グアラナ:使用、副作用、対話、警告

ブラジルココア、カカオ・ブリュシエン、グアラナ種子エキス、グアラニン、パウリニア・クパナ、パウリニア・ソルビリス、ズーム。

グアラナはアマゾンのグアラニー族の名前を付けられた植物で、種を使って飲み物を作りました。今日、グアラナの種は薬として使用されています。グアラナは減量、運動能力の向上、覚せい剤としての使用、精神的および肉体的疲労の軽減に使用されます。それはエネルギーと減量製品に頻繁に加えられています。一部の人々はまた、低血圧および慢性疲労症候群(CFS)を治療し、マラリアおよび赤痢を予防するためにガラナを使用する。また、性的欲求を高めるため、尿の流れを増やすため、および収斂剤として使用されます。他の使用には、進行中の下痢、発熱、心臓の問題、頭痛、関節痛、腰痛、熱ストレスの治療が含まれる。食品製造において、グアラナは、飲料およびキャンディの香味成分として使用されてきた。

グアラナにはカフェインが含まれています。カフェインは、中枢神経系(CNS)、心臓、および筋肉を刺激することによって作用する。グアラナにはテオフィリンとテオブロミンが含まれており、カフェインに似た化学物質です。

不十分な証拠。不安。初期の研究は、サンザシ、ブラックホアハンド、パッションフラワー、バレリアン、コーラナッツ、グアラナを含む特定の製品(Euphytose)の2錠を28日間毎日3回服用すれば、一部の人々の不安を軽減できることを示唆しています。しかし、グアラナだけが有益であるかどうかは不明である。精神的なパフォーマンス。健康な人々の初期の研究では、ガラナ乾燥抽出物を1回服用すれば、思考速度が向上することが示唆されています。しかし、他の研究は、グアラナを毎日服用することは、成人または高齢者の精神機能を改善しないことを示唆している。体重減少。グアラナは、メイトとダミアナとの併用で減量を促進する可能性があります。グアラナ、エフェドラ、および17種類の他のビタミン、ミネラル、サプリメント(Metabolife-356)を含む特定のコンビネーション製品が、低脂肪食や運動で使用された場合、体重を約2.7kg減少させることができます。しかし、この使用のためにグアラナを評価するにはより多くの証拠が必要です。マラリア;下痢;熱;頭痛;心の問題。運動耐久性の改善;短期的、高強度のパフォーマンスとパワーの改善。低血圧の人々の血圧の上昇。慢性疲労症候群(CFS);関節痛;液体保持;その他の条件。これらの用途のためにガラナを評価するためには、より多くの証拠が必要です。

グアラナは、食べ物によく見られる量で消費されると大部分の成人にとっては安全です。グアラナは短時間の間、薬量で口を服用すると危険です。長時間高用量で口に服用すると、Guaranaは不安定です。毎日250〜300mgを超える用量が副作用に関連している。副作用は用量に依存する。典型的な用量では、グアラナのカフェインは不眠症、神経質や落ち着き、胃腸炎、吐き気、嘔吐、心拍数や血圧の上昇、急速な呼吸、振戦、せん妄、利尿、およびその他の副作用を引き起こす可能性があります。大量のグアラナ投与は、頭痛、不安、興奮、耳鳴り、排尿時の痛み、胃痙攣、および不規則な心拍を引き起こす可能性があります。グアラナを定期的に摂取する人々は、通常の量を減らすとカフェイン離脱症状を経験することがあります。グアラナは、口から摂取されるか、または非常に高用量で注入されると、そのカフェインの含有量のために、LIKELY UNSAFEであり、致死的でさえあります。致死量のカフェインは10-14グラム(150-200mg / kg、「体重は約70kg」なので、この男性の致死量はカフェイン10,500-14,000mgと推定されています)。これはかなり高用量です。醸造されたコーヒー1杯がカフェイン95〜200mgを提供すると考えてください。しかし、重度の中毒は、個人のカフェイン感受性または喫煙行動、年齢、およびカフェインの事前の使用に応じて、1キログラムあたり150-200mg未満の用量で起こり得る。特別な予防措置および警告:妊娠および授乳:Guaranaは、妊娠中および授乳中の女性のために、食物に一般的に見られる量で採取された場合には安全です。あなたが妊娠している場合、または授乳中の方は、グアラナはカフェインの内容に注意して撮影する必要があります。少量はおそらく有害ではない。しかし、ガラナを高用量で口に入れることは、おそらくUNSAFEです。消費量が200mgを超えると、流産やその他の悪影響のリスクが増大する。不安:グアラナのカフェインは不安感を悪化させるかもしれません。出血障害:グアラナのカフェインが出血性疾患を悪化させるかもしれないという証拠がいくつかありますが、これは人々には報告されていません。出血性疾患がある場合は、グアラナを開始する前に医療提供者に確認してください。糖尿病:いくつかの研究は、グアラナのカフェインが、糖尿病の人々が糖(糖)を処理する方法に影響を与え、血糖コントロールを複雑にする可能性があることを示唆しています。カフェインが1型糖尿病患者の低血糖の警告症状を改善するかもしれないことを示唆する興味深い研究もいくつかあります。いくつかの研究では、低血糖の症状は、カフェインがない状態で開始するとより強いことが示されていますが、低血糖が続くので、カフェインの症状がより強くなります。これは糖尿病患者の低血糖を検出し治療する能力を高めるかもしれない。しかし、欠点は、カフェインが実際に低糖症のエピソードの数を増やす可能性があることです。糖尿病がある場合は、グアラナを開始する前に医師に相談してください。下痢。グアラナにはカフェインが含まれています。グアラナのカフェインは、特に大量に摂取すると下痢を悪化させる可能性があります。過敏性腸症候群(IBS):グアラナにはカフェインが含まれています。グアラナのカフェインは、特に大量に摂取すると下痢を悪化させ、IBSの症状を悪化させる可能性があります。心臓病:グアラナのカフェインは、特定の人々に不規則な心拍を引き起こす可能性があります。慎重に使用してください。高血圧:グアラナを摂取すると、カフェイン含有量のために高血圧の人々の血圧が上昇する可能性があります。しかし、この効果は、定期的にコーヒーを飲む人や、カフェインを定期的に使用する人にはあまり効果がないかもしれません。緑内障:グアラナのカフェインが眼の内部の圧力を高めます。この増加は30分以内に起こり、カフェイン飲料を飲んだ後少なくとも90分間続きます。骨粗鬆症:グアラナのカフェインは、腎臓を通じて体外にカルシウムを流し出すことができます。このカルシウムの損失は骨を弱めるのに役立ちます。この問題を最小限に抑えるため、1日あたり300mg以上のカフェインを使用しないでください。カルシウムサプリメントを摂取することは、これらのカルシウム損失を相殺するのにも役立ちます。ビタミンDが身体によってどのように使用されるかに影響する遺伝的問題を有する閉経後女性は、カフェインを慎重に使用すべきです。

