グレープフルーツ:使用、副作用、相互作用および警告

バイオフラボノイド抽出物、バイオフラボノイド、バイオフラボノイド、バイオフラボノイド、アブラムシ、シトラス、シトラスバイオフラボン、シトラスバイオフラボノイド、シトラスバイオフラボノイド抽出物、シトラスバイオフラボノイド、シトラスデク。シトラスバイオフラボノイド、シトラスバイオフラボノイド、シトラスバイオフラボノイド、シトラスデクマナ、シトラスエキス、シトラスフラボン、シトラスフラボノイド、シトラスバイオフラボノイド、シトラスバイオフラボノイド、シトラスバイオフラボノイド、シトラスバイオフラボノイドエキス、シトラスバイオフラボノイド、シトラスパールエキス、シトラスシードエキス、コールドプレスグレープフルーツオイル、コンプレックスバイオフラボノイド、コンプレックスバイオフラボノイデドパンプモス、コンセントレイトバイオフラボノイデ、CSE、エクスプレッサーグレープフルーツオイル、Extrait d’Agrume、Extrait deBioflavonoïde、シトラスグランディスエキス、シトラスグランディスエキス、グレープフルーツエキス、グレープフルーツエキス、グレープフルーツ種子エキス、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、グレープフルーツ種子エキストラクト、GSE、Huile de Pamplemousse、Huile de PamplemoussePressÃeàFroid、Pamplemローズ、パラダイサフェル、ピンクグレープフルーツ、ポメロ、シャドックオイル、グレープフルーツの標準抽出物、Toronja;名前を隠す

グレープフルーツは柑橘類の果物です。人々は果物、皮からの油、薬として種子からの抽出物を使います。グレープフルーツ種子抽出物は、グレープフルーツ種子およびグレープフルーツジュース製造からの副産物として得られるパルプから加工される。酸性度および苦味を低減するために、植物性グリセリンを最終製品に添加する。グレープフルーツジュースは、高コレステロール、「動脈の硬化」(アテローム性動脈硬化症)、癌、乾癬と呼ばれる皮膚疾患、および体重減少および肥満のために使用される。グレープフルーツ種子抽出物は、酵母感染症を含む細菌性、ウイルス性および真菌性の感染のために口で採取される;グレープフルーツオイルは、筋肉疲労、育毛、肌の調色、およびにきびと油っぽい肌のために皮膚に塗布されます。それは一般的な風邪やインフルエンザ(インフルエンザ)にも使用されます。グレープフルーツ種子抽出物は、顔のクレンザー、応急処置、軽度の皮膚刺激の治療薬、および膣の酵母感染症(カンジダ症)のための膣洗浄液として皮膚に塗布される。また、感染症の予防や治療、咽喉のうがい、歯肉炎の予防や健康な歯肉の鎮痛、息の清涼剤としての鼻すすぎとしても使用されています。いくつかの人々はグレープフルーツの蒸気を吸入して、身体が水分を保持し、頭痛、ストレス、うつ病を患うのを助けます。グレープフルーツ種子エキス蒸気も肺感染の治療のために吸入されている。食品および飲料では、グレープフルーツはフルーツ、ジュースとして消費され、香味成分として使用される。製造において、グレープフルーツ油および種子抽出物は、石鹸および化粧品における芳香成分として、また果物、野菜、肉、台所表面、皿などのための家庭用洗浄剤として使用される。農業では、グレープフルーツの種子抽出物は、細菌や真菌を殺し、カビの成長を防ぎ、動物飼料中の寄生虫を殺し、食物を保存し、水を消毒するために使われます。グレープフルーツジュースとの薬物相互作用はよく記録されていることを覚えておくことが重要です。グレープフルーツの化学的性質は、種、成長条件、およびジュースを抽出するために使用されるプロセスによって異なる。ダイエットや自然薬のリストにグレープフルーツを加える前に、薬を飲んだら、ヘルスケアプロバイダーに確認してください。

グレープフルーツは、ビタミンC、繊維、カリウム、ペクチン、および他の栄養源の源です。いくつかの成分は、細胞を損傷から保護するか、またはコレステロールを減少させるのに役立つ抗酸化作用を有するかもしれない。油が薬用にどのように作用するかははっきりしない。

不十分な証拠。喘息。グレープフルーツなどのビタミンCに富んだ柑橘類を飲むと、喘息患者の肺機能が改善する可能性があるという証拠がいくつかあります。いくつかの研究がこの利点を見出しているが、他の研究ではそうではない。湿疹(アトピー性皮膚炎)。発達している証拠は、グレープフルーツ種子抽出物(パラマイクロシリンジン)が、湿疹のある人では、腸内細菌の変化による便秘、ガス、および胃の不快感を減少させることができることを示唆している。高コレステロール。初期の研究では、グレープフルーツカプセルを毎日16週間服用すると、総コレステロールと、低密度リポタンパク質(LDLまたは「不良」)コレステロールと高密度リポタンパク質(HDLまたは「良好」)コレステロールとの比が減少することが示唆されている。グレープフルーツを毎日食べると、コレステロールの高い人の総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリドレベルが低下するようです。体重減少。初期の研究は、新鮮なグレープフルーツを毎日食べると太りすぎの人々の体重減少が増えることを示唆している。コレステロールを低下させる;動脈の硬化(アテローム性動脈硬化症);がん予防;乾癬;筋肉疲労;育毛を促進する。皮膚にトーンをかける。にきびと脂性肌の改善頭痛の治療;応力;うつ病;感染症;湿疹のある人の消化器症状酵母感染症(膣内洗浄剤として);その他の条件。これらの用途にグレープフルーツの有効性を評価するには、より多くの証拠が必要です。

グレープフルーツは、通常食物として使用される量では安全であり、薬用目的では口で取った場合には安全である。グレープフルーツは、大量の口で服用された場合、不安定です。薬を服用する場合は、グレープフルーツを食事に追加する前に、または薬として使用する前に、自分のヘルスケア提供者に確認してください。グレープフルーツは長い薬のリストと相互作用します(下記の「薬との相互作用はありますか?」を参照)。特別な予防措置および警告:妊娠および授乳:妊娠および授乳中のグレープフルーツの使用については十分ではない。安全面にとどまり、使用を避けてください。乳がん:グレープフルーツジュースを過剰に飲むことの安全性に懸念があります。いくつかの研究では、毎日クォート以上のグレープフルーツジュースを摂取する閉経後の女性は、乳癌を発症する機会が25%〜30%増加することが示唆されています。グレープフルーツジュースは、エストロゲンが体内でどのように分解され、体内のエストロゲンレベルを上昇させるかを減少させます。これらの知見を確認するためには、より多くの研究が必要である。それ以上のことがわかるまでは、特に乳がんのある人や、乳がんを発症する通常のリスクよりも高い場合、グレープフルーツジュースを過剰に飲むのは避けてください。ホルモン感受性の癌および状態:多量のグレープフルーツを摂取するとホルモン濃度が上昇し、ホルモン感受性のリスクが高まる可能性があります。ホルモン感受性の状態の女性はグレープフルーツを避けるべきです。

体はartemether(Artenam、Paluther)を破壊してそれを取り除く。グレープフルーツジュースは、体がいかに素早くアルテアネを破壊するかを減らすことができます(Artenam、Paluther)。 artemether(Artenam、Paluther)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、Artemether(Artenam、Paluther)の影響と副作用が増える可能性があります。あなたが芸術家(Arteam、Paluther)を服用している場合、グレープフルーツジュースを飲まないでください。

グレープフルーツジュースは、体が吸収するブスピロン(BuSpar)の量を増加させる可能性があります。ブスピロン(BuSpar)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、ブスピロン(BuSpar)の副作用が増えることがあります。

グレープフルーツジュースは、体が吸収するカルバマゼピン(Tegretol)の量を増加させる可能性があります。カルバマゼピン(テグレトール)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、カルバマゼピン(テグレトール)の副作用が増えるかもしれません。

