グアーガム:用途、副作用、相互作用および警告

グアムグアー、ガムグアー、ガム粉、グアール粉、インドグアー植物、ジャガーガム、ソラレアテトゥリなどの植物病原菌からなる群から選択される、請求項1に記載の方法。すべての名前を見るCyamopsis psoraloides、Cyamopsis tetragonoloba、Cyamopsis tetragonolobus、食物繊維、Dolichos psoraloides、Farine de Guar、繊維Alimentaire、Goma Guar、Gomme de Guar、Gomme de Jaguar、Guar Flour、インドグアー植物、Jaguar Gum、Psoralea tetragonoloba;名前を隠す

グアーガムはグアー植物の種子由来の繊維である。グアーガムは下剤として使用されます。下痢、過敏性腸症候群(IBS)、肥満、および糖尿病の治療、コレステロールの低下、および動脈の硬化(アテローム性動脈硬化症)の予防のためにも使用される。食品および飲料において、グアーガムは、増粘剤、安定化剤、懸濁剤および結合剤として使用される。製造において、グアーガムは、錠剤中の結合剤として、およびローションおよびクリーム中の増粘剤として使用される。

グアーガムは、便の含水率を正常化し、下痢の過剰な液体を吸収し、便秘を解消する繊維です。また、胃や腸で吸収されるコレステロールとグルコースの量を減らすのに役立ちます。グアーガムは腸内で膨張して満腹感を覚えるため、グアーガムの使用にはいくつかの興味があります。これは食欲を低下させる可能性があります。

おそらく効果的なfo;便秘。ガアーガムを口に入れると、一部の人々の便秘を緩和するようです。下痢。重大なケア患者に与えられたチューブ給餌処方に特定のグアーガム製品(Novartis NutritionのBenefiber)を添加すると、下痢の発症を短くし、液体便の数を減らすことができる。このグアーガム製品はまた、下痢の子供の下痢のエピソードを短縮するようである。しかし、グアーガムはコレラで成人の下痢を改善するようではありません。高コレステロール(高コレステロール血症)。グアーガムをとることは、コレステロールの高い人のコレステロール値を低下させるようです。グアーガムとペクチンは、少量の不溶性繊維と一緒に摂取され、総量と「悪い」低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールを低下させるが、「高」高密度リポタンパク質(HDL)コレステロールまたは他の血液脂肪には影響しないトリグリセリド;高血圧(高血圧)。各食事でグアーガムをとると、高血圧の人の血圧が下がる可能性があります。しかし、グアーガムの効果はオオバコの影響よりも小さいようです。過敏性腸症候群(IBS)。グアールガムを口に入れると、IBS患者の胃の痛みを軽減し、便の機能や生活の質を改善する可能性があります。おそらく無効です。体重減少。ガアーガムを口に入れても、人々が体重を減らすのに役立たないようです。不十分な証拠。癌治療(化学療法)による下痢の予防。初期の研究では、プロバイオティックラクトバチルスラムノサスGGにグアーガムを添加しても、5-フルオロウラシル薬で癌治療を受けている人々の下痢は軽減しないことが示唆されています。糖尿病。いくつかの初期の研究では、グアールガムを食事とともに摂取すると、1型糖尿病患者の食後血糖値が低下する可能性があることが示唆されている。 2型糖尿病のグアーガムの有効性は不明であり、この分野の研究は相反しています。妊娠中の肝障害(肝内胆汁うっ滞)。初期の研究では、特定の顆粒グアーガム製品(Guarem)を服用すると、肝内胆汁うっ滞と呼ばれる特定の肝障害を有する妊婦の痒みや肝機能を改善しないことが示唆されています。動脈の硬化(アテローム性動脈硬化症);その他の条件。グアーガムの有効性を評価するには、より多くの証拠が必要です。

グアーガムは、少なくとも8オンスの液体を口に入れて摂取すると、ほとんどの人にとっては安全です。水は腸内の閉塞や発達の機会を減らすので重要です。副作用には、ガス発生量の増加、下痢、および便の緩みが含まれる。これらの副作用は、通常、使用の数日後に減少または消失する。グアーガムの高用量は、グアーガムの投与量で十分な液体を飲まないと、食道および腸の閉塞を引き起こす可能性があります。特別な予防措置と警告:妊娠と母乳授乳:妊娠中にグアーガムを典型的な量で服用することは可能です。しかし、母乳授乳中にグアーガムを服用することの安全性について十分には分かっていません。安全面にとどまり、使用を避けてください。糖尿病:グアールガムは血糖値を低下させることがあります。糖尿病を患っていてグアーガムを使用している場合は、低血糖(低血糖)の徴候を注意深く観察し、血糖値を注意深く監視してください。消化管(GI)の閉塞:食道または腸の閉塞または狭窄を引き起こす病気がある場合はグアーガムを服用しないでください。低血圧:グアーガムは血圧を下げる可能性があります。理論的には、グアーガムを摂取すると低血圧の人で血圧が低くなりすぎる可能性があります。外科手術:グアーガムは血糖値に影響する可能性があるため、手術中および手術後に血糖コントロールを妨げる可能性があります。予定された手術の少なくとも2週間前にグアーガムの服用を中止する。

エチニルエストラジオールはエストロゲンの一種であり、一部のエストロゲン製剤や避妊薬に含まれています。グアーガムは体が吸収するエチニルエストラジオールの量を減らすことができます。グアーガムをエストロゲンを含む医薬品とともに使用すると、エストロゲンの有効性が低下する可能性があります。

グアーガムは血糖値を下げる可能性があります。糖尿病薬は血糖を下げるためにも使用されます。グアールガムと糖尿病薬を併用すると、血糖値が低すぎる可能性があります。あなたの血糖値を注意深く監視してください。あなたの糖尿病の投薬量を変更する必要があるかもしれません。インスリン、ピオグリタゾン(Actos)、ロシグリタゾン(Avandia)、クロルプロパミド(Diabinese)、グリピジド(Glucotrol)、トルブタミド(Orinase)などの糖尿病治療薬の中には、グリメピリド(Amaryl)、グリベライド(DiaBeta、Glynase PresTab、Micronase) 。

グアーガムは、体がどの程度メトホルミンを吸収するかを減らすことができます。メトホルミンと共にグアーガムを採取すると、メトホルミンの有効性が低下する可能性があります。

グアーガムは、体がどれだけペニシリンを吸収するかを減らすことができます。グアーガムとペニシリンを併用すると、ペニシリンが感染症と戦う能力が低下する可能性があります。

一部の人々は、グアーガムが身体が吸収するジゴキシンの量を減らすことができると心配しています。しかし、グアーガムがジゴキシンの吸収に大きな影響を与えることは考えにくい。