アンフェタミンのような覚せい剤は、神経系の速度を上げます。神経系のスピードを上げることで、覚醒剤は気分が悪くなり、心拍数を上昇させる可能性があります。グアラナのカフェインはまた、神経系のスピードを上げるかもしれません。グアラナを覚せい剤と一緒に飲むと、心拍数や高血圧などの重大な問題を引き起こす可能性があります。カフェインと共に覚せい剤を飲むのは避けてください。

コカインのような覚せい剤は、神経系をスピードアップします。神経系のスピードを上げることで、覚醒剤は気分が悪くなり、心拍数を上昇させる可能性があります。グアラナのカフェインはまた、神経系のスピードを上げるかもしれません。グアラナを覚せい剤と一緒に飲むと、心拍数や高血圧などの重大な問題を引き起こす可能性があります。カフェインと共に覚せい剤を飲むのは避けてください。

覚醒剤は神経系の速度を上げます。カフェイン(グアラナに含まれる)とエフェドリンは両方とも覚醒剤です。グアラナをエフェドリンと一緒に服用すると、あまりにも多くの刺激や時には深刻な副作用や心臓の問題を引き起こす可能性があります。カフェイン含有製品とエフェドリンを同時に飲まないでください。

グアラナにはカフェインが含まれています。ガラナのカフェインは、アデノシン(アデノカルド)の影響をブロックする可能性があります。アデノシン(アデノカルド)は、医師が心臓の検査をするためによく使用されます。この検査は、心臓ストレス検査と呼ばれます。心臓ストレス試験の少なくとも24時間前にグアラナや他のカフェイン含有製品の消費を停止する。

体はそれを取り除くためにカフェインを分解する。いくつかの抗生物質は、身体がいかに速くカフェインを分解するかを減少させるかもしれない。これらの抗生物質をグアラナと一緒に摂取すると、ジッタ、頭痛、心拍数の増加、およびその他の副作用を含む副作用のリスクが高まります。 Ciprofloxacin(Cipro)、enoxacin(Penetrex)、norfloxacin(Chibroxin、Noroxin)、sparfloxacin(Zagam)、trovafloxacin(Trovan)、およびgrepafloxacin(Raxar)など、いくつかの抗生物質がカフェインを分解する。

グアラナにはカフェインが含まれています。体はそれを取り除くためにカフェインを分解する。シメチジン(Tagamet)は体がカフェインをどのくらい速く分解するかを減らすことができます。シメチジン(Tagamet)とグアラナを併用すると、ジッタ、頭痛、速い鼓動などのカフェイン副作用の可能性が増す可能性があります。

体はそれを取り除くためにクロザピン(クロザリル)を分解する。グアラナのカフェインは、体がクロザピン(クロザリル)をどれくらい早く分解するかを減少させるようです。グアラナとクロザピン(クロザリル)を併用すると、クロザピン(クロザリル)の効果や副作用を増やすことができます。

グアラナにはカフェインが含まれています。グアラナのカフェインは、ジピリダモール(Persantine)の影響をブロックする可能性があります。ジピリダモール(Persantine)は、しばしば医師が心臓の検査を行うために使用されます。この検査は、心臓ストレス検査と呼ばれます。心臓ストレス試験の少なくとも24時間前にグアラナや他のカフェイン含有製品の消費を停止する。

体はそれを取り除くためにカフェインを分解する。 Disulfiram(Antabuse)は、体がカフェインを取り除く速さを減らすことができます。ガラナ(カフェインを含む)とジスルフィラム(Antabuse)を併用すると、ジッタ、多動、過敏症などのカフェインの副作用が増える可能性があります。

体はグアラナのカフェインを分解して取り除く。エストロゲンは体がカフェインをどのくらい速く分解するかを減らすことができます。グアラナとエストロゲンを併用すると、ジッタ、頭痛、速い心拍、およびその他の副作用を引き起こす可能性があります。あなたがエストロゲンを摂取すれば、カフェインの摂取を制限します。いくつかのエストロゲンピルには、複合ウマエストロゲン(Premarin)、エチニルエストラジオール、エストラジオールなどが含まれます。

体はグアラナのカフェインを分解して取り除く。フルボキサミン(Luvox)は、身体がカフェインをどのくらい早く分解するかを減らすことができます。グアラナとフルボキサミン(Luvox)を併用すると体内に多量のカフェインが生成され、カフェインの影響や副作用が増す可能性があります。

体は自然にリチウムを取り除きます。ガラナのカフェインは、あなたの体がいかに素早くリチウムを除去するかを高めることができます。カフェインを含む製品を服用してリチウムを摂取する場合は、カフェイン製品をゆっくりと飲むのをやめてください。カフェインをあまりにも速く停止すると、リチウムの副作用が増えることがあります。

グアラナにはカフェインが含まれています。カフェインは体を刺激することができます。うつ病に使用されるいくつかの薬物はまた、身体を刺激する可能性があります。うつ病に使用されるこれらの薬剤でグアラナをとると、速い心拍、高血圧、緊張感などの重篤な副作用を引き起こすことがあります。うつ病に使用されるこれらの薬物には、フェネルジン(ナルジール)、トラニルシプロミン(パルナート)などがあります。

グアラナにはカフェインが含まれています。カフェインは血液凝固を遅らせるかもしれない。グアラナを服用しても、凝固が遅くなると薬が出ると、打撲や出血の可能性が増します。アポピリン、クロピドグレル(Plavix)、ジクロフェナク(Voltaren、Cataflam他)、イブプロフェン(Advil、Motrin他)、ナプロキセン(Anaprox、Naprosyn他)、ダルテパリン(Fragmin)、エノキサパリン(Lovenox) 、ヘパリン、ワルファリン(Coumadin)などが含まれる。

ニコチンのような覚せい剤は、神経系をスピードアップします。神経系のスピードを上げることで、覚醒剤は気分が悪くなり、心拍数を上昇させる可能性があります。グアラナのカフェインはまた、神経系のスピードを上げるかもしれません。グアラナを覚せい剤と一緒に飲むと、心拍数や高血圧などの重大な問題を引き起こす可能性があります。カフェインと共に覚せい剤を飲むのは避けてください。

ガラナ中のカフェインの刺激作用は、ペントバルビタールの睡眠生産効果をブロックすることができる。

グアラナのカフェインは体を刺激することができます。フェニルプロパノールアミンは体を刺激することもできます。グアナナとフェニルプロパノールアミンを一緒に服用すると、あまりにも多くの刺激を引き起こし、心拍、血圧を上昇させ、神経質を引き起こす可能性があります。