体はそれを取り除くためにカルベジロール(Coreg)を分解する。グレープフルーツジュースは、体がいかに速くカルベジロール(Coreg)を分解するかを低下させるようである。カルベジロール(Coreg)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、カルベジロール(Coreg)の副作用が増えるかもしれません。

グレープフルーツジュースは、体がどのくらい早くシサプリド(Propulsid)を除去するかを減少させる可能性がある。 cisapride(Propulsid)を服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、cisapride(Propulsid)の副作用が増える可能性があります。

体はそれを取り除くためにクロミプラミン(Anafranil)を分解する。グレープフルーツジュースは、体がクロミプラミン(Anafranil)をいかに早く除去するかを減少させる可能性がある。グレープフルーツジュースをクロミプラミン(Anafranil)と併用すると、クロミプラミン(Anafranil)の効果と副作用が増す可能性があります。

グレープフルーツは体が吸収するシクロスポリン(Neoral、Sandimmune)の量を増やすかもしれません。シクロスポリン(ネオラル、サンドイムン)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、シクロスポリンの副作用が増えるかもしれません。

体はそれを取り除くためにデキストロメトルファン(Robitussin DM、他)を分解する。グレープフルーツは、身体がデキストロメトルファンをどのくらい速く分解するかを減少させるかもしれない(Robitussin DM、他)。デキストロメトルファン(Robitussin DM、他)を服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、デキストロメトルファン(Robitussin DM、その他)の効果と副作用が増す可能性があります。

体はエストロゲンを分解して取り除く。グレープフルーツジュースは、身体がエストロゲンをどれくらい早く分解し、身体がどれくらいエストロゲンを吸収するかを速く低下させるようです。エストロゲンを服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、エストロゲンレベルやエストロゲンに関連する副作用(乳がんなど)が増える可能性があります。いくつかのエストロゲンピルには、抱合ウマエストロゲン(Premarin)、エチニルエストラジオール、エストラジオール(Climara、Vivelle、Estring)などが含まれる。

グレープフルーツは体がどれくらいエトポシド(VePesid)を吸収するかを減少させるかもしれない。エトポシド(VePesid)を服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、エトポシド(VePesid)の有効性が低下する可能性があります。

イトラコナゾール(Sporanox)は、真菌感染を治療するために使用される。グレープフルーツジュースは、体が吸収するイトラコナゾール(スポラノッ​​クス)の量を減らす可能性があります。イトラコナゾール(Sporanox)を摂取しながらグレープフルーツジュースを飲むと、イトラコナゾール(Sporanox)の有効性が低下することがあります。イトラコナゾール(スポラノッ​​クス)を服用している場合は、グレープフルーツジュースを飲まないでください。

いくつかの薬は肝臓によって変化し、分解される。グレープフルーツジュースは、どのくらい速く肝臓がいくつかの薬を分解する可能性があります。グレープフルーツジュースを飲む間に肝臓によって分解されたいくつかの薬を服用すると、いくつかの薬の効果や副作用が増える可能性があります。グレープフルーツを服用する前に、肝臓によって変化する薬を服用している場合は、医療提供者に相談してください。肝臓によって変化する薬物には、ロバスタチン(Mevacor)、ケトコナゾール(Nizoral)、イトラコナゾール(Sporanox)、フェキソフェナジン(Allegra)、トリアゾラム(Halcion)などがあります。

グレープフルーツジュースは、体が吸収する高血圧のためにどのくらいの投薬を増加させるかもしれません。グレープフルーツジュースを飲んで高血圧の薬を飲むと、血圧が低くなりすぎる可能性があります。高血圧には、ニフェジピン(Adalat、Procardia)、ベラパミル(Calan、Isoptin、Verelan)、ジルチアゼム(Cardizem)、イスラジピン(DynaCirc)、フェロジピン(Plendil)、アムロジピン(Norvasc)などがあります。

体はコレステロールを低下させるために使用されるいくつかの薬物を分解して取り除く。グレープフルーツジュースは、体がコレステロールを低下させるために使用されるいくつかの薬剤をどのくらい早く分解するかを低下させる可能性がある。グレープフルーツジュースを飲む間にコレステロールを低下させるために使用されるいくつかの薬物を摂取すると、これらの薬物の効果および副作用が増加する可能性があります。高コレステロールに使用されるいくつかの薬物には、ロバスタチン(Mevacor)、シンバスタチン(Zocor)、アトルバスタチン(Lipitor)、セリバスタチン(Baycol)などが含まれる。しかし、グレープフルーツジュースはプラバスタチン(Pravachol)に影響を与えないようである。

体はそれを取り除くためにメチルプレドニゾロンを分解する。グレープフルーツジュースは体がいかに速くメチルプレドニゾロンを除去するかを減らすことができます。メチルプレドニゾロンを服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、メチルプレドニゾロンの影響と副作用が増える可能性があります。

体はプラジカンテル(Biltricide)を分解して取り除く。グレープフルーツジュースは、体がプラジカンテル(Biltricide)をいかに素早く分解するかを減少させることができる。プラジカンテル(Biltricide)を服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、プラジカンテル(Brazricantel)の副作用が増えることがあります。

体はキニジンを分解して除去する。グレープフルーツジュースは体がいかに早くキニジンを除去するかを減少させるかもしれない。キニジンを摂取しながらグレープフルーツジュースを飲むと、副作用の可能性が増す可能性があります。

体はスコポラミンを分解して取り除く。グレープフルーツジュースは、身体がスコポラミンをどのくらい速く破壊するかを減少させることができる。スコポラミンを服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、スコポラミンの効果と副作用が増す可能性があります。

鎮静薬は眠気や眠気を引き起こす可能性があります。グレープフルーツジュースは、身体がいくつかの薬物をどのくらい早く分解させるかを減らすことができます。グレープフルーツジュースを飲んで鎮静剤を服用すると、鎮静剤の効果や副作用が増えることがあります。グレープフルーツジュースと相互作用するかもしれない鎮静剤には、クロナゼパム(クロノピン)、ジアゼパム(バリウム)、ロラゼパム(アティバン)などがあります。

体はそれを取り除くためにシルデナフィル(バイアグラ)を分解する。グレープフルーツは、体がシルデナフィル(Viagra)をいかに素早く分解するかを減らすことができます。シルデナフィル(バイアグラ)を服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、シルデナフィルの効果と副作用が増える可能性があります。

グレープフルーツは、体が吸収するテルフェナジン(Seldane)の量を増やすことができます。テルフェナジン(セルデナン)を服用している間にグレープフルーツジュースを飲むと、テルフェナジン(セルダン)の副作用が増えるかもしれません。

体はそれを取り除くためにカフェインを分解する。グレープフルーツは体がいかに速くカフェインを取り除くかを遅らせるかもしれない。カフェインを服用している間にグレープフルーツを飲むと、ジッタ、頭痛、速い心拍を含むカフェインの副作用が増す可能性があります。

体はそれを取り除くためにエリスロマイシンを分解する。グレープフルーツは体がいかに速やかにエリスロマイシンを除去するかを減らすことができます。グレープフルーツジュースとエリスロマイシンを併用すると、エリスロマイシンの効果や副作用が増える可能性があります。

グレープフルーツは、体が吸収するフェキソフェナジン(アレグラ)の量を減らすかもしれない。フェキソフェナジン(Allegra)を摂取しながらグレープフルーツジュースを飲むと、フェキソフェナジン(Allegra)の有効性が低下することがあります。

肝臓はlosartan(Cozaar)を活性化して機能させる。グレープフルーツジュースは体がいかに速くlosartan(Cozaar)を活性化するかを減少させるかもしれません。ロサルタン(コザール)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、ロサルタンの有効性が低下する可能性があります。