以下の用量は科学的研究において研究されている; MOUT;便秘の場合:1日当たり12グラム。 1日4グラムの少量で開始し、望ましくない胃腸(GI)副作用を制限するために徐々に用量を増やしてください。糖尿病の場合:1日当たり15グラム。高コレステロールの場合:グアーガム1日当たり15グラムと5グラムの不溶性繊維と組み合わせたペクチン。過敏性腸症候群(IBS)の場合:部分加水分解グアーガム(PHGG)5グラム。 PHGGは化学的に処理されて液体に溶け、酸や熱によって分解されないグアーガムです。

参考文献

Adam、T.C。およびWesterterp-Plantenga、M.S.グルカゴン様ペプチド-1の放出および満腹時の満腹後の満腹感。 Br.J.Nutr。 200; 93(6):845-851。

筆者らは、シンチグラフィーを用いて、「証拠」を提供するためシンチグラフィを使用している結腸薬送達のために設計された新規な多糖類調製物についての「概念」である。 Pharm.Res。 199; 14(1):103-107。

【図2】図2は、本発明のグアーガム添加口腔水分補給剤の有効成分を示す図である。成人の重度のコレラ治療。消化200; 78(1):24-29。

Alam、NH、Meier、R.、Rausch、T.、Meyer-Wyss、B.、Hildebrand、P.、Schneider、H.、Bachmann、C.、Minder、E.、Fowler、B.、and Gyr、K 。部分加水分解グアーガムが炭水化物、タンパク質、脂肪の腸内吸収に及ぼす影響:ボランティアにおける二重盲検対照研究。 Clin.Nutr。 199; 17(3):125-129。

持続性下痢における部分的に加水分解されたグアーガム補充されたグアーガム:無作為化比較試験である。 Arch.Dis.Child 200; 90(2):195-199。

アラム、NH、マイヤー、R.、シュナイダー、H.、サッカー、SA、バルダン、PK、マハラナビス、D.、フックス、GJ、およびGyr、N.急性の治療における部分加水分解グアーガム補給経口再水和溶液子供の下痢J.Pediatr.Gastroenterol.Nutr。 200; 31(5):503-507。

A.、Yu、K.、Parasrampuria、J.、およびFriend、D.R.Guar gumベースの徐放性ジルチアゼムが挙げられるが、これらに限定されない。 Pharm.Res。 199; 15(8):1196-1201。

アンダーソン、J.W.食物繊維、複合炭水化物および冠状動脈疾患。 Can.J.Cardiol。 199; 11 Suppl G:55G-62G。

Aro、A.、Uusitupa、M.、Voutilainen、E.、and Korhonen、T.高コレステロール血症の男性被験者におけるグアーガムの効果。 Am.J.Clin.Nutr。 198; 39(6):911-916を参照のこと。

タイプ2のグアーガムによる長期栄養補給によって誘発される改善された糖尿病制御およびコレステロール低下効果(インスリン非依存性)糖尿病。 Diabetologia 198; 21(1):29-33。

アルセニオ、L.、カバッリ・スフォルツァ、L.T.、マグナティ、G.、およびストラタ、A. [肥満の治療における脱タンパクグアーフラワーの使用に関する臨床研究]。 Acta Biomed.Ateneo.Parmense。 198; 52(4):149-157。

テオフィリンの経口バイオアベイラビリティーに及ぼす多糖類の結腸分解の影響が制御放出親水性マトリックスからのものであることを示唆している。 Boll.Chim.Farm。 200; 142(10):454-460。

Bazzano、L.A低密度リポタンパク質コレステロールおよび冠動脈心疾患リスクに対する可溶性食物繊維の影響。 Curr.Atheroscler.Rep。 200; 10(6):473-477。

低エネルギー、高炭水化物、低脂肪食に繊維を加えることは、新たに診断された太りすぎタイプIIの管理に利益をもたらすか?糖尿病患者ですか? Br.Med.J.(Clin.Res.Ed)4-23-198; 296(6630):1147-1149。

Behall、K.M可溶性繊維の血漿脂質、耐糖能およびミネラルバランスに及ぼす影響。 Adv.Exp.Med.Biol。 199; 270:7-16。

NIDDM成人におけるグアーガムのミネラルバランスに対する効果。【非特許文献2】ベール、K.M。、スコフィールド、D.J。、マッキーアイ・エム・エム、ヴァン・デュイン、M.S。、レオ、ティー・エイ・アール、ミノノフスキー、糖尿病ケア198; 12(5):357-364。

Belo、G.M。、Diniz、Ada S.、およびPereira、A.P. [入院患者の機能性便秘の治療における部分的に加齢したグアーガムの効果]。 Arq Gastroenterol。 200; 45(1):93-95。

Bengmark、S.免疫栄養学:バイオサーファクタント、繊維、およびプロバイオティック細菌の役割。栄養学199; 14(7-8):585-594。

Bhardwaj、P.K.、Dasgupta、D.J.、Prashar、B.S。およびKaushal、S.S。固有の植物生成物によるLDLコレステロールの効果的な減少。 J.Indian Med.Assoc。 199; 92(3):80-81。

Birketvedt、G.S。、Shimshi、M.、Erling、T.、およびFlorholmen、J。体重減少の3つの異なる繊維補助剤による経験。 Med Sci Monit。 200; 11(1):I5-18。

胃腸内容物の粘度およびラットの灌流空腸からのグルコース取り込みに及ぼすグアーガムの効果を、Blackburn、N.A.およびJohnson、I.T。 Br.J.Nutr。 198; 46(2):239-246。

Blackburn、N.A.、Holgate、A.M。およびRead、N.W.グアーガムは、小腸接触面積を減少させることによってヒトにおける食後高血糖を改善するか? Br.J.Nutr。 198; 52(2):197-204。

ヒトにおける耐糖能改善のためのグアーガムの作用機序。【非特許文献2】J. Clin.Sci。(Lond)198; 66(3):329-336。

解重合されたグアーガムを補充した小麦パンは、高コレステロール血症ヒト被験者における血漿コレステロール濃度を低下させる。 Am.J.Clin.Nutr。 199; 65(1):107-113。

Brennan、C.S.食物繊維、血糖応答および糖尿病。 Mol Nutr Food Res 200; 49(6):560-570。

Barton、G.、Vitale、E.、Lavagnini、T.、Marescotti、C.、Duner、E.、Giorato、C.、およびTiengo、A.中期作用1型糖尿病患者の血漿アミノ酸および脂質に対する天然または抽出食物繊維の使用。糖尿病合併症。 2-15-198; 6(2):149-155。