体はそれを取り除くためにリルズル(リルテック)を分解する。グアラナを取ると、体がいかに早くリルゾール(リルテク)を分解し、リルゾールの効果と副作用を増すかを減らすことができます。

グアラナにはカフェインが含まれています。カフェインはテオフィリンと同様に作用する。カフェインはまた、体がいかに早くテオフィリンを除去するかを減少させる可能性がある。ガラナをテオフィリンと一緒にとると、テオフィリンの作用や副作用が増す可能性があります。

体はグアラナのカフェインを分解して取り除く。ベラパミル(Calan、Covera、Isoptin、Verelan)は、体がカフェインを取り除く速さを減らすことができます。グアラナとベラパミル(Calan、Covera、Isoptin、Verelan)を併用すると、ジッタ、頭痛、心拍数の増加などのカフェイン副作用のリスクが高くなります。

体はグアラナのカフェインを分解して取り除く。アルコールは体がカフェインをどのくらい速く分解するかを減らすことができます。ガラナをアルコールとともに飲むと、血流に多すぎるカフェインが発生し、ジッタ、頭痛、速い鼓動などのカフェイン副作用を引き起こす可能性があります。

体はグアラナのカフェインを分解して取り除く。誕生制御薬は、身体がカフェインをどのくらい早く分解するかを減らすことができます。グアラナを避妊薬と併用すると、ジッタ、頭痛、速い心拍、およびその他の副作用を引き起こすことがあります。いくつかの避妊薬には、エチニルエストラジオールおよびレボノルゲストレル(トリファシル)、エチニルエストラジオールおよびノルエチンドロン(Ortho-Novum 1/35、Ortho-Novum 7/7/7)などが含まれる。

グアラナにはカフェインが含まれています。体はそれを取り除くためにカフェインを分解する。フルコナゾール(ジフルカン)は体がカフェインを取り除く速度を低下させるかもしれないフルコナゾール(ジフルカン)と一緒にグアラナをとることは、神経質、不安、不眠症などのカフェイン副作用のリスクを高めるかもしれません。

グアラナは血糖を上昇させるかもしれない。糖尿病薬は血糖を下げるために使用されます。血糖値を上げることにより、グアラナは糖尿病治療薬の有効性を低下させる可能性があります。あなたの血糖値を注意深く監視してください。あなたの糖尿病の投薬量を変更する必要があるかもしれません。インスリン、ピオグリタゾン(Actos)、ロシグリタゾン(Avandia)、クロルプロパミド(Diabinese)、グリピジド(Glucotrol)、トルブタミド(Orinase)などの糖尿病治療薬の中には、グリメピリド(Amaryl)、グリベライド(DiaBeta、Glynase PresTab、Micronase) 。

グアラナにはカフェインが含まれています。体はそれを取り除くためにカフェインを分解する。メキシレチン(Mexitil)は、体がカフェインをどのくらい早く分解するかを減らすことができます。グアラナと一緒にメキシレチン(Mexitil)を服用すれば、グアラナのカフェイン効果や副作用が増えるかもしれません。

体はカフェイン(グアラナに含まれている)を分解して取り除きます。 Terbinafine(Lamisil)は、体がカフェインを取り除く速度を低下させ、ジッタ、頭痛、心拍数の増加などの副作用のリスクを高めることができます。

グアラナの適切な投与量は、使用者の年齢、健康状態およびいくつかの他の状態などのいくつかの要因に依存する。現時点では、グアラナの適切な用量範囲を決定するのに十分な科学的情報はない。天然物は必ずしも必ずしも安全であるとは限らず、投与量が重要であることを覚えておいてください。製品ラベルに記載されている指示に従ってください。使用する前に、薬剤師または医師または他の医療従事者に相談してください。

参考文献

成人ナイジェリア人におけるカフェインの処方に対する唾液および血漿由来の薬物動態パラメータの比較に及ぼす急性熱帯熱マラリア原虫の影響。エリザベスら、 Eur.J Clin Pharmacol 200; 56(2):159-165。

アルコール、喫煙、カフェイン、および男性の十二指腸潰瘍の危険性についての前向き研究である。疫学199; 8(4):420-424。

Aldridge、A.、Aranda、J.V.、およびNeims、A.H.新生児におけるカフェイン代謝。 Clin Pharmacol Ther 197; 25(4):447-453。

Alstott、R.L.、Miller、A.J.、およびForney、R。B.カフェインによるヒト死亡の報告。 J.Forensic Sc​​i。 197; 18(2):135-137。

草本医Catuamaとその構成員による隔離されたウサギ海綿体海綿体の弛緩、Antunes、E.、Gordo、W.M。、de Oliveira、J.F。、Teixeira、C.E。、Hyslop、S.およびDe、Nucci G. Phytother.Res。 200; 15(5):416-421。

Arditti、J.、Bourdon、J.H.、Spadari、M.、de Haro、L.、Richard、N.、and Valli、M. [Ma Huang、栄養補助食品から濫用まで]。 Acta Clin Belg.Suppl 200; (1):34-36。

アーノルド、M.E.、ペトロス、T.V.、ベックウィズ、B.E.、クーンズ、G.、およびゴーマン、N.単語リストのためのメモリにカフェイン、衝動性、性の影響。 Physiol Behav。 198; 41(1):25-30。

Arya、L.A.、Myers、D.L.、およびJackson、N.D.食餌性カフェイン摂取および排尿筋不安定性のリスク:症例対照試験。 Gynecol。 200; 96(1):85-89。

Astrup、A.、Toubro、S.、Cannon、S.、Hein、P.、Breum、L.、and Madsen、J. Caffeine:二重盲検、プラセボ対照の熱産生、代謝および心血管作用の研究健康なボランティアでAm.J.Clin.Nutr。 199; 51(5):759-767。

Avato、P.、Pesante、M.A.、Fanizzi、F.P。およびSantos、C.A。Paullinia cupana varの種子油組成物。ソルビリス(Mart。)Ducke。脂質200; 38(7):773-780。

Baghkhani、L.およびJafari、M。Guaranaに関連する心臓血管の副作用:因果関係はあるか? J.Herb.Pharmacother。 200; 2(1):57-61。

Bak、A.A.およびGrobbee、D.E.カフェイン、血圧、および血清脂質が挙げられる。 Am.J.Clin Nutr。 199; 53(4):971-975。

Bak、A.A.およびGrobbee、D.E.コーヒー、カフェインおよび止血:レビュー。 Neth.J.Med。 199; 37(5-6):242-246。

Banner、W.、Jr.およびCzajka、P.A。新生児における急性カフェインの過剰摂取。 Am.J Dis Child 198; 134(5):495-498。

