu I, Saribeyoglu K, Durak H, et al. Protective covering of surgical wounds with honey impedes tumor implantation. Arch Surg 200; 135:1414-7.

Hejase, M. J., Simonin, J. E., Bihrle, R., and Coogan, C. L. Genital Fournier’s gangrene: experience with 38 patients. Urology 199; 47(5):734-739.

Henriques A, Jackson S, Cooper R, Burton N. Free radical production and quenching in honeys with wound healing potential. J Antimicrob Chemother 200; 58:773-7.

Ingle R, Levin J, Polinder K. Wound healing with honey – a randomised controlled trial. S Afr Med J 200; 96:831-5.

Johnson DW, van Eps C, Mudge DW, et al. Randomized, controlled trial of topical exit-site application of honey (Medihoney) versus mupirocin for the prevention of catheter-associated infections in hemodialysis patients. J Am Soc Nephrol 200; 16:1456-62.

Jull, A. B., Walker, N., and Deshpande, S. Honey as a topical treatment for wounds. Cochrane Database Syst Rev 201; 2:CD005083.

Jull, A., Walker, N., Parag, V., Molan, P., and Rodgers, A. Randomized clinical trial of honey-impregnated dressings for venous leg ulcers. Br J Surg 200; 95(2):175-182.

Jung, A. and Ottosson, J. [Infantile botulism caused by honey]. Ugeskr Laeger 200; 163(2):169.

Karpelowsky J, Allsopp M. Wound healing with honey – a randomized controlled trial (letter). S Afr Med J 200; 97:314.

Kas’ianenko, V. I., Komisarenko, I. A., and Dubtsova, E. A. [Correction of atherogenic dyslipidemia with honey, pollen and bee bread in patients with different body mass]. Ter Arkh 201; 83(8):58-62.

Khanal, B., Baliga, M., and Uppal, N. Effect of topical honey on limitation of radiation-induced oral mucositis: an intervention study. Int J Oral Maxillofac Surg 201; 39(12):1181-1185.

Koca, I. and Koca, A. F. Poisoning by mad honey: a brief review. Food Chem Toxicol 200; 45(8):1315-1318.

Kwakman PHS, Van den Akker JPC, Guclu A, et al. Medical-grade honey kills antibiotic-resistant bacteria in vitro and eradicates skin colonization. Clin Infect Dis 200; 46:1677-82.

Lancaster S, Krieder RB, Rasmussen C, et al. Effects of honey on glucose, insulin and endurance cycling performance. Abstract presented 4/4/01 at Experimental Biology 2001, Orlando, FL.

Lennerz, C., Jilek, C., Semmler, V., Deisenhofer, I., and Kolb, C. Sinus arrest from mad honey disease. Ann Intern Med 201; 157(10):755-756.

Lund-Nielsen, B., Adamsen, L., Kolmos, H. J., Rørth, M., Tolver, A., and Gottrup, F. The effect of honey-coated bandages compared with silver-coated bandages on treatment of malignant wounds-a randomized study. Wound Repair Regen 201; 19(6):664-670.

Maiti, P. K., Ray, A., Mitra, T. N., Jana, U., Bhattacharya, J., and Ganguly, S. The effect of honey on mucositis induced by chemoradiation in head and neck cancer. J Indian Med Assoc 201; 110(7):453-456.

Malik, K. I., Malik, M. A., and Aslam, A. Honey compared with silver sulphadiazine in the treatment of superficial partial-thickness burns. Int Wound J 201; 7(5):413-417.

McIntosh, C. D. and Thomson, C. E. Honey dressing versus paraffin tulle gras following toenail surgery. J Wound Care 200; 15(3):133-136.

Misirlioglu A, Eroglu S, Karacaoglan N, et al. Use of honey as an adjunct in the healing of split-thickness skin graft donor site. Dermatol Surg 200; 29:168-72.

Molan PC. Potential of honey in the treatment of wounds and burns. Am J Clin Dermatol 200; 2:13-9.