Burrows、R.F。、Clavisi、O.、およびBurrows、E.妊娠中の胆汁うっ滞を治療するための介入(Cochrane Review)。 Cochrane Database.Syst Rev 200; 4:CD000493。

高コレステロール血症、高血糖および肥満の奇跡治療であるButt、M. S.、Shahzadi、N.、Sharif、M.K。およびNasir、M.Guar gum。 Crit Rev.Food Sci.Nutr。 200; 47(4):389-396。

Calvo-Rubio、Burgos M.、Montero Perez、FJ、Campos、Sanchez L.、Barco、Enriquez C.、Ruiz、Aragon J.、およびTapia、Berbel G. [通常の食事療法の補助食品としてのグアーガムの使用2型糖尿病。長期的な研究]。 Aten.Primaria 198; 6仕様書番号:20-5,28。

ラットの胃腸内容物の粘度および急性血糖応答に及ぼす可溶性食物繊維の影響。Cameron-Smith、D.、Collier、G.R.およびO’Dea、K。 Br.J.Nutr。 199; 71(4):563-571。

異なるレベルの脂質血症に分類された個体の血中脂質に対するエイコサペンタエン酸/ドコサヘキサエン酸および可溶性繊維の効果。カイコ、I.A.、Monteiro、V.C。、Barroso、L.P。およびBertolami栄養200; 23(2):127-137。

Chourasia、M.K。およびJain、S.K.コロンを標的としたドラッグデリバリーシステムへのアプローチ。 J.Pharm.Pharm.Sci。 200; 6(1):33-66。

結腸を標的とする薬物送達のための多糖類、Chourasia、M.K。およびJain、S.K。 Drug Deliv。 200; 11(2):129-148。

高血圧性太り過ぎ患者の血圧コントロールに対するオオバコおよびグアール栄養補助食品の異なる効果:6ヶ月間、無作為化臨床試験。 Clin.Exp.Hypertens。 200; 29(6):383-394。

Cohen、M.、Leong、V. W.、Salmon、E.、およびMartin、F. I.糖尿病の管理におけるグアーおよび食物繊維の役割。 Med.J.Aust。 1-26-198; 1(2):59-61。

Demin、A.A.およびMitrokhin、V.E。[高コレステロール血症とゲムフィブロジルおよびグアーガムとの併用療法の有効性]。 Kardiologiia。 199; 33(6):26-28。

Diaferia、A.、Nicastri、P.L.、Tartagni、M.、Loizzi、P.、Iacovizzi、C.、およびDi、Leo A.胆汁うっ滞を有する妊婦のウルソデオキシコール酸療法。 Int.J.Gynaecol.Obstet。 199; 52(2):133-140。

Diikeman、C.L.、Murphy、M.R.、およびFahey、G.C.、Jr.食物繊維は、溶液の粘度およびシミュレートされたヒトの胃および小腸の消化に影響を及ぼす。 J Nutr 200; 136(4):913-919。

それらの低血糖作用に関連してインビトロで測定された食物ガムの粘度。エドワード、C.A.、ブラックバーン、N.A.、クライゲン、L.、デビソン、P.、トムリン、J.、スグデン、K.、ジョンソン、I.T。 Am J Clin Nutr 198; 46(1):72-77。

Ellis、P.R.、Dawoud、F.M。およびMorris、E.R.グアー含有小麦パンに対する血糖、血漿インスリンおよび知覚応答:グアーガムの分子量および粒径の影響。 Br.J.Nutr。 199; 66(3):363-379。

糖尿病の管理に使用するグアールビスケットの評価:非糖尿病ボランティアにおける生理学的効果および嗜好性の試験。 Eur.J.Clin.Nutr。 198; 42(5):425-435。

グアーガムを含有する新しい朝食用シリアルは、食後の血漿グルコースおよびインスリン濃度を正常体重の被験者で減少させる。 Br.J.Nutr。 199; 76(1):63~73。

Fernandez、M.L.モルモットにおける食物繊維による血漿LDL低下の特異的メカニズム:ペクチン、グアーガム、およびサイリウムの特異的効果。 J.Lipid Res。 199; 36(11):2394-2404。

モルモットにおける食物溶解性繊維によるアポリポタンパク質B含有リポタンパク質の調節。Fernandez、M.L.、Vergara-Jimenez、M.、Conde、K.、Behr、T.およびAbdel-Fattah。 Am.J.Clin.Nutr。 199; 65(3):814-822。

高用量のS-アデノシル-L-メチオニン投与後の女性における妊娠の肝内胆汁うっ滞の逆転.C.Fizzato、G.、Chiesa、L.、Stramentinoli、G.およびDi Padova、C. Hepatology 198; 4(2):274-278。

Bischof-Delaloye、A.、Fried、M.、Erlacher、U.、Schwizer、W.、Lochner、C.、Koerfer、J.、Beglinger、C.Jansen、JB、Lamers、そして。ヒトにおける胃排出および膵臓酵素分泌の調節におけるコレシストキニンの役割コレシストキニン受容体拮抗薬loxiglumideの研究。消化器学199; 101(2):503-511。

非インスリン依存性糖尿病患者の血糖コントロール、血漿脂質および腸ホルモンに及ぼす影響をFuessl、H. S.、Williams、G.、Adrian、T. E.およびBloom、S. Diabet.Med。 198; 4(5):463-468。

過敏性腸症候群の治療における部分加水分解グアーガムの役割。栄養200; 22(3):334-342。

GIP濃度の変化と、グアーガム療法後のインスリンおよびC-ペプチド濃度の変化との関係。 Scand.J.Clin.Lab Invest 198; 46(6):505-510。

Gulliford、M.C.、Pover、G.G.、Bicknell、E.J。およびScarpello、J.H.Guarは、ヒトにおける腸のカルシウム吸収を遅延させる。 Eur.J.Clin.Nutr。 198; 42(5):451-454。

Gylling、H.およびMiettinen、T.A.スタチンとの併用療法。 Curr.Opin.Investig.Drugs 200; 3(9):1318-1323。

妊婦における肝内胆汁うっ滞および痒みの口腔グアーガム治療:血清コレスタノールおよび他の非コレステロールステロールに対する効果。 Eur.J.Clin.Invest 199; 28(5):359-363。

Hadley、S.K.およびGaarder、S.M.過敏性腸症候群の治療。 Am Fam.Physician 12-15-200; 72(12):2501-2506。

Halama、W.H. and Mauldin、J.L。グアルガム製剤による食道閉塞(カルバン3000)。 South.Med.J。 199; 85(6):642-645。