Barrett-Connor、E.、Chang、J.C。およびEdelstein、S.L.コーヒー関連骨粗鬆症は、毎日の牛乳消費によって相殺される。ランチョベルナルド研究。 JAMA 1-26-199; 271(4):280-283。

男性の精液中のカフェインの排泄:薬物動態および血液および精液中の濃度の比較。 J Clin Pharmacol 198; 24(2-3):120-126。

ベリアード、F.、Martelli、A.、およびヴァレ、M. G.パウリニア・クパナ・クンツ(グアラナ)およびコラ・スピーシーズにおけるカフェインおよびテオフィリンのHPLC測定。サンプル。 Z.Lebensm.Unters.Forsch。 198; 180(5):398-401。

Bempong DK、Houghton PJ、およびSteadman K.グアラナおよびその調製物のキサンチン含有量。 Int J Pharmacog 199; 31(3):175-181。

Bempong、D.K.およびHoughton、P.J。グアラナからのカフェインの溶解および吸収。 J.Pharm.Pharmacol。 199; 44(9):769-771。

ベノニ、H.、Dallakian、P.、およびTaraz、K。グアラナからの精油に関する研究。 Z.Lebensm.Unters.Forsch。 199; 203(1):95-98。

摂取した緑茶とグアラナ抽出物がエピガロカテキン-3-ガレートとカフェインとの混合物を含む場合、24時間のエネルギー消費と男性の脂肪酸化に及ぼす影響。 Br JNutr 200; 94(3):432-436。

Bikin D、Conrad KA、およびMayersohn M. Lackのカフェインおよびアスピリンのリチウム排除への影響。 Clin Res 198; 30(2):249A。

Blanchard、J. and Sawers、S.J.若年者および高齢者におけるカフェインの比較薬物動態学。 J Pharmacokinet.Biopharm。 198; 11(2):109-126。

Blanchard、J. and Sawers、S.J。ヒトにおけるカフェインの絶対的生物学的利用能。 Eur.J.Clin.Pharmacol。 198; 24(1):93-98。

Blanchard、J.若年者および高齢男性におけるカフェインのタンパク質結合。 J Pharm.Sci 198; 71(12):1415-1418を参照のこと。

Boublik、J.H.、Quinn、M.J.、Clements、J.A.、Herington、A.C.、Wynne、K.N.、and Funder、J.W. Coffeeは強力なアヘン受容体結合活性を含む。 Nature 1-20-198; 301(5897):246-248。

未熟児におけるテオフィリンのカフェインへのメチル化、Boutroy、M.J.、Vert、P.、Monin、P.、Royer、R.J。およびRoyer-Morrotランセット4-14-197; 1(8120):830。

BOWDEN、K. Paullinia pinnata Linnからの単離。カエルの孤立した心臓に作用する物質のBri.Pharm.Chemother。 196; 18:173-174。

カフェイン消化および線維嚢胞性乳房疾患:症例対照疫学的研究(case-control epidemiologic study)。 J.Natl.Cancer Inst。 198; 72(5):1015-1019。

肥満女性および肥満女性におけるエネルギー代謝、心拍数およびメチルキサンチン代謝に対するカフェインの効果。 Am J Physiol 199; 269(4 Pt1):E671-E678。

Brice CとSmith A.カフェインがシミュレートされた運転、主観的な覚醒と持続的な注意に及ぼす影響。 Hum Psychopharmacol Clin Exp 200; 16(7):523-531。

線維嚢胞性乳房疾患に対するカフェイン拘束の影響の測定:病気の客観的モニタリングとしてのグラフィックストレステレサーモメトリーの役割。【非特許文献2】K.H. J Reprod Med 198; 26(6):279-282。

男性と女性のコーヒーや茶の消費と冠状動脈性心疾患の有病率:スコットランドの心臓健康調査の結果。 J.Epidemiolmunity Health 199; 47(3):171-175。

高齢者における睡眠障害の源泉としてのオカルトカフェイン(Occult Caffeine)。 J.Am.Geriatr.Soc。 199; 43(8):860-864。

Bruce、M.S。およびLader、M.不安障害の管理におけるカフェインの抑止。 Psychol.Med。 198; 19(1):211-214。

Bryant CM、Dowell CJ、およびFairbrother G.頻度、緊急性および切迫性失禁に対するカフェインの影響のランダム化試験。神経学および尿力学200; 19(4):501-502。

Bullough、B.、Hindi-Alexander、M.、およびFetouh、S.Methylxanthinesおよび線維嚢胞性乳房疾患:相関の研究。看護師の診療。 199; 15(3):36-4。

グアラナ(Paullinia cupana)の水性抽出物は、血小板トロンボキサン合成を減少させる。 Braz.J.Med.Biol.Res。 199; 24(4):421-424。

Bydlowski、S.P.、Yunker、R.L.、およびSubbiah、M.T.グアラナ水抽出物(Paullinia cupana)の新規特性:インビトロおよびインビボでの血小板凝集の阻害。 Braz.J.Med.Biol.Res。 198; 21(3):535-538。

Caballero、T.、Garcia-Ara、C.、Pascual、C.、Diaz-Pena、J.M。およびOjeda、A.カフェイン誘発蕁麻疹。 J.Investig.Allergol.Clin Immunol。 199; 3(3):160-162。

Campos、A.R.、Barros、A.I。、Santos、F.A.およびRao、V.S.ガラナ(Paullinia cupana Mart。)は、ラットのエタノールおよびインドメタシンによって誘導される胃の病変に対して保護を提供する。 Phytother Res。 200; 17(10):1199-1202。

カールソン、M.およびトンプソン、R。D.グアラナを含むハーブ調製物中のメチルキサンチンおよびカテキンの液体クロマトグラフィー測定。 J.AOAC Int。 199; 81(4):691-701。

Chamone、D.A.、Silva、M.I。、Cassaro、C.、Bellotti、G.、Massumoto、C.M。およびFujimura、A.Y.Guaran(Paullinia cupana)は、全血における凝集を阻害する。血栓症および止血198; 58(1):474。

Chelsky、L.B.、Cutler、J.E。、Griffith、K.、Kron、J.、McClelland、J.H。およびMcAnulty、J.H.Caffeineおよび心室性不整脈。電気生理学的アプローチ。 JAMA 11-7-199; 264(17):2236-2240。

Conlisk AとGaluska D.カフェインは若年成人女性の骨密度に関連していますか?ジャマ200; 285(6):713。

Curatolo、P.W.およびRobertson、D.カフェインの健康影響。 Ann.Intern.Med。 198; 98(5 Pt1):641-653。

ダフンセカ、C.A.、リーナル、ジェイ、コスタ、S.、およびLeitao、A.C。原核生物におけるガラナ(Paullinia cupana)の遺伝毒性および突然変異誘発効果。 Mutat.Res。 199; 321(3):165-173。