いくつかの薬は肝臓によって変化し、分解される。グレープフルーツジュースは、どのくらい速く肝臓がいくつかの薬を分解する可能性があります。グレープフルーツジュースと肝臓で分解されたいくつかの薬を一緒に服用すると、いくつかの薬の効果や副作用が増える可能性があります。肝臓によって変わる薬を飲んだら、グレープフルーツジュースをあなたのヘルスケアプロバイダーに話す前に。肝臓によって変化する薬物には、アミトリプチリン(Elavil)、ハロペリドール(Haldol)、オンダンセトロン(Zofran)、プロプラノロール(Inderal)、テオフィリン(Theo-Dur、その他)、ベラパミル(Calan、Isoptin、その他)などがあります。

いくつかの薬は肝臓によって変化し、分解される。グレープフルーツジュースは、どのくらい速く肝臓がいくつかの薬を分解する可能性があります。グレープフルーツジュースと肝臓で分解されたいくつかの薬を一緒に服用すると、いくつかの薬の効果や副作用が増える可能性があります。肝臓によって変わる薬を飲んだら、グレープフルーツジュースをあなたのヘルスケアプロバイダーに話す前に。肝臓によって変化するいくつかの薬物には、オメプラゾール(Prilosec)、ランソプラゾール(Prevacid)、およびパントプラゾール(Protonix)、ジアゼパム(Valium)、カリソプロドール(Soma)、ネルフィナビル(Viracept)などが含まれる。

いくつかの薬は肝臓によって変化し、分解される。グレープフルーツジュースは、どのくらい速く肝臓がいくつかの薬を分解する可能性があります。グレープフルーツジュースと肝臓で分解されたいくつかの薬を一緒に服用すると、いくつかの薬の効果や副作用が増える可能性があります。肝臓によって変わる薬を飲んだら、グレープフルーツジュースをあなたのヘルスケアプロバイダーに話す前に。肝臓によって変化する薬物には、ジクロフェナク(Cataflam、Voltaren)、イブプロフェン(Motrin)、メロキシカム(Mobic)、ピロキシカム(Feldene)、セレコキシブ(Celebrex)、アミトリプチリン(Elavil)、ワルファリン(Coumadin)、グリピジド)、ロサルタン(コザール)など。

グレープフルーツジュースを飲むことで、体が吸収するサキナビル(Fortovase、Invirase)の量を増やすことができます。サクイナビル(Fortovase、Invirase)を服用しながらグレープフルーツジュースを飲むと、サキナビルの副作用が増えることがあります。

グレープフルーツジュースを飲むとテオフィリンの影響が減る可能性があります。これが大きな懸念であるかどうかを知るには十分な情報がありません。

ワルファリン(Coumadin)は血液の凝固を遅らせるために使用されます。グレープフルーツジュースを飲むと、ワルファリン(Coumadin)の効果が増し、挫傷や出血の可能性が高くなる可能性があります。定期的に血液検査を受けてください。あなたのワルファリン(Coumadin)の用量を変更する必要があるかもしれません。

グレープフルーツの適切な投与量は、使用者の年齢、健康状態およびいくつかの他の状態などのいくつかの要因に依存する。現時点では、グレープフルーツの適切な用量範囲を決定するのに十分な科学的情報はない。天然物は必ずしも必ずしも安全であるとは限らず、投与量が重要であることを覚えておいてください。製品ラベルに記載されている指示に従ってください。使用する前に、薬剤師または医師または他の医療従事者に相談してください。

参考文献

ナリンギン、ヘスペリジンおよび柑橘類投与後のAmeer、B.、Weintraub、R.A.、Johnson、J.V.、Yost、R.A.およびRouseff、R.L。Flavanone吸収。 Clin Pharmacol Ther 199; 60(1):34-40。

Armanini、D.、Calo、L.、およびSemplicini、A. Pseudohyperaldosteronism:病因機構。 Crit Rev Clin Lab Sci 200; 40(3):295-335。

グレープフルーツペクチンは、小型ブタにおける高コレステロール血症およびアテローム性動脈硬化症を阻害する。 Clin Cardiol 198; 11(9):597-600を参照のこと。

グレープフルーツ – フェロジピン相互作用:未処理の果実および可能性のある有効成分の効果。ベリー、D.G.、ドレッサー、G.K.、クリフトン、J.H。、ムノズ、C.、フリーマン、D.J。 Clin Pharmacol Ther 200; 68(5):468-477。

ナリンゲニンによる肝細胞apoB分泌の阻害:減少したミクロソームコレステリルエステルとは無関係に急速な細胞内分解が促進された。 J Lipid Res 200; 43(9):1544-1554。

肝細胞アポB含有リポタンパク分泌は、MTP媒介性のミクロソームトリグリセリド蓄積の阻害を介して、グレープフルーツフラボノイドであるナリンゲニンによって減少する。 Biochemistry 2-11-200; 42(5):1283-1291。

持続的な高コレステロール血症を伴うマイクロワイン中の食餌性ペクチンによるアテローム性動脈硬化症の阻害。【発明の詳細な説明】【0001】【発明の属する技術分野】本発明は、コレステロール低下剤に関する。 Circulation 199; 89(3):1247-1253。

Curl、G.C。、Willett、W.C。、Rimm、E.B.、Spiegelman、D.、Stampfer、M.J。飲料の使用および腎臓結石のリスクの予測研究。 Am J Epidemiol。 2-1-199; 143(3):240-247。

Ferdman、R.M.、Ong、P.Y。、and Church、J.A.Pectinアナフィラキシーおよびカシューアレルギーとの関連の可能性がある。 Ann.Allergy Asthma Immunol。 200; 97(6):759-760。

Fink、B.N.、Steck、S.E。、Wolff、M.S。、Kabat、G.C。およびGammon、M.D。ロングアイランド、ニューヨークの母集団に基づくサンプルの摂取量を評価するためのフラボノイドデータベースの構築。 Nutr Cancer 200; 56(1):57-66。

ヒトにおけるカフェインのCYP1A2依存性代謝に対するグレープフルーツジュースおよびその苦味原薬ナリンゲニンの阻害効果。 Br.J Clin Pharmacol 199; 35(4):431-436。

ブドウ糖の体重およびインスリン抵抗性への影響:メタボリックシンドロームとの関係。 Jメッドフード200; 9(1):49-54。

Girennavar、B.、Jayaprakasha、G.K.、Jadegoud、Y.、Nagana Gowda、G.A。およびPatil、B. S.グレープフルーツからのベルガプトールおよびゲラニルクマリンのラジカル消去およびシトクロムP450 3A4阻害活性。 Bioorg.Med Chem 6-1-200; 15(11):3684-3691。

Gorinstein、S.、Caspi、A.、Libman、I.Lerner、HT、Huang、D.、Leontowicz、H.、Leontowicz、M.、Tashma、Z.、Katrich、E.、Feng、S.冠動脈アテローム性動脈硬化症患者の血清トリグリセリドレベルに赤色グレープフルーツが正の影響を及ぼす:インビトロおよびヒトにおける研究。 J Agric Food Chem 3-8-200; 54(5):1887-1892。

Pummelo FuranocoumarinとシトクロムP450 3A5 * 3多型の異なる役割を運命とその中でフェロジピンの作用Curr Drug Metab 200; 8(6):623-630。

グレープフルーツフラボノイド、フラノクマリンおよび関連化合物によるヒトCYP3A4活性の阻害。 J Pharm Pharm Sci 200; 4(3):217-227。

Ionescu G、Kiehl R、Wichmann-Kunz F、and et al。アトピー性湿疹における経口柑橘類種子抽出物:腸内細菌叢のin vitroおよびin vivo試験J Orthomol Med 199; 5(3):155-157。

Kirby、B.J.およびUnadkat、J.D。グレープフルーツジュース、薬物相互作用がいっぱいのガラス? Clin Pharmacol Ther 200; 81(5):631-633。