食物摂取量と胆汁酸濃度に及ぼす影響を検討した。肝動脈瘤学198; 30(4):131-133。

Harju、E.胃手術後の代謝障害。 Int.Surg。 199; 75(1):27-35。

健康被験者における血漿コレステロール上昇の管理における水可溶性食物繊維の役割。Haskell、W.L.、Spiller、G.A.、Jensen、C.D.、Ellis、B.K.、and Gates、J. Am J Cardiol。 2-15-199; 69(5):433-439。

食後のグルコースに対する食物のアミロペクチン比と健常人におけるインスリン応答との相互作用。 Eur.J.Clin.Nutr。 199; 49(6):446-457。

空腹時および食後の満腹感および満腹感ホルモンに対する加水分解グアー繊維の効果:二重盲検、プラセボ対照制御された体重減少の間の試験。 Int.J.Obes.Relat Metab Disord。 199; 22(9):906-909。

Higham、S.E。およびRead、N.W.グアーガムの腸瘻流出物に対する摂取の影響。 Br.J.Nutr。 199; 67(1):115-122。

胃内ゲル化のin vivoイメージングとその効果人間の満腹感についてJ.Nutr。 200; 134(9):2293-2300。

ホルマン、R.R.、Steemson、J.、Darling、P.、およびTurner、R.C。NIDDMにおけるグアー投与による血糖値の利点はない。糖尿病ケア198; 10(1):68-71。

グルコースおよびパラセタモールの胃排出および吸収に及ぼすゲル繊維の効果。ホルト、S.、ヘディング、R.C.、カーター、D.C.、プレスコット、L.F.およびTothill、ランセット3-24-197; 1(8117):636-639。

ホーマー、H.H.、Kemen、M.、Fuessenich、C.、Senkal、M.、およびZumtobel、V.可溶性繊維による下痢発症の減少は、全経腸栄養補給を受ける患者において減少する。 JPEN J.Parenter.Enteral Nutr。 199; 18(6):486-490。

Huang、C.T.、Gopalakrishna、G.S.、およびNichols、B.L.Fiber、腸ステロールおよび結腸癌が含まれるが、これらに限定されない。 Am.J.Clin.Nutr。 197; 31(3):516-526。

食物繊維を用いた高コレステロール血症の長期治療法、 。 Am.J.Med。 199; 97(6):504-508。

ジェイコブス、L.R.食物繊維と癌の関係:代謝、生理学、および細胞メカニズム。 Proc Soc Exp.Biol.Med 198; 183(3):299-310。

グアールおよびペクチンによる食後インスリンおよびグルコース濃度の減少。 Ann.Intern.Med。 197; 86(1):20-23。

Jenkins、D.J.、Newton、C.、Leeds、A.R.、およびCummings、J.H。ペクチン、グアーガムおよび小麦繊維が血清コレステロールに及ぼす影響。ランセット5-17-197; 1(7916):1116-1117。

Jenkins、D.J.、Wolever、T.M.、Haworth、R.、Leeds、A.R.、およびHockaday、T. D. Guar gum in Diabetes。ランセット11-13-197; 2(7994):1086-1087。

Johansen、K.グアールを有するインスリン非依存性糖尿病患者における尿中グルコース排泄量および血漿コレステロール値の低下。 Diabete Metab 198; 7(2):87-90。

低用量グアールは、糖尿病のコントロールを改善する。 J.R.Soc.Med。 198; 78(7):546-548。

M. Guarガムは、高齢者の食後の低血圧を減少させる。 J.Am.Geriatr.Soc。 200; 49(2):162-167。

デキサメタゾンの送達:薬物動態学的評価である、ケニオン、C.J.、ナルディ、R.V.、ウォン、D.、フーパー、G.、ワーリング、I.R。 Aliment.Pharmacol.Ther。 199; 11(1):205-213。

グアガムが血中脂質に及ぼす影響を、カーン、エイ。アール、カーン、ジェイ。イー。、ミッチェル、エイ。 Am.J.Clin.Nutr。 198; 34(11):2446-2449。

食欲および体重減少に対する低エネルギー半固体食への変性グアーガムの添加の効果。 。 Int.J.Obes.Relat Metab Disord。 200; 25(3):307-315。

肥満男性における自発的食事の開始と血糖動態との間の負のエネルギーバランスにおける関連性、Kovacs、E.M。、Westerterp-Plantenga、M.S。、Saris、W.H.、Melanson、K.J.、Goossens、I.、Geurten、P.およびBrouns、F. Br.J.Nutr。 200; 87(1):39-45。

血糖に関連した食欲に対する半固体の食事へのグアーガムの添加の効果、ダイエット中の男性。 Eur.J.Clin.Nutr。 200; 56(8):771-778。

Krarup、T.およびSestoft、L. [グアールガム(Slocose)がインスリン処置糖尿病の血糖に及ぼす影響の欠如]。 Ugeskr.Laeger 11-3-198; 142(45):2979-2981。

健康なヒトボランティアにおけるグアガムベースの結腸標的薬物送達系のオルニナゾールのin vivo評価。 J.Drug Target 200; 11(2):109-115。

ヒトボランティアにおけるセレコキシブのグアルガムベースの結腸標的経口薬物送達システムの生体内評価。 Eur.J.Drug Metab Pharmacokinet。 200; 27(4):273-280。

ヒトボランティアにおけるインビボ薬物動態学:経口投与グアーガムベースの結腸標的化5-フルオロウラシル錠剤、Krishnaiah、Y.S.S.、Satyanarayana、V.、Dinesh、Kumar B.、Karthikeyan、R.S。およびBhaskar、 Eur.J.Pharm.Sci。 200; 19(5):355-362。

グアガムベースの結腸標的経口薬物送達系の薬物動態学的評価(Gris et al。健康なボランティアのメトロニダゾールのEur.J.Drug Metab Pharmacokinet。 200; 28(4):287-294。

健康なボランティアにおけるメベンダゾールのグアーガムベースの結腸標的ドラッグデリバリーシステムの薬物動態学的評価、 J.Control Release 2-14-200; 88(1):95-103。

Kritchevsky、D.食物繊維および脂質代謝。 Int.J.Obes。 198; 11 Suppl 1:33-43。

Krotkiewski、M。グアーガムが動脈血圧に及ぼす影響。 Acta Med.Scand。 198; 222(1):43-49。

Kuo、D.C.、Hsu、S.P.およびChien、C.T.部分加水分解グアーガムサプリメントは、高脂肪食を減らして血中脂質および酸化ストレスを増加させ、FeCl3誘発急性動脈損傷をハムスターで改善する。 J.Biomed.Sci。 200; 16:15。

【請求項2】請求項1に記載の組成物を含有することを特徴とする腸内細菌叢。 JPEN J.Parenter.Enteral Nutr。 199; 16(6):538-544。