Molan PC. The evidence supporting the use of honey as a wound dressing. Int J Lower Extrem Wounds 200; 5:40-54.

Moolenaar, M., Poorter, R. L., van der Toorn, P. P., Lenderink, A. W., Poortmans, P., and Egberts, A. C. The effect of honey compared to conventional treatment on healing of radiotherapy-induced skin toxicity in breast cancer patients. Acta Oncol 200; 45(5):623-624.

Moore OA, Smith LA, Campbell F, et al. Systematic review of the use of honey as a wound dressing. BMC補完代替メド200; 1:2.

Motallebnejad, M., Akram, S., Moghadamnia, A., Moulana, Z., and Omidi, S. The effect of topical application of pure honey on radiation-induced mucositis: a randomized clinical trial. J Contemp Dent Pract 200; 9(3):40-47.

Mujtaba Quadri KH, Huraib SO. Manuka honey for central vein catheter exit site care. Semin Dial 199; 12:397-8.

Münstedt, K., Hoffmann, S., Hauenschild, A., Bülte, M., von Georgi R., and Hackethal, A. Effect of honey on serum cholesterol and lipid values. Jメッドフード200; 12(3):624-628.

Murch SJ、Simmons CB、Saxena PK。フィーバーフューと他の薬用植物のメラトニン。ランセット199; 350:1598-9。

Natarajan S, Williamson D, Grey J, et al. Healing of an MRSA-colonized, hydroxyurea-induced leg ulcer with honey. J Dermatolog Treat 200; 12:33-6.

Nijhuis, W. A., Houwing, R. H., Van der Zwet, W. C., and Jansman, F. G. A randomised trial of honey barrier cream versus zinc oxide ointment. Br J Nurs 201; 21(20):9-3.

Nilforoushzadeh, M. A., Jaffary, F., Moradi, S., Derakhshan, R., and Haftbaradaran, E. Effect of topical honey application along with intralesional injection of glucantime in the treatment of cutaneous leishmaniasis. BMC補完代替メド200; 7:13.

Oduwole, O., Meremikwu, M. M., Oyo-Ita, A., and Udoh, E. E. Honey for acute cough in children. Cochrane Database Syst Rev 201; 3:CD007094.

Oguzturk, H., Ciftci, O., Turtay, M. G., and Yumrutepe, S. Complete atrioventricular block caused by mad honey intoxication. Eur Rev Med Pharmacol Sci 201; 16(12):1748-1750.

Okeniyi JA, Olubanjo OO, Ogunlesi TA, Oyelami OA. Comparison of healing of incised abscess wounds with honey and EUSOL dressing. J Altern Complement Med 200; 11:511-3.

Olaitan PB, Adeleke OE, Ola IO. Honey: a reservoir for microorganisms and an inhibitory agent for microbes. Afr Health Sci 200; 7:159-65.

Oluwatosin, O. M., Olabanji, J. K., Oluwatosin, O. A., Tijani, L. A., and Onyechi, H. U. A comparison of topical honey and phenytoin in the treatment of chronic leg ulcers. Afr J Med Med Sci 200; 29(1):31-34.

Onat, F. Y., Yegen, B. C., Lawrence, R., Oktay, A., and Oktay, S. Mad honey poisoning in man and rat. Rev Environ Health 199; 9(1):3-9.

Osato MS, Reddy SG, Graham DY. Osmotic effect of honey on growth and viability of Helicobacter pylori. Dig Dis Sci 199; 44:462-4.

Ozhan H, Akdemir R, Yazici M, et al. Cardiac emergencies caused by honey ingestion: a single centre experience. Emerg Med J 200; 21:742-4.

Ozlugedik, S., Genc, S., Unal, A., Elhan, A. H., Tezer, M., and Titiz, A. Can postoperative pains following tonsillectomy be relieved by honey? A prospective, randomized, placebo controlled preliminary study. Int J Pediatr Otorhinolaryngol 200; 70(11):1929-1934.