Kumar、A.、Teuber、S.S。、Naguwa、S.、Prindiville、T.、およびGershwin、M.E。好酸球性胃腸炎および柑橘類誘発蕁麻疹。 Clin Rev Allergy Immunol 200; 30(1):61-70。

新薬相互作用をもたらすグレープフルーツジュースフラボノイドによるエリスリナーゼ阻害、Li、P.、Callery、P.S.、Gan、L.S.およびBalani、S. Drug Metab Dispos 200; 35(7):1203-1208。

Lim、S.L.およびLim、L.Y.Caco-2細胞単層の細胞毒性および薬物輸送経路に対する柑橘類果汁の効果。 Int J Pharm 1-3-200; 307(1):42-50。

クランベリージュースによるバクテリオファージおよびロタウイルスに対する抗ウイルス効果。【請求項2】請求項1または2に記載のバクテリオファージおよびロタウイルス。 Phytomedicine 200; 14(1):23-30。

マンダディ、K.、Jayaprakasha、G.K.、Bhat、N.G.、およびPatil、B.S.レッドメキシカングレープフルーツ:生物活性リモノイドの新規供給源およびそれらの抗酸化活性。 Z Naturforsch [C。] 200; 62(3-4):179-188。

McLundie、A.C。口蓋表面の局所的な局所化および磁器積層体による治療。 Restorative.Dent。 199; 7(2):43-44。

ポリフェノールが豊富な食品のための摂取のバイオマーカーとしての尿中のフラボノイドおよびフェノール酸、Mennen、L. I.、Sapinho、D.、Ito、H.、Bertrais、S.、Galan、P.、Hercberg、S.およびScalbert Br JNutr 200; 96(1):191-198。

Caco-2におけるタリノロールのP糖タンパク質媒介輸送に対する抑制効果におけるシトラス由来のポリメトキシル化フラボンおよび他のフェノール誘導体(非特許文献2)。細胞。 J Agric Food Chem 4-4-200; 55(7):2563-2568。

グレープフルーツジュースとカルシウムチャネルアンタゴニストとの相互作用の程度の主要な決定因子である。 Br J Clin Pharmacol 200; 62(2):196-199。

2つの主要なグレープフルーツジュース成分は、腸のCYP3A4阻害の開始と時間的に異なる。 J Pharmacol Exp Ther 200; 312(3):1151-1160。

グレープフルーツジュースは11β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼをin vivoでヒトにおいて阻害する。 Clin Endocrinol。(Oxf)200; 59(1):143-144。

Pisarik、P。重度の血管新生高血圧症患者のニフェジピンとテラゾシンにグレープフルーツジュースを加えることによる血圧降下効果。 Arch Fam.Med 199; 5(7):413-416。

Riccio、R.、Trevisan、M.、およびCapri、E.りんご、イチゴおよびグレープフルーツにおけるクロルピリホスメチルの持続性に対する表面ワックスの効果。 Food Addit.Contam 200; 23(7):683-692。

CYP3A4のインヒビターとしてのフラノクマリンモノマーの合成、およびRowand E.C.、Brown、S.A.、Stachulski、A.V.およびLennard、M.S。Design。 Org Biomol.Chem 4-21-200; 4(8):1604-1610。

Row、E.、Brown、S.A.、Stachulski、A.V.、およびLennard、M.S.CYP3A4の強力で選択的な阻害剤としての新規フラノクマリン二量体の開発。 Drug Metab Dispos 200; 34(2):324-330。

Sardi、A.、Geda、C.、Nerici、L.、およびBertello、P. [ミネラルコルチコイドの明らかな過剰に起因するRhabdomyolysisおよび動脈性高血圧症:症例報告]。 Ann Ital Med Int 200; 17(2):126-129。

Seidegard、J.、Dahlstrom、K。、およびKullberg、A.尿中の6β-ヒドロキシコルチゾール/コルチゾール排泄に対するグレープフルーツジュースの効果。 Clin Exp Pharmacol Physiol 199; 25(5):379-381。

Tournas、V.H.、Heeres、J.、およびBurgess、L.Moldsおよび果実サラダおよび果汁中の酵母。 Food Microbiol。 200; 23(7):684-688。

食物連鎖球菌の尿中排泄に及ぼすグレープフルーツジュースの急性負荷の効果。腎結石形成のための尿中リスク因子などがある。 Dig.Liver Dis。 200; 34 Suppl 2:S160-S163。

Walker、M.およびPhillips、C.A。果汁中のPropionibacterium cyclohexanicumの増殖および高温処理後の生存。 Food Microbiol。 200; 24(4):313-318。

Wangensteen、H.、Molden、E.、Christensen、H.、およびMalterud、K.Eグレープフルーツ皮におけるCYP3A4阻害剤としてのエポキシベルマトチンの同定。 Eur J Clin Pharmacol 200; 58(10):663-668。

食物摂取量を評価するためのポリアミンデータベースの開発。 J Am Diet.Assoc 200; 107(6):1024-1027。

Agri Res Svc:デューク博士の植物化学および人工衛星データベース。 www.ars-grin.gov/duke(1999年11月3日アクセス)。

Ameer B、Weintraub RA。グレープフルーツジュースとの薬物相互作用。 Clin Pharmacokinet 199; 33:103-21。

肝臓の肝硬変におけるミダゾラムの初回通過代謝 – グレープフルーツジュースの影響 – Andersen、V.、Pedersen、N.、Larsen、N.E。、Sonne、J.、and Larsen、S. Br J Clin Pharmacol 200; 54(2):120-124。

グレープフルーツジュースの摂取量に及ぼすグレープフルーツ摂取量の影響を検討した。摂食量は、摂食量、摂食量、摂食量、摂食量、摂食量、摂食量、摂食量、摂食量、ピタバスタチンおよびアトルバスタチンの薬物動態学。 Br J Clin Pharmacol 200; 60(5):494-497。

Bailey DG、Arnold JM、Strong HA、et al。ニソルジピンの薬物動態に対するグレープフルーツジュースおよびナリンギンの効果。 Clin Pharmacol Ther 199; 54:589-94。

ベイリーDG、ドレッサーGK、ベンドJR。チアクロムP450 3A4活性の阻害剤としてのベルガモチン、ライムジュース、および赤ワイン:グレープフルーツジュースとの比較。 Clin Pharmacol Ther 200; 73:529-37。

ベイリーDG、ドレッサーGK、ベンドJR。チアクロムP450 3A4活性の阻害剤としてのベルガモチン、ライムジュース、および赤ワイン:グレープフルーツジュースとの比較。 Clin Pharmacol Ther 200; 73:529-37。

Bailey DG、Dresser GK、Kreeft JH、et al。グレープフルーツジュース – フェロジピン相互作用:未処理果実の抽出物とセグメントの効果。 Clin Pharmacol Ther 200; 67:107(要約PI-71)。

Bailey DG、Dresser GK、Leake BF、Kim RB。ナリンギンは、グレープフルーツジュース中の有機アニオン輸送ポリペプチド1A2(OATP1A2)の主要かつ選択的な臨床的阻害剤である。 Clin Pharmacol Ther 200; 81:495-502。

Bailey DG、Dresser GK、Munoz C、et al。フルーツジュースによるフェキソフェナジンバイオアベイラビリティの低下Clin Pharmacol Ther 200; 69:P21。

ベイリーDG、ドレッサーGK。グレープフルーツジュース – ロバスタチン相互作用。 Clin Pharmacol Ther 200; 67:690。

Bailey DG、Spence JD、Munoz C、Arnold JM。カンキツジュースとフェロジピンおよびニフェジピンとの相互作用。ランセット199; 337:268-9。

ベイリーDG。摂取輸送のフルーツジュース阻害:新しいタイプの食品 – 薬物相互作用。 Br J Clin Pharmacol 201; 70:645-55。

グレープフルーツジュース – フェロジピン相互作用:延長された放出製剤による再現性および特徴付け。 Br J Clin Pharmacol 199; 40(2):135-140。