Dalvi、R.R.カフェインの急性および慢性毒性:レビュー。 Vet Hum.Toxicol 198; 28(2):144-150。

カフェインが血圧、心拍数、および前腕の血流に及ぼす影響を動的脚運動中に測定した。 J.Appl.Physiol 199; 85(1):154-159。

Davis、R.H.カフェイン摂取は眼内圧に影響するか? Ophthalmology 198; 96(11):1680-1681。

Dawber、T.R.、Kannel、W.B.、およびGordon、T.コーヒーおよび心臓血管疾患。フレーミングハム研究からの観察。 N Engl J Med 10-24-197; 291(17):871-874。

De Freitas、B.およびSchwartz、G.慢性精神病患者におけるカフェインの効果。 Am.J.Psychiatry 197; 136(10):1337-1338。

デオリベイラ、JF、アビラ、AS、ブラガ、AC、デ・オリベイラ、MB、ボアスクキースク、EM、Jales、RL、Cardoso、VN、およびBernardo-Filho、M.血液成分の表示に薬草の抽出物の効果テクネチウム-99mと赤血球の形態について:I – Paullinia cupanaを用いた研究。フィトテラピア200; 73(4):305-312。

健康なボランティアの陳腐化に対する脳血管、心血管およびホルモン応答に対する急性および慢性カフェイン使用の効果。デブラ、K.、ハイ、R.、シャーウィン、R.、マーフィー、J。 Clin Sci(Colch。)199; 89(5):475-480。

Dimaio、V.J。およびGarriott、J.C。児童における致死性カフェイン中毒。フォレンジックサイエンス197; 3(3):275-278。

Dobmeyer、D.J.、Stine、R.A.、Leier、C.V.、Greenberg、R.、およびSchaal、S.F。ヒトにおけるカフェインの不整脈作用。 N.Engl.J.Med。 4-7-198; 308(14):814-816。

ドリューAKとドーソンAH。 Herbal xtreme:静脈内グアラナに関連する急性毒性[要約]。 Journal of Toxicology – Clinical Toxicology 200; 38(2):235-236。

du、Boisgueheneuc F.、Lannuzel、A.、Caparros-Lefebvre、D.、およびDe Broucker、T. [MaHuang抽出物およびグアラナを消費する患者における脳梗塞]。 Presse Med 2-3-200; 30(4):166-167。

Dulloo、A.G.およびMiller、D.S.エフェドリン/メチルキサンチン混合物の熱発生特性:ヒト研究。 Int.J Obes。 198; 10(6):467-481。

Dulloo、A.G.、Geissler、C.A.、Horton、T.、Collins、A.、およびMiller、D.S.カフェインの正常消費量:痩身および肥満のヒトボランティアにおける熱発生および毎日のエネルギー消費に及ぼす影響。 Am J Clin Nutr 198; 49(1):44-50。

Edelstein、B.A.、Keaton-Brasted、C.、およびBurg、M.M。夜間の夜尿症、不眠症および行動拘束に対するカフェイン離脱の影響。 J.Consult Clin Psychol。 198; 52(5):857-862。

Eggertsen、R.、Andreasson、A.、Hedner、T.、Karlberg、B.E.、およびHansson、L.治療高血圧患者の歩行時血圧に及ぼすコーヒーの効果。 J.Intern.Med。 199; 233(4):351-355。

十二指腸潰瘍および対照集団の患者におけるEisig、J.N.、Zaterka、S.、Massuda、H.K。およびBettarello、A.コーヒー飲用。 Scand J Gastroenterol。 198; 24(7):796-798。

通常の前妊娠の男児におけるカフェインの急性効果。エキンソン、R.N.、Rapoport、J.L.、Zahn、T.P。、Buchsbaum、M.S。、Weingartner、H.、Kopin、I.J。 Am.J.Psychiatry 198; 138(2):178-183。

十二指腸潰瘍、非潰瘍性消化不良および正常対照の患者におけるコーヒー摂取およびコーヒー誘発症状の比較。 Am J Gastroenterol。 199; 85(10):1339-1342。

良性乳房に対するカフェイン非含有食の効果(Ellster、VL、Mason、L.、Goodson、WH、III、Sickles、EA、Sacks、ST、Selvin、S.、Dupuy、ME、Hawkinson、疾患:ランダム化試験。手術198; 91(3):263-267。

実験動物におけるグアラナ(Paullinia cupana Mart。)の薬理学的活性については、エスピノーラ、E.B.、ディアス、R.F.、マッテイ、R.、およびカロリーニ、 J.Ethnopharmacol。 199; 55(3):223-229。

テオフィリンとカフェインが未熟児の血清エリスロポエチン濃度に及ぼす影響を比較しています(Fang、S.、Sherwood、R.A.、Gamsu、H.R.、Marsden、J.T.、Peters、T. Eur.J Pediatr。 199; 157(5):406-409。

Freestone、S.およびRamsay、L. E.コーヒーおよびタバコの喫煙が、未治療および利尿治療を受けた高血圧患者の血圧に及ぼす影響。 Am.J.Med。 198; 73(3):348-353。

Freestone、S.、Yeo、W. W.、およびRamsay、L. E.加速された(悪性)高血圧の患者の血圧に対するコーヒーおよびたばこ喫煙の影響。 J.Hum.Hypertens。 199; 9(2):89-91。

Fukumasu、H.、Silva、T.C.、Avanzo、J.L.、Lima、C.E.、Mackowiak、I.I.、Atroch、A.、Spinosa、H.D.、Moreno、F.S.およびDagli、M.L.Pullinia cupana Mart。ソルビリス、グアラナ、マウス肝臓癌発生時。 Cancer Lett。 5-7-200;

Galduroz、J.C。およびCarlini、E.A。正常な、高齢のボランティアの認知に対するグアラナの長期投与の影響。 Sao Paulo Med.J. 199; 114(1):1073-1078。

Galduroz、J.C.およびCarlini、Ede A. Paulinia cupanaの「Guarana」が正常なボランティアの認知に与える急性影響。 Sao Paulo Med.J. 199; 112(3):607-611。

Gallerani、M.、Zanotti、C.、Menozzi、L.、Montezemolo、A.、Monetti、V.C。およびTola、M.R。Barbiturate、鎮痛薬およびカフェイン離脱が含まれる。 Am.J.Emerg.Med。 199; 12(5):603-605。

Gancedo SQ、Freire P、Fernandez Rivas M、等。カフェインからの蕁麻疹。 J Allergin Clin Immunol 199; 88:680-681。