Landin、K.、Holm、G.、Tengborn、L.、およびSmith、U. Guarガムは、健康な男性のインスリン感受性、血中脂質、血圧、およびフィブリン溶解を改善する。 Am.J.Clin.Nutr。 199; 56(6):1061-1065。

粘液性親水コロイドの低レベルは、主としてコレステロール吸収を損なうことによってラットの血漿コレステロールを低下させる。 J.Nutr。 200; 130(2):243-248。

Ma、C.B。およびHart、L.L.Guarガム、高脂血症。 DICP。 199; 24(5):480-482。

閉経後の女性におけるグアーガムの代謝効果およびマコネン(M. Makkonen)M. Simpanen、A.L.、Saarikoski、S.、Uusitupa、M.、Penttila、I.、Silvasti、M.およびKorhonen、P。 Gynecol.Endocrinol。 199; 7(2):135-141。

糖尿病患者の糖尿病患者の糖尿病患者における糖尿病患者の心不全リスク2糖尿病は英国のプライマリケア施設でも認められています。糖尿病ケア200; 28(1):20-26。

Mattes、R. D.太りすぎのヒトの食欲とエネルギー摂取に及ぼす複合繊維システムの影響。 Physiol Behav。 4-23-200; 90(5):705-711。

グアールガムが血中脂質に長期間作用すると、McIvor、M.E。、Cummings、C.C.、Van Duyn、M.A.、Leo、T.A.、Margolis、S.、Behall、K.M。、Michnowski、J.E。およびMendeloff、A.アテローム性動脈硬化症198; 60(1):7-13。

Meier、R.、Burri、E.、およびSteuerwald、M。下痢症候群における栄養の役割。 Curr.Opin.Clin.Nutr.Metab Care 200; 6(5):563-567。

ガーゴガムが炭水化物、脂肪およびタンパク質刺激腸ホルモン分泌に及ぼす影響:食後胃阻害性ポリペプチドおよびガストリンの改変(Morgan、LM、Tredger、JA、Madden、A.、Kwasowski、P.、およびMarks、反応。 Br.J.Nutr。 198; 53(3):467-475。

循環胆汁酸、ヒト被験者の脂肪食後のホルモンおよび代謝産物レベルに対する非澱粉多糖補充の効果。Morgan、L.M。、Tredger、J.A.、Shavila、Y.、Travis、J.S。 Br.J.Nutr。 199; 70(2):491-501。

ラットのグアーガムに与えるステロールおよび胆汁酸の糞便損失は、プールサイズおよび肝臓胆汁酸分泌の増加に起因する。 J.Nutr。 199; 127(6):1068-1076。

Musial、W.およびKubis、A。[結腸特異的薬物送達のための生分解性ポリマー]。 Polim.Med。 200; 35(4):51-61。

Naveau、S.、Poynard、T.、Freville、C.、Poitrine、A.、Preaux、N.およびChaput、J.C。[グアーガムがヒトのエタノール吸収に及ぼす影響]。 Gastroenterol.Clin.Biol。 198; 7(4):424-425。

2型糖尿病における血糖コントロールおよび血清脂質に対するグアーガムおよび微晶質セルロースの長期的影響。【非特許文献2】K. Eur.J.Clin.Pharmacol。 198; 34(4):427-429。

Nuttall、F. Q.糖尿病の管理における食物繊維。糖尿病199; 42(4):503-508。

O’Donovan、D.、Feinle-Bisset、C.、Chong、C.、Cameron、A.、Tonkin、A.、Wishart、J.、Horowitz、M.およびJones、KL Intraduodenal guarは、健康な高齢者におけるグルコースによって誘発される圧力。 J.Gerontol.A Biol.Sci.Med.Sci。 200; 60(7):940-946。

【請求項2】請求項1に記載の方法であって、以下の工程を含む方法:(a)パルマ、J.、レイエス、H.、リバルタ、J.、エルナンデス、I.、サンダルバン、L.、アルムナ、R.、リエピンズ、J.リラ、F.Sedano、M.Silva、 Toha、D.、およびSilva、JJ Ursodeoxycholic acid(妊娠中の胆汁うっ滞の治療):プラセボで制御された無作為化二重盲検試験。 J.Hepatol。 199; 27(6):1022-1028。

運動中のカロ二水和物代謝に及ぼすカプセル化された可溶性繊維の効果。Parcell、A.C.、Ray、M.L.、Moss、K.A。、Ruden、T.M.、Sharp、R.L. Int.J.Sport Nutr。 199; 9(1):13-23。

カルダラ、M.、カルダン、F.、ファエード、A.、ゴールディン、D.、マリーノ、M.、パンタレナ、M.、タフナー、G.、ヴェルディアネリ、G.、 Zilli、M.、およびLeandro、G.過敏性腸症候群の患者の症状および生活の質に部分的に加水分解されたグアーガムの治療効果。多施設ランダム化オープン試験。 Dig.Dis.Sci。 200; 50(6):1107-1112。

減量した女性の体重維持に及ぼす長期繊維補給の有効性を検討した。 Int.J.Obes.Relat Metab Disord。 199; 21(7):548-555。

Patel、M.、Shah、T.、およびAmin、A.結腸特異的ドラッグデリバリーシステムにおける治療的機会。 Crit Rev.Dher.Drug Carrier Syst。 200; 24(2):147-202。

パルプリック、P.G.、ゴーマン、S.M.、マルクス、S.C.、DeLegge、M.H.、およびGreenberg、N.A。部分加水分解グアーガムのサプリメントが便秘の発生および下剤の使用に及ぼす影響。 J.Am.Diet.Assoc。 199; 98(8):912-914。

血中コレステロール、腸内輸送、糞便排出量に及ぼす食餌性グアールの影響を検討した。おとこ。 Am.J.Gastroenterol。 198; 81(2):123-125。

Pergola、F. [便秘治療における新しい治療法(beidellian montmorillonite-guar gum)の評価]]。 Ann.Gastroenterol.Hepatol。(Paris)198; 23(1):43-46。

Pittler、M.H.およびErnst、E.体重減少のための栄養補助食品:系統的レビュー。 Am.J.Clin Nutr。 200; 79(4):529-536。

Pittler、M.H.、Schmidt、K.、およびErnst、E.体重減少のためのハーブ栄養補助食品の有害事象:系統的レビュー。 Obes.Rev。 200; 6(2):93-111。

発酵性繊維である濃縮ベータグルカンは、高コレステロール血症成人において血清コレステロールを低下させる、無作為化対照試験である。 Nutr.J. 200; 6:6。

Rajala、S.A.、Salminen、S.J.、Seppanen、J.H.、およびVapaatalo、H.高齢者の入院患者におけるグアーガムおよび小麦ふすまを添加したラクチトール甘味料入りヨーグルトによる慢性便秘の治療。 Compr.Gerontol.A 198; 2(2):83-86。