Paul IM, Beiler J, McMonagle A, et al. Effect of honey, dextromethorphan, and no treatment on nocturnal cough and sleep quality for coughing children and their parents. Arch Pediatr Adolesc Med 200; 161:1140-6.

Postmes T, van den Bogaard AE, Hazen M. Honey for wounds, ulcers, and skin graft preservation.ランセット199; 341:756-7.

Rajan TV, Tennen H, Lindquist RL, et al. Effect of ingestion of honey on symptoms of rhinoconjunctivitis.アンアレルギー喘息イムノロール200; 88:198-203.

Rashad, U. M., Al-Gezawy, S. M., El-Gezawy, E., and Azzaz, A. N. Honey as topical prophylaxis against radiochemotherapy-induced mucositis in head and neck cancer. J Laryngol Otol 200; 123(2):223-228.

Robson, V., Yorke, J., Sen, R. A., Lowe, D., and Rogers, S. N. Randomised controlled feasibility trial on the use of medical grade honey following microvascular free tissue transfer to reduce the incidence of wound infection. Br J Oral Maxillofac Surg 201; 50(4):321-327.

Saritas, A., Kandis, H., Baltaci, D., and Erdem, I. Paroxysmal atrial fibrillation and intermittent left bundle branch block: an unusual electrocardiographic presentation of mad honey poisoning. Clinics (Sao Paulo) 201; 66(9):1651-1653.

Sayin, M. R., Karabag, T., Dogan, S. M., Akpinar, I., and Aydin, M. Transient ST segment elevation and left bundle branch block caused by mad-honey poisoning. Wien Klin Wochenschr 201; 124(7-8):278-281.

Schramm DD、Karim M、Schrader HR、et al。高レベルの抗酸化物質を含むハチミツは、健康な被験者に保護を提供することができる。 J Agric Food Chem 200; 51:1732-5。

Shaaban, S. Y., Abdulrhman, M. A., Nassar, M. F., and Fathy, R. A. Effect of honey on gastric emptying of infants with protein energy malnutrition. Eur J Clin Invest 201; 40(5):383-387.

Shadkam MN, Mozaffari-Khosravi H, Mozayan MR. A comparison of the effect of honey, dextromethorphan, and diphenhydramine on nightly cough and sleep quality in children and their parents. J Altern Complement Med 2010:16:787-93.

Shoma, A., Eldars, W., Noman, N., Saad, M., Elzahaf, E., Abdalla, M., Eldin, D. S., Zayed, D., Shalaby, A., and Malek, H. A. Pentoxifylline and local honey for radiation-induced burn following breast conservative surgery. Curr Clin Pharmacol 201; 5(4):251-256.

Shrestha, P., Vaidya, R., and Sherpa, K. Mad honey poisoning: a rare case report of seven cases. Nepal Med Coll J 200; 11(3):212-213.

Shukrimi, A., Sulaiman, A. R., Halim, A. Y., and Azril, A. A comparative study between honey and povidone iodine as dressing solution for Wagner type II diabetic foot ulcers. Med J Malaysia 200; 63(1):44-46.

Simon A, Sofka K, Wiszniewsky G, et al. Wound care with antibacterial honey (Medihoney) in pediatric hematology-oncology. Support Care Cancer 200; 14:91-7.

Simon A, Traynor K, Santos K, et al. Medical honey for wound care – still the ‘latest resort’?エビッドベース補完Alternat Med 200; 6:165-73.

Song, J. J., Twumasi-Ankrah, P., and Salcido, R. Systematic review and meta-analysis on the use of honey to protect from the effects of radiation-induced oral mucositis. Adv Skin Wound Care 201; 25(1):23-28.

Stephen-Haynes J. Evaluation of a honey-impregnated tulle dressing in primary care. Br J Community Nurs 200; Suppl:S21-7.

Subrahmanyam M, Ugane SP. Honey dressing beneficial in treatment of Fournier’s gangrene. Indian Journal of Surgery 200; 66(2):75-77.