グレープフルーツジュース – フェロジピン相互作用:ナリンジンのメカニズム、予測可能性、および効果。ベロリー、D.G.、アーノルド、J.M。ムノズ、C.、およびスペンス、J. Clin Pharmacol Ther 199; 53(6):637-642。

Becquemont L、Verstuyft C、Curb R、et al。ヒトにおけるジゴキシンの薬物動態に及ぼすグレープフルーツジュースの影響。 Clin Pharmacol Ther 200; 70:311-6。

Benmebarek M、Devaud C、Gex-Fabry M、et al。メサドンのエナンチオマーの薬物動態に及ぼすグレープフルーツジュースの影響。 Clin Pharmacol Ther 200; 76:55-63。

グレープフルーツジュースは、テルフェナジンの薬物動態を変え、心電図上の再分極の延長をもたらす。 Clin Pharmacol Ther 199; 59(4):383-388。

安定した腎臓同種移植片のレシピエントの間でのサンドイムンのネオラル吸収に対するグレープフルーツジュースの効果。ビタミンB12、ビタミンC、ニールセン、F。 Nephrol Dial.Transplant。 200; 16(2):373-377。

Butland BK、Fehily AM、Elwood PC。中年男性2512人のコホートでの食事、肺機能、肺機能の低下。 Thorax 200; 55:102-8。

カロリドミンゲスMA、フォンセカH. unshelledピーナッツ(Arachis hypogaea L.)におけるアフラトキシン生産の化学的制御の実験的評価。 Food Addit Contam 199; 12:347-50。

Carey IM、Strachan DP、Cook DG。健康な英国の成人における換気機能に及ぼす新鮮な果実消費の変化の影響。 Am J Respir Crit Care Med 199; 158:728-33。

Castro N、Jung H、Medina R、et al。ヒトにおけるグレープフルーツジュースとプラジカンテルとの相互作用。 Antimicrob Agents Chemother 200; 46:1614-6。

Cerda JJ、Robbins FL、Burgin CW、et al。ダイエットやライフスタイルを変えずに冠状動脈性心疾患のリスクがある患者に対するグレープフルーツペクチンの効果。 Clin Cardiol 198; 11:589-94。

Chan WK、Nguyen LT、Miller VP、Harris RZ。グレープフルーツジュースと赤ワインによるヒトシトクロムP450 3A4のメカニズムに基づく不活性化Life Sci 199; 62:PL135-42。

グレープフルーツジュースとハロファントリンとの間の薬物動態学的および薬力学的相互作用。 Clin Pharmacol Ther 200; 72(5):514-523。

Christensen、H.、Asberg、A.、Holmboe、A.B。、およびBerg、K。J.グレープフルーツジュースの同時投与は健康なボランティアにおけるジルチアゼムの全身暴露を増加させる。 Eur J Clin Pharmacol 200; 58(8):515-520を参照のこと。

グレープフルーツジュースによるその代謝の阻害後のテルフェナジンの心臓効果。 Eur J Clin Pharmacol 199; 52(4):311-315。

Coregモノグラフ。 In:Gillis MC、Ed。医薬品および医薬品の要約(CPS)。 34th ed。オタワ、オンタリオ州、CAN:Canadian Pharmacists Assn、1999:395。

ヒトにおけるシトクロムP450 3A活性に対するグレープフルーツジュースへの長期暴露の効果(Culm-Merdek、KE、von Moltke、LL、Gan、L.、Horan、KA、Reynolds、R.、Harmatz、JS、Court MH、Greenblatt、DJ :リトナビルとの比較。 Clin Pharmacol Ther 200; 79(3):243-254。

性別、食物またはグレープフルーツジュースは健康な被験者のプリマキンの薬物動態を変えるか? Br J Clin Pharmacol 200; 61(6):682-689。

Curhan GC、Willett WC、Speizer FE、Stamfer MJ。飲料の使用と女性の腎臓結石のリスク。 Ann Intern Med 199; 128:534-40。

キニジンの薬物動態に及ぼすジクロフェナク、ジスルフィラム、イトラコナゾール、グレープフルーツジュースおよびエリスロマイシンの効果。ダニエフ・P、ハンセン・LL、ブロセンK. Br J Clin Pharmacol 199; 48:829-38。

Demarles D、Gillotin C、Bonaventure-Paci S、et al。グレープフルーツジュースと共投与されたアンプレナビルの単回投与薬物動態。 Antimicrob Agents Chemother 200; 46:1589-90。

健康な志願者におけるシサプリドのステレオ選択的薬物動態およびグレープフルーツジュースの反復投与の影響。【この用語をキーに探す】Wikipedia(日)外部リンク| WEBラーニング検索外部リンク| J-STORE検索外部リンク| GeNii検索外部リンク| PORTA検索外部リンクBr J Clin Pharmacol 200; 52(4):399-407。

Di Marco MP、Edwards DJ、Wainer IW、Ducharme MP。デキストロメトルファンの薬物動態に及ぼすグレープフルーツジュースおよびセビージャオレンジジュースの影響:腸CYP3AおよびP-糖タンパク質の役割Life Sci 200; 71:1149-60。

ドレッサーGK、ベイリーDG、Carruthers SG。健康な高齢者におけるグレープフルーツジュース – フェロジピン相互作用。 Clin Pharmacol Ther 199; 65:(要約PIII-63)。

ドレッサーGK、ベイリーDG、Carruthers SG。高齢者におけるグレープフルーツジュース – フェロジピン相互作用。 Clin Pharmacol Ther 200; 68:28-34。

Dresser GK、Bailey DG、Leake BF、et al。フルーツジュースは、ポリペプチド媒介薬物取り込みを輸送する有機アニオンを阻害して、フェキソフェナジンの経口利用可能性を低下させる。 Clin Pharmacol Ther 200; 71:11-20。

Dresser GK、Kim RB、Bailey DG。グレープフルーツジュース容量がフェキソフェナジンバイオアベイラビリティの低下に及ぼす影響:有機アニオン輸送ポリペプチドの役割Clin Pharmacol Ther 200; 77:170-7。

Dresser GK、Spence JD、Bailey DG。シトクロムP450 3A4阻害の薬物動態 – 薬力学的結果および臨床的関連性。 Clin Pharmacokinet 200; 38:41-57。

Ducharme、M.P.、Warbasse、L.H.およびEdwards、D.J.グレープフルーツジュース投与後の静脈および経口シクロスポリンの処分。 Clin Pharmacol Ther 199; 57(5):485-491。

Ebert U、Oertel R、Kirch W.健康な男性および女性被験者におけるスコポラミンの薬物動態および薬力学に対するグレープフルーツジュースの影響。 Int J Clin Pharmacol Ther 200; 38:523-31。

グレープフルーツジュースを飲用することによるフェロジピンの薬物動態および動態への急性影響 – とその潜在的な臨床的関連性 – 。 Eur J Clin Pharmacol 199; 42(3):313-317。

Edwards DJ、Fitzsimmons ME、Schuetz EG、et al。グレープフルーツジュースおよびセビリアオレンジジュース中の6 ‘、7’-ジヒドロキシベルガモチン:シクロスポリン配置、腸細胞CYP3A4およびP-糖タンパク質に対する効果。 Clin Pharmacol Ther 199; 65:237-44。

連邦規則の電子コード。 Title 21.パート182 – 一般的に安全と認められる物質。利用可能:http://ecfr.gpoaccess.gov/cgi/t/text/text-idx?c=ecfr&sid= 786bafc6f6343634fbf79fcdca7061e1&rgn = div5&view = text&node = 21:3.0.1.1.13&idno = 21

Erlund I、Meririnne E、Alfthan G、Aro A.オレンジジュースおよびグレープフルーツジュースの摂取後のヒトにおけるフラバノンナリンゲニンおよびヘスペレチンの血漿動態および尿中排泄。 J Nutr 200; 131:235-41。