生理的高血糖症の際の胆汁うっ滞および幽門運動に対するコレシストキニンの効果。レイノルズ、C.K。、パーク、H.S。、ドーラン、S.M。、チャップマン、I.M。 Am.J.Physiol Gastrointest.Liver Physiol 200; 278(1):G98-G104。

糖尿病のコントロールおよび食後の腸ホルモン応答に対するα-グルコシダーゼ阻害および粘性繊維の効果。Requejo、F.、Uttenthal、L.O.およびBloom、S.R. Diabet.Med。 199; 7(6):515-520。

Ribalta、J.、Reyes、H.、Gonzalez、MC、Iglesias、J.、Arrese、M.、Poniachik、J.、Molina、C.およびSegovia、N.S-アデノシル-L-メチオニンの妊娠中肝胆汁うっ滞を有する患者:無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験で陰性結果を示した。 Hepatology 199; 13(6):1084-1089。

Rideout、T.C.、Harding、S.V.、Jones、P.J.、およびFan、M.Z.グアーガムおよびコレステロール代謝の調節における類似の可溶性繊維:現在の理解および今後の研究の優先事項。 Vasc.Health Risk Manag。 200; 4(5):1023-1033。

グアールガム消費は、アテローム発生食餌を与えたブタにおける肝臓核SREBP2およびLDL受容体発現を増加させる。 J.Nutr。 200; 137(3):568-572。

ゲル形成性食物繊維は、妊娠の肝内胆汁うっ滞において掻痒を緩和する。 Acta Obstet.Gynecol.Scand。 200; 79(4):260-264。

腸内栄養に関するICU患者の繊維強化食による下痢のコントロール:無作為無作為化比較試験。 Clin.Nutr。 200; 23(6):1344-1352。

健康な被験者における半固形食の胃排出に及ぼすグアーガムおよび繊維強化小麦ふすまの効果。 Scand.J.Gastroenterol。 198; 20(3):330-334。

Ryle、A.J.、Davie、S.、Gould、B.J.、およびYudkin、J.S。正常被験者におけるグリコシル化ヘモグロビンおよびアルブミンレベルおよびグルコース耐性に対する食餌の効果の研究。 Diabet.Med。 199; 7(10):865-870。

Sadhukhan、B.、Roychowdhury、U.、Banerjee、P.、およびSen、S.ハーブ抗糖尿病製品の臨床評価。 J.Indian Med.Assoc。 199; 92(4):115-117。

頸動脈内膜切除術後の脂質代謝に対するグアーガムの長期効果。 BMJ 1-14-199; 310(6972):95-96。

Saper、R.B.、Eisenberg、D.M.、およびPhillips、R.S.S減量のための一般的な栄養補助食品。 Am.Fam.Physician 11-1-200; 70(9):1731-1738。

Schonfeld、J.、Evans、D.F。およびWingate、D.L.ヒト小腸における食後運動活動に対する粘性繊維(グアー)の効果。 Dig.Dis.Sci。 199; 42(8):1613-1617。

Sengupta、S.、Tjandra、J.J.、およびGibson、P.R.食物繊維および結腸直腸新生物。 Dis.Colon Rectum 200; 44(7):1016-1033。

健康な被験者の食後のグルコースおよびインスリン濃度に対するispaghula huskおよびguarガムの効果。Sierra、M.、Garcia、J.J。、Fernandez、N.、Diez、M.J。、Calle、A.P。およびSahagun、 Eur.J Clin Nutr 200; 55(4):235-243。

サイアンス、L.A.、Gayst、S.、Balasubramaniam、S.、およびRuys、J.グアーガムの新しい美味しい製剤と高コレステロール血症の長期治療。アテローム性動脈硬化症198; 45(1):101-108。

結腸特異的薬物送達におけるSinha、V.R.およびKumria、R.多糖類。 Int.J.Pharm。 8-14-200; 224(1-2):19-38。

結腸特異的薬物送達のために調製された多糖錠剤の崩壊の時間および部位のインビボ評価を、Sinha、V.R.、Mittal、B.R.およびKumria、R。 Int.J.Pharm。 1-31-200; 289(1-2):79-85。

Slavin、J.L.およびGreenberg、N.A。部分的に加水分解されたグアーガム:臨床栄養が使用される。栄養200; 19(6):549-552。

Smith、U.食物繊維、糖尿病および肥満。 Int.J.Obes。 198; 11 Suppl 1:27-31。

Stack、P.E。およびThomas、E. Pharmacobezoar:進化する新しい実体。 Dig.Dis。 199; 13(6):356-364。

Stahl、M.およびBerger、W. [グアーガム、小麦ふすまおよびプラセボとII型糖尿病患者の炭水化物および脂質代謝との比較]。 Schweiz.Med.Wochenschr。 3-24-199; 120(12):402-408。

Stokholm、K.H.、Lauritsen、K.B.およびLarsen、S.非インスリン依存性糖尿病患者におけるグアーガム補給中の糖尿病の軽減。二重盲検ランダム化クロスオーバー試験。 Dan.Med.Bull。 198; 28(1):41-42。

Pasu、E.、Bruno、A.、Marena、S.、Cavallo-Perin、P.、Cravero、L.、およびPagano、G.中等度グアール、 gum addition to usual diet improves peripheral sensitivity to insulin and lipaemic profile in NIDDM. Diabete Metab 198; 11(6):380-385.

Tai, E. S., Fok, A. C., Chu, R., and Tan, C. E. A study to assess the effect of dietary supplementation with soluble fibre (Minolest) on lipid levels in normal subjects with hypercholesterolaemia. Ann Acad.Med Singapore 199; 28(2):209-213.

Theuwissen, E. and Mensink, R. P. Water-soluble dietary fibers and cardiovascular disease. Physiol Behav。 5-23-200; 94(2):285-292.

Tomlin, J. and Read, N. W. The relation between bacterial degradation of viscous polysaccharides and stool output in human beings. Br.J.Nutr。 198; 60(3):467-475.

Tonstad, S. [Dietary supplementation in the treatment of hyperlipidemia]. Tidsskr.Nor Laegeforen。 11-20-199; 111(28):3398-3400.

Trinick, T. R., Laker, M. F., Johnston, D. G., Keir, M., Buchanan, K. D., and Alberti, K. G. Effect of guar on second-meal glucose tolerance in normal man. Clin.Sci.(Lond) 198; 71(1):49-55.

Truswell, A. S. Dietary fibre and blood lipids. Curr.Opin.Lipidol. 199; 6(1):14-19.