Subrahmanyam M. A prospective randomized, clinical and histological study of superficial burn wound healing with honey and silver sulfadiazine. Burns 199; 24:157-61.

Subrahmanyam M. Honey dressing vs boiled potato peel in the treatment of burns: a prospective randomized study. Burns 199; 22:491-3.

Subrahmanyam M. Honey impregnated gauze versus polyurethane film (OpSite) in the treatment of burns- a prospective randomized study. Br J Plast Surg 199; 46:322-3.

Subrahmanyam M. Honey impregnated gauze vs amniotic membrane in the treatment of burns. Burns 199; 20:331-3.

Subrahmanyam M. Topical application of honey in treatment of burns. Br J Surg 199; 78:497-8.

Subrahmanyam M. Early tangential excision and skin grafting of moderate burns is superior to honey dressing: a prospective randomised trial. Burns 199; 25:729-31.

Sukriti and Garg, S. K. Influence of honey on the pharmacokinetics of phenytoin in rabbits. Ind J Pharmacol 200; 34(147).

Sumerkan, M. C., Agirbasli, M., Altundag, E., and Bulur, S. Mad-honey intoxication confirmed by pollen analysis. Clin Toxicol (Phila) 201; 49(9):872-873.

Tahmaz, L., Erdemir, F., Kibar, Y., Cosar, A., and Yalcýn, O. Fournier’s gangrene: report of thirty-three cases and a review of the literature. Int J Urol 200; 13(7):960-967.

Thamboo, A., Thamboo, A., Philpott, C., Javer, A., and Clark, A. Single-blind study of manuka honey in allergic fungal rhinosinusitis. J Otolaryngol Head Neck Surg 201; 40(3):238-243.

Tonks AJ, Dudley E, Porter NG, et al. A 5.8-kDa component of manuka honey stimulates immune cells via TLR4. J Leukoc Biol 200; 82:1147-55..

Tushar, T., Vinod, T., Rajan, S., Shashindran, C., and Adithan, C. Effect of honey on CYP3A4, CYP2D6 and CYP2C19 enzyme activity in healthy human volunteers. Basic Clin Pharmacol Toxicol 200; 100(4):269-272.

Weiss, T. W., Smetana, P., Nurnberg, M., and Huber, K. The honey man–second degree heart block after honey intoxication. Int J Cardiol 201; 142(1):e6-e7.

Wijesinghe, M., Weatherall, M., Perrin, K., and Beasley, R. Honey in the treatment of burns: a systematic review and meta-analysis of its efficacy. N Z Med J 200; 122(1295):47-60.

Yaghoobi, N., Al-Waili, N., Ghayour-Mobarhan, M., Parizadeh, S. M., Abasalti, Z., Yaghoobi, Z., Yaghoobi, F., Esmaeili, H., Kazemi-Bajestani, S. M., Aghasizadeh, R., Saloom, K. Y., and Ferns, G. A. Natural honey and cardiovascular risk factor; effects on blood glucose, cholesterol, triacylglycerole, CRP, and body weight compared with sucrose. ScientificWorldJournal 200; 8:463-469.

Yapucu Günes U, Eser I. Effectiveness of a honey dressing for healing pressure ulcers. J Wound Ostomy Continence Nurs 200; 34(2):184-190.

Yildirim, N., Aydin, M., Cam, F., and Celik, O. Clinical presentation of non-ST-segment elevation myocardial infarction in the course of intoxication with mad honey. Am J Emerg Med 200; 26(1):108.e-2.

Yorgun, H., Ãœlgen, A., and Aytemir, K. A rare cause of junctional rhythm causing syncop; mad honey intoxication. J Emerg Med 201; 39(5):656-658.

自然薬総合データベースコンシューマバージョン。 Natural Medicines包括的なデータベースプロフェッショナルバージョンを参照してください。 ÂTherapeuticResearch Faculty 2009。

Ex。人参、ビタミンC、うつ病