Evans AM。食物成分が胃腸の代謝および薬物輸送に及ぼす影響。 Ther Drug Monit 200; 22:131-6。

Farkas D、Oleson LE、Zhao Y、et al。ザクロ果汁は、シトクロムP450-3A活性のためのプローブである経口または静脈内ミダゾラムのクリアランスを損なわない。グレープフルーツジュースとの比較。 J Clin Pharmacol 200; 47:286-94。

Forastiere F、Pistelli R、Sestini P、et al。ビタミンCが豊富な新鮮なフルーツの消費と小児の喘鳴症状。 Thorax 200; 55:283-8。

Fuhr U、Muller-Peltzer H、Kern R、et al。定常状態におけるグレープフルーツジュースおよび喫煙のベラパミル濃度への影響。 Eur J Clin Pharmacol 200; 58:45-53。

グレープフルーツジュースとのフアールU.薬物相互作用。 Drug Saf 199; 18:251-72。

、Unger、S.、Kuhlmann、J.、Huschka、C.、Zaigler、M.、Rietbrock、S.、and Staib、グレープフルーツジュースは、経口ニモジピンの生物学的利用能を高める。 Int J Clin Pharmacol Ther 199; 36(3):126-132。

日本人のアトルバスタチンとプラバスタチンの薬物動態に及ぼすグレープフルーツジュースの影響。 Br J Clin Pharmacol 200; 57:448-55。

Fukuda K、Ohta T、Oshima Y、et al。グレープフルーツジュースにおける特定のCYP3A4阻害剤:薬物相互作用の成分としてのフクロマリン二量体。 Pharmacogenetics 199; 7:391-6。

Garg SK、Kumar N、Bhargava VK、Prabhakar SK。てんかん患者におけるカルバマゼピンのバイオアベイラビリティーに対するグレープフルーツジュースの影響。 Clin Pharmacol Ther 199; 64:286-8。

Ginkgo biloba抽出物の複数の成分によるヒトP450酵素の阻害。 Biochem Biophys Res Comm 200; 318:1072-8。

【請求項2】請求項1に記載の腸内薬物送達装置であって、ヒトにおけるグレープフルーツジュースの発現および影響。 Clin Pharmacol Ther 200; 81(3):362-370。

Goosen、TC、Cillie、D.、Bailey、DG、Yu、C.、He、K.、Hollenberg、PF、Woster、PM、Cohen、L.、Williams、JA、Rheeders、M.、Dijkstra、HP Bergamottinグレープフルーツジュースとフェロジピンとの相互作用およびヒトへの寄与に寄与する。 Clin Pharmacol Ther 200; 76(6):607-617。

Grapefruit-drug interactions. Available at: www.powernetdesign/grapefruit (Accessed 26 September 1999).

Greenblatt DJ, von Moltke LL, Harmatz JS. Time course of recovery of cytochrome P450 3A function after single doses of grapefruit juice. Clin Pharmacol Ther 200; 74:121-29.

グリーンブラットDJ。果物飲料および有機アニオン輸送ポリペプチドを含む薬物相互作用の分析。 J Clin Pharmacol 200; 49:1403-7。

Gross AS, Goh YD, Addison RS, et al. Influence of grapefruit juice on cisapride pharmacokinetics. Clin Pharmacol Ther 199; 65:395-401.

Gupta MC, Garg SK, Badyal D, et al. Effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of theophylline in healthy male volunteers. Methods Exp Exp Clin Pharmacol 199; 21:679-82.

Hashimoto, K., Shirafuji, T., Sekino, H., Matsuoka, O., Sekino, H., Onnagawa, O., Okamoto, T., Kudo, S., and Azuma, J. Interaction of citrus juices with pranidipine, a new 1,4-dihydropyridine calcium antagonist, in healthy subjects. Eur J Clin Pharmacol 199; 54(9-10):753-760.

Hatch GE. Asthma, inhaled oxidants, and dietary antioxidants. Am J Clin Nutr 199; 61:625S-30S.

He K, Iyer KR, Hayes RN, et al. Inactivation of cytochrome P450 3A4 by bergamottin, a component of grapefruit juice. Chem Res Toxicol 199; 11:252-9.

Hermans K, Stockman D, Van den Branden F. Grapefruit and tonic: a deadly combination in a patient with the long QT syndrome. Am J Med 200; 114:511-512.

Ho PC, Ghose K, Saville D, Wanwimolruk S. Effect of grapefruit juice on pharmacokinetics and pharmacodynamics of verapamil enantiomers in healthy volunteers. Eur J Clin Pharmacol 200; 56:693-8.

Hollander, A. A., van Rooij, J., Lentjes, G. W., Arbouw, F., van Bree, J. B., Schoemaker, R. C., van Es, L. A., van der Woude, F. J., and Cohen, A. F. The effect of grapefruit juice on cyclosporine and prednisone metabolism in transplant patients. Clin Pharmacol Ther 199; 57(3):318-324.

Hori H, Yoshimura R, Ueda N, et al. Grapefruit juice-fluvoxamine interaction — is it risky or not? J Clin Psychopharmacol 200; 23:422-4.

Hugen, P. W., Burger, D. M., Koopmans, P. P., Stuart, J. W., Kroon, F. P., van Leusen, R., and Hekster, Y. A. Saquinavir soft-gel capsules (Fortovase) give lower exposure than expected, even after a high-fat breakfast. Pharm World Sci 200; 24(3):83-86.

Hukkinen, S. K., Varhe, A., Olkkola, K. T., and Neuvonen, P. J. Plasma concentrations of triazolam are increased by concomitant ingestion of grapefruit juice. Clin Pharmacol Ther 199; 58(2):127-131.

Ioannides-Demos LL, Christophidis N, et al. Dosing implications of a clinical interaction between grapefruit juice and cyclosporine and metabolite concentrations in patients with autoimmune diseases. J Rheumatol 199; 24:49-54.

Ionescu G, Kiehl F, Wichmann-Kunz F, et al. Oral citrus seed extract in atopic eczema: in vitro and in vivo studies on intestinal microflora. J Orthomolec Med 199; 5:155-7.

Jetter A, Kinzig-Schippers M, Walchner-Bonjean M, et al. Effects of grapefruit juice on the pharmacokinetics of sildenafil. Clin Pharmacol Ther 200; 71:21-9.

Josefsson M, Zackrisson AL, Ahlner J. Effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of amlodipine in healthy volunteers. Eur J Clin Pharmacol 199; 51:189-93.

Kanazawa S, Ohkubo T, Sugawara K. The effects of grapefruit juice on the pharmacokinetics of erythromycin. Eur J Clin Pharmacol 200; 56:799-803.

Kantola T, Kivisto KT, Neuvonen PJ, et al. Grapefruit juice greatly increases serum concentrations of lovastatin and lovastatin acid. Clin Pharmacol Ther 1998 63:397-402.

Kawakami, M., Suzuki, K., Ishizuka, T., Hidaka, T., Matsuki, Y., and Nakamura, H. Effect of grapefruit juice on pharmacokinetics of itraconazole in healthy subjects. Int J Clin Pharmacol Ther 199; 36(6):306-308.

Kivisto, K. T., Lilja, J. J., Backman, J. T., and Neuvonen, P. J. Repeated consumption of grapefruit juice considerably increases plasma concentrations of cisapride. Clin Pharmacol Ther 199; 66(5):448-453.

Ku, Y. M., Min, D. I., and Flanigan, M. Effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of microemulsion cyclosporine and its metabolite in healthy volunteers: does the formulation difference matter? J Clin Pharmacol 199; 38(10):959-965.

Kupferschmidt HH, Fattinger KE, Ha HR, et al. Grapefruit juice enhances the bioavailability of the HIV protease inhibitor saquinavir in man. Br J Clin Pharmacol 199; 45:355-9.