Garrett、B.E.およびGriffiths、R.R.物理的依存性は、カフェインとプラセボの相対的補強効果を増加させる。 Psychopharmacology(Berl)199; 139(3):195-202。

Gilliland KとBullock W. Caffeine:潜在的な薬物乱用。 Advアルコールの乱用198; 3(1-2):53-73。

Glore、S.およびRicker、A.三叉神経痛:低カフェイン食を用いた痛み止めの事例研究。 J.Am.Diet.Assoc。 199; 91(9):1120-1121に記載されている。

Grant、D.M.、Tang、B.K.、およびKalow、W.カフェイン代謝の変動。 Clin Pharmacol Ther 198; 33(5):591-602。

Greden、J.F。、Victor、B.S。、Fontaine、P.およびLubetsky、M。カフェイン離脱性頭痛:臨床プロファイル。 Psychosomatics 198; 21(5):411-418。

Greenstadt、L.、Yang、L.、Shapiro、D. Caffeine、精神的ストレス、および高血圧のリスク:異文化間複製。 Psychosom.Med 198; 50(1):15-22。

依存のモデル薬物としてのグリフィス(Griffiths)、R.R.およびChausmer、A.L.Caffeine:最近のカフェイン離脱の理解、カフェイン依存症候群およびカフェインネガティブ強化。日本経済友子製薬薬事学会Zasshi 200; 20(5):223-231。

ヒトにおける低用量のカフェインの物理的依存性のような、低用量のカフェイン依存症の治療に使用することができる。 J Pharmacol Exp Ther 199; 255(3):1123-1132。

【請求項2】前記エフェドラとグアラナの組み合わせの短期代謝および血行力学的効果を測定することを含む、請求項1に記載の方法。 Clin.Pharmacol.Ther。 200; 77(6):560-571。

Harris、S.S。およびDawson-Hughes、B.Caffeineおよび健康な閉経後女性における骨損失。 Am J Clin Nutr 199; 60(4):573-578。

Henman、A. R. Guarana(Paullinia cupana var。sorbilis):中央アマゾン流域の経済的プラントに関する生態学的および社会的視点。 J.Ethnopharmacol。 198; 6(3):311-338。

Heyden、S.およびMuhlbaier、L.H.「線維嚢胞性乳房疾患」およびカフェイン消費の前向き研究。手術198; 96(3):479-484。

Hinkle、P.E.、Coffey、C.E.、Weiner、R.D.、Cress、M.、およびChristison、C. ECTにおける発作を延長するためのカフェインの使用。 Am.J.Psychiatry 198; 144(9):1143-1148。

Hoffmann、F.L.、Garcia-Cruz、C.H.、Vinturim、T.M。およびPagnocca、F.C。非アルコール性炭酸飲料の微生物学的品質の調査。 Folia Microbiol。(Praha)199; 42(3):199-202。

Horst K、Buxton RE、およびRobinson WDが含まれる。カフェインコーヒーの習慣的なコーヒーの使用が、正常な若年男性の血圧および特定の運動反応に及ぼす影響。 J Pharmacol Exp Ther 193; 52:322-337。

コーヒー飲用者の自己投与、離脱、および有害な影響を引き起こす可能性があることを示唆している。 Arch.Gen.Psychiatry 199; 48(7):611-617。

James、J.E。習慣的なカフェイン消費が実験室および歩行者の血圧レベルに及ぼす慢性的な影響。 J.Cardiovasc.Risk 199; 1(2):159-164。

James、J. E.常習的なカフェインは、予防可能な心血管リスク因子を使用していますか?ランセット1-25-199; 349(9047):279-281。

Jee、S.H.、He、J.、Whelton、P.K.、Suh、I.、およびKlag、M.J。血圧に対する慢性コーヒー飲酒の影響:制御された臨床試験のメタアナリシス。高血圧199; 33(2):647-652。

Johnsen O、Eliasson R、Abdel-Kadar MMが含まれる。カフェインがヒト精子の運動性および代謝に及ぼす影響カフェインがヒト精子の運動性および代謝に及ぼす影響。 Andrologia 197; 6(1):53-58。

Kamimori、G.H.、Somani、S.M.、Knowlton、R.G.およびPerkins、R.M.痩身および肥満のボランティアにおけるカフェインの薬物動態に対する肥満および運動の影響。 Eur J Clin Pharmacol 198; 31(5):595-600。

コーヒーおよびカフェインによって誘発される用量関連の睡眠障害。カラカン、I。、ソーンビー、J.I。、アンハ、M.、ブース、G.H.、ウィリアムズ、R.L。およびサリス、 Clin Pharmacol Ther 197; 20(6):682-689。

Kawachi、I.、Colditz、G.A。およびStone、C.B。コーヒー飲用は冠状動脈性心疾患のリスクを高めるか?メタ分析の結果Br Heart J 199; 72(3):269-275。

Kendler、K.S.およびPrescott、C.A.カフェインの女性における摂取、耐容および撤退:集団ベースの双子の研究。 Am.J.Psychiatry 199; 156(2):223-228。

グアラナ(Paullinia cupana)抽出物の投与後のヒトボランティアにおける認知能力の改善:Panax ginsengとの比較および相互作用。 Pharmacol Biochem Behav 200; 79(3):401-411。

Keuchel、I.、Kohnen、R.、およびLienert、G.A。アルコールおよびカフェインの濃度試験性能への影響。 Arzneimittelforschung。 197; 29(6):973-975。

Khodesevick AP。致命的なカフェイン中毒(練習からのケース)。 Farmakol Toksikol 195; 19(suppl):62。

精神分裂病入院患者の行動に及ぼすカフェインの影響。Koczapski、A.、Paredes、J.、Kogan、C.、Ledwidge、B.、and Higenbottam。 Schizophr.Bull。 198; 15(2):339-344。

Kulkarni、P.B。およびDorand、R.D.新生児におけるカフェイン毒性。 Pediatrics 197; 64(2):254-255。

Lane、J.D.およびPhillips-Bute、B.G.Caffeine奪取は警戒性能および気分に影響を及ぼす。 Physiol Behav。 199; 65(1):171-175。

レーン、J.D。およびウィリアムズ、R.B.、ジュニア。通常のコーヒー飲料のカフェインおよびストレスの心血管効果。 Psychophysiology 198; 24(2):157-164。

レーン、J.D.気分、症状、および精神運動のパフォーマンスに対する簡単なカフェイン飲料枯渇の影響。 Pharmacol Biochem.Behav 199; 58(1):203-208。

Lang、T.、Degoulet、P.、Aime、F.、Fouriaud、C.、Jacquinet-Salord、MC、Laprugne、J.、Main、J.、Oeconomos、J.、Phalente、J.およびPrades、A 。コーヒー飲酒と血圧の関係:パリ地域の6,321人の被験者の分析。 Am.J Cardiol。 12-1-198; 52(10):1238-1242。