Tugcu-Demiroz, F., Acarturk, F., Takka, S., and Konus-Boyunaga, O. In-vitro and in-vivo evaluation of mesalazine-guar gum matrix tablets for colonic drug delivery. J.Drug Target 200; 12(2):105-112.

Tuomilehto, J., Karttunen, P., Vinni, S., Kostiainen, E., and Uusitupa, M. A double-blind evaluation of guar gum in patients with dyslipidaemia. Hum.Nutr.Clin.Nutr. 198; 37(2):109-116.

Tuomilehto, J., Silvasti, M., Aro, A., Koistinen, A., Karttunen, P., Gref, C. G., Ehnholm, C., and Uusitupa, M. Long term treatment of severe hypercholesterolaemia with guar gum.アテローム性動脈硬化症198; 72(2-3):157-162.

Tuomilehto, J., Silvasti, M., Manninen, V., Uusitupa, M., and Aro, A. Guar gum and gemfibrozil–an effective combination in the treatment of hypercholesterolaemia.アテローム性動脈硬化症198; 76(1):71-77.

Tuomilehto, J., Voutilainen, E., Huttunen, J., Vinni, S., and Homan, K. Effect of guar gum on body weight and serum lipids in hypercholesterolemic females. Acta Med.Scand. 198; 208(1-2):45-48.

Turner, P. R., Tuomilehto, J., Happonen, P., La Ville, A. E., Shaikh, M., and Lewis, B. Metabolic studies on the hypolipidaemic effect of guar gum. Atherosclerosis 199; 81(2):145-150.

Ullrich, I. H. Evaluation of a high-fiber diet in hyperlipidemia: a review. J.Am.Coll.Nutr。 198; 6(1):19-25.

Uusitupa, M. [The use of guar gum in treating hypercholesterolemia]. Ter.Arkh。 199; 63(8):70-72.

Uusitupa, M., Siitonen, O., Savolainen, K., Silvasti, M., Penttila, I., and Parviainen, M. Metabolic and nutritional effects of long-term use of guar gum in the treatment of noninsulin-dependent diabetes of poor metabolic control. Am.J.Clin.Nutr。 198; 49(2):345-351.

Uusitupa, M., Sodervik, H., Silvasti, M., and Karttunen, P. Effects of a gel forming dietary fiber, guar gum, on the absorption of glibenclamide and metabolic control and serum lipids in patients with non-insulin-dependent (type 2) diabetes. Int.J.Clin.Pharmacol.Ther.Toxicol. 199; 28(4):153-157.

Uusitupa, M., Tuomilehto, J., Karttunen, P., and Wolf, E. Long term effects of guar gum on metabolic control, serum cholesterol and blood pressure levels in type 2 (non-insulin-dependent) diabetic patients with high blood pressure. Ann.Clin.Res. 198; 16 Suppl 43:126-131.

Vaaler, S., Hanssen, K. F., Dahl-Jorgensen, K., Frolich, W., Aaseth, J., Odegaard, B., and Aagenaes, O. Diabetic control is improved by guar gum and wheat bran supplementation. Diabet.Med。 198; 3(3):230-233.

慢性虚血性心疾患に有益な食物繊維であるか? J Assoc.Physiciansインド200; 48(9):871-876.

Van de Ven, M. L., Westerterp-Plantenga, M. S., Wouters, L., and Saris, W. H. Effects of liquid preloads with different fructose/fibre concentrations on subsequent food intake and ratings of hunger in women.食欲199; 23(2):139-146.

Van Duyn, M. A., Leo, T. A., McIvor, M. E., Behall, K. M., Michnowski, J. E., and Mendeloff, A. I. Nutritional risk of high-carbohydrate, guar gum dietary supplementation in non-insulin-dependent diabetes mellitus.糖尿病ケア198; 9(5):497-503.

Vinik, A. I. and Jenkins, D. J. Dietary fiber in management of diabetes.糖尿病ケア198; 11(2):160-173.

Wahren, J., Juhlin-Dannfelt, A., Bjorkman, O., DeFronzo, R., and Felig, P. Influence of fibre ingestion on carbohydrate utilization and absorption. Clin.Physiol 198; 2(4):315-321.

Williams, J. A., Lai, C. S., Corwin, H., Ma, Y., Maki, K. C., Garleb, K. A., and Wolf, B. W. Inclusion of guar gum and alginate into a crispy bar improves postprandial glycemia in humans. J.Nutr。 200; 134(4):886-889.

Wolever, T. M., Jenkins, D. J., Nineham, R., and Alberti, K. G. Guar gum and reduction of post-prandial glycaemia: effect of incorporation into solid food, liquid food, and both. Br.J.Nutr。 197; 41(3):505-510.

Wolf, B. W., Wolever, T. M., Lai, C. S., Bolognesi, C., Radmard, R., Maharry, K. S., Garleb, K. A., Hertzler, S. R., and Firkins, J. L. Effects of a beverage containing an enzymatically induced-viscosity dietary fiber, with or without fructose, on the postprandial glycemic response to a high glycemic index food in humans. Eur.J.Clin.Nutr。 200; 57(9):1120-1127.

Wolffenbuttel, B. H., Sels, J. P., Heesen, B. J., Menheere, P. P., and Nieuwenhuijzen Kruseman, A. C. [Effects of dietary fiber and insulin treatment on serum levels of lipids and lipoprotein (a) in patients with type II diabetes mellitus]. Ned.Tijdschr.Geneeskd。 4-11-199; 136(15):739-742.

Yamashita, S., Ishigami, M., Arai, T., Sakai, N., Hirano, K., Kameda-Takemura, K., Tokunaga, K., and Matsuzawa, Y. Very high density lipoproteins induced by plasma cholesteryl ester transfer protein (CETP) have a potent antiatherogenic function. Ann.N.Y.Acad.Sci。 1-17-199; 748:606-608.

Brown L, Rosner B, Willett WW, Sacks FM. Cholesterol-lowering effects of dietary fiber: a meta-analysis. Am J Clin Nutr 199; 69:30-42.

Chuang LM, Jou TS, Yang WS, et al. Therapeutic effect of guar gum in patients with non-insulin-dependent diabetes mellitus. J Formos Med Assoc 199; 91:15-9.

Collins TF, Welsh JJ, Black TN, et al. Study of the teratogenic potential of guar gum. Food Chem Toxicol 198; 25:807-814..

ニンジン、キャベツ、リンゴ、ふすまの食物繊維に対するCoulings、J.H.、Branch、W.、Jenkins、D.J.、Southgate、D.A.、Houston、H.およびJames、W.P。 Lancet 197; 1(8054):5-9。

Ebeling P, Yki-Jarvinen H, Aro A, et al. Glucose and lipid metabolism and insulin sensitivity in type 1 diabetes: the effect of guar gum. Am J Clin Nutr 198; 48:98-103.