Kupferschmidt, H. H., Ha, H. R., Ziegler, W. H., Meier, P. J., and Krahenbuhl, S. Interaction between grapefruit juice and midazolam in humans. Clin Pharmacol Ther 199; 58(1):20-28.

Lee YS, Lorenzo BJ, Koufis T, et al. Grapefruit juice and its flavonoids inhibit 11 beta-hydroxysteroid dehydrogenase. Clin Pharmacol Ther 199; 59:62-71.

Lee, A. J., Chan, W. K., Harralson, A. F., Buffum, J., and Bui, B. C. The effects of grapefruit juice on sertraline metabolism: an in vitro and in vivo study. Clin Ther 199; 21(11):1890-1899.

Lee, M., Min, D. I., Ku, Y. M., and Flanigan, M. Effect of grapefruit juice on pharmacokinetics of microemulsion cyclosporine in African subjects compared with Caucasian subjects: does ethnic difference matter? J Clin Pharmacol 200; 41(3):317-323.

Libersa, C. C., Brique, S. A., Motte, K. B., Caron, J. F., Guedon-Moreau, L. M., Humbert, L., Vincent, A., Devos, P., and Lhermitte, M. A. Dramatic inhibition of amiodarone metabolism induced by grapefruit juice. Br J Clin Pharmacol 200; 49(4):373-378.

Lilja JJ, Kivisto KT, Backman JT, et al. Grapefruit juice substantially increases plasma concentrations of buspirone. Clin Pharmacol Ther 199; 64:655-60.

Lilja JJ, Kivisto KT, Backman JT, Neuvonen PJ. Effect of grapefruit juice dose on grapefruit juice-triazolam interaction: repeated consumption prolongs triazolam half-life. Eur J Clin Pharmacol 200; 56:411-5.

Lilja JJ, Kivisto KT, Neuvonen PJ. Duration of effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of the CYP3A4 substrate simvastatin. Clin Pharmacol Ther 200; 68:384-90.

Lilja JJ, Kivisto KT, Neuvonen PJ. Grapefruit juice increases serum concentrations of atorvastatin and has no effect on pravastatin. Clin Pharmacol Ther 199; 66:118-27.

Lilja JJ, Kivisto KT, Neuvonen PJ. Grapefruit juice-simvastatin interaction: effect on serum concentrations of simvastatin, simvastatin acid, and HMG-CoA reductase inhibitors. Clin Pharmacol Ther 199; 64:477-83.

Lilja JJ, Raaska K, Neuvonen PJ. Effects of grapefruit juice on the pharmacokinetics of acebutolol. Br J Clin Pharmacol 200; 60:659-63.

Lilja, J. J., Laitinen, K., and Neuvonen, P. J. Effects of grapefruit juice on the absorption of levothyroxine. Br J Clin Pharmacol 200; 60(3):337-341.

Lilja, J. J., Neuvonen, M., and Neuvonen, P. J. Effects of regular consumption of grapefruit juice on the pharmacokinetics of simvastatin. Br J Clin Pharmacol 200; 58(1):56-60.

Lundahl, J., Regardh, C. G., Edgar, B., and Johnsson, G. Effects of grapefruit juice ingestion–pharmacokinetics and haemodynamics of intravenously and orally administered felodipine in healthy men. Eur J Clin Pharmacol 199; 52(2):139-145.

Lundahl, J., Regardh, C. G., Edgar, B., and Johnsson, G. Relationship between time of intake of grapefruit juice and its effect on pharmacokinetics and pharmacodynamics of felodipine in healthy subjects. Eur J Clin Pharmacol 199; 49(1-2):61-67.

Min, D. I., Ku, Y. M., Geraets, D. R., and Lee, H. Effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics and pharmacodynamics of quinidine in healthy volunteers. J Clin Pharmacol 199; 36(5):469-476.

Monroe KR, Murphy SP, Kolonel LN, Pike MC. Prospective study of grapefruit intake and risk of breast cancer in postmenopausal women: the Mutliethnic Cohort Study. Br J Cancer 200; 97:440-5.

Odou, P., Ferrari, N., Barthelemy, C., Brique, S., Lhermitte, M., Vincent, A., Libersa, C., and Robert, H. Grapefruit juice-nifedipine interaction: possible involvement of several mechanisms. J Clin Pharm Ther 200; 30(2):153-158.

Oesterheld J, Kallepalli BR. Grapefruit juice and clomipramine: shifting metabolitic ratios. J Clin Psychopharmacol 199; 17:62-3.

Offman EM, Freeman DJ, Dresser GK, et al. Cisapride interaction with grapefruit juice and red wine. Clin Pharmacol Ther 200; 67:110 (abstract PI-83).

Ozdemir M, Aktan Y, Boydag BS. Interaction between grapefruit juice and diazepam in humans. Eur J Drug Metab Pharmacokinet 199; 23:55-9.

Paine, M. F., Widmer, W. W., Hart, H. L., Pusek, S. N., Beavers, K. L., Criss, A. B., Brown, S. S., Thomas, B. F., and Watkins, P. B. A furanocoumarin-free grapefruit juice establishes furanocoumarins as the mediators of the grapefruit juice-felodipine interaction. Am J Clin Nutr 200; 83(5):1097-1105.

Parker RB, Yates CR, Soberman JE, Laizure SC. Effects of grapefruit juice on intestinal P-glycoprotein: evaluation using digoxin in humans.薬物療法200; 23:979-87.

Penzak SR、Acosta EP、Turner M、et al。インジナビルの薬物動態に対するセビリアオレンジジュースおよびグレープフルーツジュースの影響。 J Clin Pharmacol 200; 42:1165-70.

Penzak SR, Gubbins PO, Gurley BJ, et al. Grapefruit juice decreases the systemic availability of itraconazole capsules in healthy volunteers. Ther Drug Monit 199; 21:304-9.

Potential drug interactions with grapefruit.薬剤師の手紙/処方箋の手紙200; 23(2):230204.

Product information for Cordarone. Wyeth Pharmaceuticals, Inc. Philadelphia, PA 19101. September 2006.

Ranzani MR, Fonseca H. Mycological evaluation of chemically-treated unshelled peanuts. Food Addit Contam 199; 12:343-6.

Rashid, J., McKinstry, C., Renwick, A. G., Dirnhuber, M., Waller, D. G., and George, C. F. Quercetin, an in vitro inhibitor of CYP3A, does not contribute to the interaction between nifedipine and grapefruit juice. Br J Clin Pharmacol 199; 36(5):460-463.

Rashid, T. J., Martin, U., Clarke, H., Waller, D. G., Renwick, A. G., and George, C. F. Factors affecting the absolute bioavailability of nifedipine. Br J Clin Pharmacol 199; 40(1):51-58.

Rau SE, Bend JR, Arnold MO, et al. Grapefruit juice-terfenadine single-dose interaction: magnitude, mechanism, and relevance. Clin Pharmacol Ther 1997 61:401-9.

Reif S, Nicolson M, Bisset D, et al. Effect of grapefruit juice intake on etoposide bioavailability. Eur J Clin Pharmacol 200; 58:491-4..

Rincon, A. M., Vasquez, A. M., and Padilla, F. C. [Chemical composition and bioactive compounds of flour of orange (Citrus sinensis), tangerine (Citrus reticulata) and grapefruit (Citrus paradisi) peels cultivated in Venezuela]. Arch Latinoam Nutr 200; 55(3):305-310.

Robbins RC, Martin FG, Roe JM. Ingestion of grapefruit lowers elevated hematocrits in human subjects. Int J Vitam Nutr Res 198; 58:414-7.

Rogers JD, Zhao J, Liu L, et al. Grapefruit juice has minimal effects on plasma concentrations of lovastatin-derived 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase inhibitors. Clin Pharmacol Ther 199; 66:358-66.

Sakamoto S, Sato K, Maitani T, Yamada T. [Analysis of components in natural food additive “grapefruit seed extract” by HPLC and LC/MS]. Eisei Shikenjo Hokoku 199; 38-42.