Lawson、D.H.、Jick、H.、およびRothman、K.J.コーヒーおよび茶の消費および乳房疾患。手術198; 90(5):801-803。

Levinson、W.およびDunn、P.M。カフェインおよび線維嚢胞性乳房疾患の非関連性。 Arch.Intern.Med。 198; 146(9):1773-1775。

Levy、M。およびZylber-Katz、E.カフェイン代謝およびコーヒー起因の睡眠障害。 Clin Pharmacol Ther 198; 33(6):770-775。

Li-Neng Y、Greenstadt L、Shapiro D.カフェインが血圧に及ぼす影響:異文化間比較。 Psychophysiology 198; 20:457。

Lieberman、H. R.人参、エフェドリン、およびカフェインの認知能力、気分およびエネルギーへの影響。 Nutr Rev 200; 59(4):91-102。

Lubin、F.、Ron、E.、Wax、Y.、Black、M.、Funaro、M.、およびShitrit、A.良性乳房疾患におけるカフェインおよびメチルキサンチンの症例対照研究。 JAMA 4-26-198; 253(16):2388-2392。

Lucas、P.B.、Pickar、D.、Kelsoe、J.、Rapaport、M.、Pato、C.、and Hommer、D.精神分裂病患者におけるカフェインの急性投与の影響。 Biol.Psychiatry 7-1-199; 28(1):35-40。

メイス、J.カフェインの毒性。 J Pediatr 197; 92(2):345-346。

Marshall、J.、Graham、S.、およびSwanson、M。カフェイン消費および良性乳房疾患:症例対照比較。 Am.J.Public Health 198; 72(6):610-612。

Marx、F.グアラナ種子の分析:II。タンニン画分の組成に関する研究タンニン画分の組成に関する研究。 Zeitschrift Fuer Lebensmittel Untersuchung Und Forschung 199; 190(5):429-431。

Marx、F. and et al。グアラナーの分析

実験動物における毒性作用およびインビトロでの抗酸化活性。 J.Ethnopharmacol。 199; 60(2):111-116。

Mayo、K.M.、Falkowski、W.およびJones、C.A.カフェイン:長期滞在精神病患者における使用および効果。 Br.J.Psychiatry 199; 162:543-545。

McManamy MCおよびSchube PG。カフェイン中毒症:症状が精神病に至った症例の報告。ニューイングランドジャーナルオブメディスン193; 215:616-620。

冠状動脈塞栓術によるグアラナの正常およびエピネフリン誘発グリコーゲン分解マウスへの影響。 Biol.Pharm.Bull。 199; 21(6):646-648。

Moraes VLG、Santos LFM、Castro SB、Loureiro LH、Lima OA、Souza MLM、Yien LMK、Rossi-Bergmann B、およびCosta SSが含まれる。 Inhibition of lymphocyte activation by extracts and fractions of Kalanchoe, Alternanthera, Paullinia and Mikania species. Phytomedicine 199; 1:199-204.

Morano, A., Jimenez-Jimenez, F. J., Molina, J. A., and Antolin, M. A. Risk-factors for Parkinson’s disease: case-control study in the province of Caceres, Spain. Acta Neurol.Scand 199; 89(3):164-170.

Morton, J. F. Widespread tannin intake via stimulants and masticatories, especially guarana, kola nut, betel vine, and accessories.ベーシックライフサイエンス199; 59:739-765.

Myers, M. G. and Harris, L. High dose caffeine and ventricular arrhythmias. Can.J Cardiol. 199; 6(3):95-98.

Myers, M. G., Harris, L., Leenen, F. H., and Grant, D. M. Caffeine as a possible cause of ventricular arrhythmias during the healing phase of acute myocardial infarction. Am.J Cardiol. 5-1-198; 59(12):1024-1028.

Nagesh, R. V. and Murphy, K. A., Jr. Caffeine poisoning treated by hemoperfusion. Am.J.Kidney Dis。 198; 12(4):316-318.

Neims AH, Bailey J, and Aldridge A. Disposition of caffeine during and after pregnancy. Clin Res 197; 27:236A.

Nussberger, J., Mooser, V., Maridor, G., Juillerat, L., Waeber, B., and Brunner, H. R. Caffeine-induced diuresis and atrial natriuretic peptides. J Cardiovasc.Pharmacol 199; 15(5):685-691.

Nyska, A., Murphy, E., Foley, J. F., Collins, B. J., Petranka, J., Howden, R., Hanlon, P., and Dunnick, J. K. Acute hemorrhagic myocardial necrosis and sudden death of rats exposed to a combination of ephedrine and caffeine. Toxicol.Sci. 200; 83(2):388-396.

O’Dea, J. A. Consumption of nutritional supplements among adolescents: usage and perceived benefits. Health Educ.Res. 200; 18(1):98-107.

Ooms, T. G., Khan, S. A., and Means, C. Suspected caffeine and ephedrine toxicosis resulting from ingestion of an herbal supplement containing guarana and ma huang in dogs: 47 cases (1997-1999). J Am Vet Med Assoc 1-15-200; 218(2):225-229.

Parsons, W. D. and Neims, A. H. Effect of smoking on caffeine clearance. Clin Pharmacol Ther 197; 24(1):40-45.

Parsons, W. D. and Neims, A. H. Prolonged half-life of caffeine in healthy tem newborn infants. J Pediatr。 198; 98(4):640-641.

Parsons, W. D. and Pelletier, J. G. Delayed elimination of caffeine by women in the last 2 weeks of pregnancy. Can.Med.Assoc.J 9-1-198; 127(5):377-380.

Phillips-Bute, B. G. and Lane, J. D. Caffeine withdrawal symptoms following brief caffeine deprivation. Physiol Behav。 12-31-199; 63(1):35-39.

Pincomb, G. A., Lovallo, W. R., McKey, B. S., Sung, B. H., Passey, R. B., Everson, S. A., and Wilson, M. F. Acute blood pressure elevations with caffeine in men with borderline systemic hypertension. Am.J Cardiol. 2-1-199; 77(4):270-274.

Pincomb, G. A., Lovallo, W. R., Passey, R. B., Whitsett, T. L., Silverstein, S. M., and Wilson, M. F. Effects of caffeine on vascular resistance, cardiac output and myocardial contractility in young men. Am.J Cardiol. 7-1-198; 56(1):119-122.

Pizziol, A., Tikhonoff, V., Paleari, C. D., Russo, E., Mazza, A., Ginocchio, G., Onesto, C., Pavan, L., Casiglia, E., and Pessina, A. C. Effects of caffeine on glucose tolerance: a placebo-controlled study. Eur.J Clin Nutr。 199; 52(11):846-849.