連邦規則の電子コード。 Title 21.パート182 – 一般的に安全と認められる物質。利用可能:http://ecfr.gpoaccess.gov/cgi/t/text/text-idx?c=ecfr&sid= 786bafc6f6343634fbf79fcdca7061e1&rgn = div5&view = text&node = 21:3.0.1.1.13&idno = 21

Floreani A., Paternoster D., Melis A., Grella P. V. S-adenosylmethionine versus ursodeoxycholic acid in the treatment of intrahepatic cholestasis of pregnancy: preliminary results of a controlled trial. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 199; 67(2):109-113.

Frezza M, Centini G, Cammareri G, et al. S-adenosylmethionine for the treatment of intrahepatic cholestasis of pregnancy. Results of a controlled clinical trial.肝臓摘出術199; 37:122-5.

Fugh-Berman、A.ハーブ – ドラッグ相互作用。ランセット200; 355(9198):134-138。

Garcia JJ, Fernandez N, Diez MJ, et al. Influence of two dietary fibers in the oral bioavailability and other pharmacokinetic parameters of ethinyloestradiol. Contraception 200; 62:253-7.

Gatenby SJ, Ellis PR, Morgan LM, Judd PA. Effect of partially depolymerized guar gum on acute metabolic variables in patients with non-insulin-dependent diabetes. Diabet Med 199; 13:358-64.

Gin H, Orgerie MB, Aubertin J. The influence of Guar gum on absorption of metformin from the gut in healthy volunteers. Horm Metab Res 198; 21:81-3.

Groop PH, Aro A, Stenman S, Groop L. Long-term effects of guar gum in subjects with non-insulin-dependent diabetes mellitus. Am J Clin Nutr 199; 58:513-8.

Huupponen R, Seppala P, Iisalo E. Effect of guar gum, a fibre preparation, on digoxin and penicillin absorption in man. Eur J Clin Pharmacol 198; 26:279-81.

Jensen CD、Haskell W、Whittam JH。健康な男性および女性における高コレステロール血症の管理における水溶性食物繊維の長期的効果。 Am J Cardiol 199; 79:34-7。

Jensen CD、Spiller GA、Gates JE、et al。ヒトの血中脂質に対するアカシアガムと水溶性食物繊維混合物の影響。 J Am Coll Nutr 199; 12:147-54。

Kaaja RJ, Kontula KK, Raiha A, Laatikainen T. Treatment of cholestasis of pregnancy with peroral activated charcoal.予備的な研究。 Scand J Gastroenterol 199; 29:178-81.

Knopp RH, Superko HR, Davidson M, et al. Long-term blood cholesterol-lowering effects of a dietary fiber supplement. Am J Prev Med 199; 17:18-23.

Lagier F, Cartier A, Somer J, et al. Occupational asthma caused by guar gum. J Allergy Clin Immunol 199; 85:785-90.

Lalor BC, Bhatnagar D, Winocour PH, et al. Placebo-controlled trial of the effects of guar gum and metformin on fasting blood glucose and serum lipids in obese, type 2 diabetic patients. Diabet Med 199; 7:242-5.

Lembcke B, Hasler K, Kramer P, et al. Plasma digoxin concentrations during administration of dietary fibre (guar gum) in man. Z Gastroenterol 198; 2; 164-7.

Lewis JH. Esophageal and small bowel obstruction from guar gum-containing diet pills: analysis of 26 cases reported to the FDA. Am J Gastroenterol 199; 87:1424-8.

Malo JL, Cartier A, L’Archeveque J, et al. Prevalence of occupational asthma and immunologic sensitization to guar gum among employees at a carpet-manufacturing plant. J Allergy Clin Immunol 199; 86:562-9.

Nicastri P. L., Diaferia A., Tartagni M., Loizzi P., Fanelli M. A randomised placebo-controlled trial of ursodeoxycholic acid and S-adenosylmethionine in the treatment of intrahepatic cholestasis of pregnancy. Br J Obstet Gynaecol 199; 105(11):1205-1207.

Osterlund P, Ruotsalainen T, Korpela R, et al. Lactobacillus supplementation for diarrhoea related to chemotherapy of colorectal cancer: a randomised study. Br J Cancer 200; 97:1028-34.

Parisi GC, Zilli M, Miani MP, et al. High-fiber diet supplementation in patients with irritable bowel syndrome (IBS): a multicenter, randomized, open trial comparison between wheat bran diet and partially hydrolyzed guar gum (PHGG). Dig Dis Sci 200; 47:1697-704..

Patrick PG, Gohman SM, Marx SC, et al. Effect of supplements of partially hydrolyzed guar gum on the occurrence of constipation and use of laxative agents. J Am Diet Assoc 199; 98:912-4.

Pittler MH, Ernst E. Guar gum for body weight reduction: Meta-analysis of randomized trials. Am J Med 200; 110:724-30.

Russo A, Stevens JE, Wilson T, et al. Guar attenuates fall in postprandial blood pressure and slows gastric emptying of oral glucose in type 2 diabetes. Dig Dis Sci 200; 48:1221-9.

Scheen AJ. Clinical pharmacokinetics of metformin. Clin Pharmacokinet 199; 30:359-71.

Schneider DL, Barrett-Connor EL, Morton DJ. Thyroid hormone use and bone mineral density in elderly men. Arch Intern Med 199; 155:2005-7.

Spapen H, Diltoer M, Van Malderen C, et al. Soluble fiber reduces the incidence of diarrhea in septic patients receiving total enteral nutrition: a prospective, double-blind, randomized, and controlled trial. Clin Nutr 200; 20:301-5..

Superko HR, Haskell WL, Sawrey-Kubicek L, Farquhar JW. Effects of solid and liquid guar gum on plasma cholesterol and triglyceride concentrations in moderate hypercholesterolemia. Am J Cardiol 198; 62:51-55..

Takahashi H, Wako N, Okubo T, et al. Influence of partially hydrolyzed guar gum on constipation in women. JNutr Sci Vitaminol(Tokyo)199; 40:251-9.

Todd PA, Benfield P, Goa KL. Guar gum. A review of its pharmacological properties, and use as a dietary adjunct in hypercholesterolaemia. Drugs 199; 39:917-28..

Vuorinen-Markkola H, Sinisalo M, Koivisto VA. Guar gum in insulin-dependent diabetes: effects on glycemic control and serum lipoproteins. Am J Clin Nutr 199; 56:1056-1060.

自然薬総合データベースコンシューマバージョン。 Natural Medicines包括的なデータベースプロフェッショナルバージョンを参照してください。 ÂTherapeuticResearch Faculty 2009。

Ex。人参、ビタミンC、うつ病