Schmiedlin-Ren P, Edwards DJ, Fitzsimmons ME, et al. Mechanisms of enhanced oral availability of CYP3A4 substrates by grapefruit constituents. Decreased enterocyte CYP3A4 concentration and mechanism-based inactivation by furanocoumarins. Drug Metab Dispos 199; 25:1228-33.

Schubert W, Cullberg G, Edgar B, Hedner T. Inhibition of 17 beta-estradiol metabolism by grapefruit juice in ovariectomized women. Maturitas 199; 20:155-63.

Schwartz J, Weiss ST. Relationship between dietary vitamin C intake and pulmonary function in the First National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES I). Am J Clin Nutr 199; 59:110-4.

Schwarz, U. I., Johnston, P. E., Bailey, D. G., Kim, R. B., Mayo, G., and Milstone, A. Impact of citrus soft drinks relative to grapefruit juice on ciclosporin disposition. Br J Clin Pharmacol 200; 62(4):485-491.

Schwarz, U. I., Seemann, D., Oertel, R., Miehlke, S., Kuhlisch, E., Fromm, M. F., Kim, R. B., Bailey, D. G., and Kirch, W. Grapefruit juice ingestion significantly reduces talinolol bioavailability. Clin Pharmacol Ther 200; 77(4):291-301.

Shelton MJ, Wynn HE, Hewitt RG, DiFrancesco R. Effects of grapefruit juice on pharmacokinetic exposure to indinavir in HIV-positive subjects. J Clin Pharmacol 200; 41:435-42.

Sigusch, H., Henschel, L., Kraul, H., Merkel, U., and Hoffmann, A. Lack of effect of grapefruit juice on diltiazem bioavailability in normal subjects. Pharmazie 199; 49(9):675-679.

Sigusch, H., Hippius, M., Henschel, L., Kaufmann, K., and Hoffmann, A. Influence of grapefruit juice on the pharmacokinetics of a slow release nifedipine formulation. Pharmazie 199; 49(7):522-524.

Soldner A, Christians U, Susanto M, et al. Grapefruit juice activates P-glycoprotein-mediated drug transport. Pharm Res 199; 16:478-85.

Soons, P. A., Vogels, B. A., Roosemalen, M. C., Schoemaker, H. C., Uchida, E., Edgar, B., Lundahl, J., Cohen, A. F., and Breimer, D. D. Grapefruit juice and cimetidine inhibit stereoselective metabolism of nitrendipine in humans. Clin Pharmacol Ther 199; 50(4):394-403.

Sugimoto, K., Araki, N., Ohmori, M., Harada, K., Cui, Y., Tsuruoka, S., Kawaguchi, A., and Fujimura, A. Interaction between grapefruit juice and hypnotic drugs: comparison of triazolam and quazepam. Eur J Clin Pharmacol 200; 62(3):209-215.

Sullivan DM, Ford MA, Boyden TW. Grapefruit juice and the response to warfarin. Am J Health-Syst Pharm 199; 55:1581-3.

Takanaga H, Ohnishi A, Matsuo H, et al. Pharmacokinetic analysis of felodipine-grapefruit juice interaction based on an irreversible enzyme inhibition model. Br J Clin Pharmacol 200; 49:49-58.

Takanaga H, Ohnishi A, Murakami H, et al. Relationship between time after intake of grapefruit juice and the effect on pharmacokinetics and pharmacodynamics of nisoldipine in healthy subjects. Clin Pharmacol Ther 2000:67:201-14.

Tapaninen T, Neuvonen PJ, Niemi M. Orange and apple juice greatly reduce the plasma concentrations of the OATP2B1 substrate aliskiren. Br J Clin Pharmacol 201; 71:718-26.

Troisi RJ, Willett WC, Weiss ST, et al. A prospective study of diet and adult-onset asthma. Am J Respir Crit Care Med 199; 151:1401-8.

液体クロマトグラフィー/マススペクトロメトリーおよび自動オンライン抽出を用いた6つの主要なシトクロムP450酵素の活性に対するハーブ抽出物の阻害効力の同時測定Unger M、Frank A. Rapid Commun Mass Spectrom 200; 18:2273-81。

Uno T, Ohkubo T, Sugawara K, et al. Effects of grapefruit juice on the stereoselective disposition of nicardipine in humans: evidence for dominant presystemic elimination at the gut site. Eur J Clin Pharmacol 200; 56:643-9.

Uno, T., Ohkubo, T., Motomura, S., and Sugawara, K. Effect of grapefruit juice on the disposition of manidipine enantiomers in healthy subjects. Br J Clin Pharmacol 200; 61(5):533-537.

van Agtmael MA, Gupta V, van der Graaf CA, van Boxtel CJ. The effect of grapefruit juice on the time-dependent decline of artemether plasma levels in healthy subjects. Clin Pharmacol Ther 199; 66:408-14.

van Agtmael MA, Gupta V, van der Wosten TH, et al. Grapefruit juice increases the bioavailability of artemether. Eur J Clin Pharmacol 199; 55:405-10.

Varis T, Kivisto KT, Neuvonen PJ. Grapefruit juice can increase the plasma concentration of methylprednisolone. Eur J Clin Pharmacol 200; 56:489-93.

Veronese M, Burke J, Dorval E, et al. Grapefruit juice (GFJ) inhibits hepatic and intestinal CYP3A4 dose-dependently. Clin Pharmacol Ther 200; 67:151 (abstract PIII-37).

Veronese ML, Gillen LP, Burke JP, et al. Exposure-dependent inhibition of intestinal and hepatic CYP3A4 in vivo by grapefruit juice. J Clin Pharmacol 200; 43:831-9..

Von Woedtke T, Schluter B, Pflegel P, et al. Aspects of the antimicrobial efficacy of grapefruit seed extract and its relation to preservative substances contained. Pharmazie 199; 54:452-6.

Weber A, Jager R, Borner A, et al. Can grapefruit juice influence ethinylestradiol bioavailability?避妊199; 53:41-7.

Xiong H, Li Y, Slavik MF, Walker JT. Spraying chicken skin with selected chemicals to reduce attached Salmonella typhimurium. J Food Prot 199; 61:272-5.

Yasui N, Kondo T, Furukori H, et al. Effects of repeated ingestion of grapefruit juice on the single and multiple oral-dose pharmacokinetics and pharmacodynamics of alprazolam. Psychopharmacology(Berl)200; 150:185-90.

Yee, G. C., Stanley, D. L., Pessa, L. J., Dalla, Costa T., Beltz, S. E., Ruiz, J., and Lowenthal, D. T. Effect of grapefruit juice on blood cyclosporin concentration. Lancet 4-15-199; 345(8955):955-956.

Yin OQ, Gallagher N, Li A, et al. Effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of nilotinib in healthy participants. J Clin Pharmacol 201; 50:188-94.

Zaidenstein R, Avni B, Dishi V, et al. Effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of losartan in healthy volunteers. Clin Pharmacol Ther 199; 65:(abstract PI-60).

Zaidenstein R, Dishi V, Gips M, et al. The effect of grapefruit juice on the pharmacokinetics of orally administered verapamil. Eur J Clin Pharmacol 199; 54:337-40.

Zhang YD, Lorenzo B, Reidenberg MM. Inhibition of 11 beta hydroxysteroid dehydrogenase obtained from guinea pig kidney by furosemide, naringenin and some other compounds. J Steroid Biochem Mol Biol 199; 49:81-5.

Zitron E, Scholz E, Owen RW, et al. QTc prolongation by grapefruit juice and its potential pharmacological basis: HERG channel blockade by flavonoids. Circulation 200; 835:835-8.

自然薬総合データベースコンシューマバージョン。 Natural Medicines包括的なデータベースプロフェッショナルバージョンを参照してください。 ÂTherapeuticResearch Faculty 2009。

Ex。人参、ビタミンC、うつ病