Pola, J., Subiza, J., Armentia, A., Zapata, C., Hinojosa, M., Losada, E., and Valdivieso, R. Urticaria caused by caffeine. Ann.Allergy 198; 60(3):207-208.

Prineas, R. J., Jacobs, D. R., Jr., Crow, R. S., and Blackburn, H. Coffee, tea and VPB. J Chronic.Dis 198; 33(2):67-72.

Reeves, R. R., Struve, F. A., and Patrick, G. Somatic dysfunction increase during caffeine withdrawal. J.Am.Osteopath.Assoc. 199; 97(8):454-456.

Rejent T, Michalek R, and Krajewski M. Caffeine fatality with coincident ephedrine. Bull Int Assoc Forensic Toxicol 198; 16:18-19.

Robelin, M. and Rogers, P. J. Mood and psychomotor performance effects of the first, but not of subsequent, cup-of-coffee equivalent doses of caffeine consumed after overnight caffeine abstinence. Behav.Pharmacol 199; 9(7):611-618.

Roberts, A. T., Jonge-Levitan, L., Parker, C. C., and Greenway, F. The effect of an herbal supplement containing black tea and caffeine on metabolic parameters in humans. Altern Med Rev 200; 10(4):321-325.

Robertson, D., Frolich, J. C., Carr, R. K., Watson, J. T., Hollifield, J. W., Shand, D. G., and Oates, J. A. Effects of caffeine on plasma renin activity, catecholamines and blood pressure. N.Engl.J Med. 1-26-197; 298(4):181-186.

Rogers, P. J. and Dernoncourt, C. Regular caffeine consumption: a balance of adverse and beneficial effects for mood and psychomotor performance. Pharmacol Biochem.Behav。 199; 59(4):1039-1045.

Rommelspacher, H. [Guarana]. Dtsch.Med.Wochenschr. 3-17-199; 120(11):384.

Rosenberg, L., Miller, D. R., Helmrich, S. P., Kaufman, D. W., Schottenfeld, D., Stolley, P. D., and Shapiro, S. Breast cancer and the consumption of coffee. Am.J.Epidemiol。 198; 122(3):391-399.

Rosengren, A. and Wilhelmsen, L. Coffee, coronary heart disease and mortality in middle-aged Swedish men: findings from the Primary Prevention Study. J Intern Med 199; 230(1):67-71.

Rosmarin, P. C., Applegate, W. B., and Somes, G. W. Coffee consumption and blood pressure: a randomized, crossover clinical trial. J.Gen.Intern.Med. 199; 5(3):211-213.

Roth JA, Ivy AC, and Atkinson AJ. Caffeine and “peptic” ulcer: relation of caffeine and caffeine-containing beverages to the pathogenesis, diagnosis and management of peptic ulcer. JAMA 194; 126:814-820.

Rowland D and Mace J. Caffeine (no-doz) poisoning in childhood. West J Med 197; 124:52-53.

Ryall JE. Caffeine and ephedrine fatality. Bull Int Assoc Forensic Toxicol 198; 17:13.

Salvadori, M. C., Rieser, E. M., Ribeiro Neto, L. M., and Nascimento, E. S. Determination of xanthines by high-performance liquid chromatography and thin-layer chromatography in horse urine after ingestion of Guarana powder. Analyst 199; 119(12):2701-2703.

Santa, Maria A., Lopez, A., Diaz, M. M., Munoz-Mingarro, D., and Pozuelo, J. M. Evaluation of the toxicity of guarana with in vitro bioassays. Ecotoxicol.Environ.Saf 199; 39(3):164-167.

Schlemmer RF, Heinze WJ, Asta CL, and et al. Caffeine potentiates phenylpropanolamine lethality but not motor behavior. Fed Proc 198; 43:572.

Schoenfeld, C., Amelar, R. D., and Dubin, L. Stimulation of ejaculated human spermatozoa by caffeine. A preliminary report. Fertil.Steril。 197; 24(10):772-775.

Shirlow, M. J. and Mathers, C. D. A study of caffeine consumption and symptom; indigestion, palpitations, tremor, headache and insomnia. Int.J.Epidemiol. 198; 14(2):239-248.

Shorofsky, M. A. and Lamm, R. N. Caffeine-withdrawal headache and fasting. N.Y.State J.Med。 197; 77(2):217-218.

Shum, S., Seale, C., Hathaway, D., Chucovich, V., and Beard, D. Acute caffeine ingestion fatalities: management issues. Vet.Hum.Toxicol。 199; 39(4):228-230.

Sicard, B. A., Perault, M. C., Enslen, M., Chauffard, F., Vandel, B., and Tachon, P. The effects of 600 mg of slow release caffeine on mood and alertness. Aviat.Space Environ.Med. 199; 67(9):859-862.

Silverman, K., Evans, S. M., Strain, E. C., and Griffiths, R. R. Withdrawal syndrome after the double-blind cessation of caffeine consumption. N.Engl.J.Med。 10-15-199; 327(16):1109-1114.

Smith, A. P., Kendrick, A. M., and Maben, A. L. Effects of breakfast and caffeine on performance and mood in the late morning and after lunch. Neuropsychobiology 199; 26(4):198-204.

Smits, P., Corstens, F. H., Aengevaeren, W. R., Wackers, F. J., and Thien, T. False-negative dipyridamole-thallium-201 myocardial imaging after caffeine infusion. J Nucl.Med. 199; 32(8):1538-1541.

Smits, P., Temme, L., and Thien, T. The cardiovascular interaction between caffeine and nicotine in humans. Clin Pharmacol Ther 199; 54(2):194-204.

Stein, M. A., Krasowski, M., Leventhal, B. L., Phillips, W., and Bender, B. G. Behavioral and cognitive effects of methylxanthines. A meta-analysis of theophylline and caffeine. Arch.Pediatr.Adolesc.Med。 199; 150(3):284-288.

Stensvold, I. and Tverdal, A. The relationship of coffee consumption to various self-reported cardiovascular events in middle-aged Norwegian men and women. Scand J Soc Med 199; 23(2):103-109.

Stensvold, I., Tverdal, A., and Foss, O. P. The effect of coffee on blood lipids and blood pressure. Results from a Norwegian cross-sectional study, men and women, 40-42 years. J Clin Epidemiol. 198; 42(9):877-884.

Stillner, V., Popkin, M. K., and Pierce, C. M. Caffeine-induced delirium during prolonged competitive stress. Am.J.Psychiatry 197; 135(7):855-856.

Sumbaev, V. V. and Rozanov, A. I. [Effect of caffeine on xanthine oxidase activity]. Ukr.Biokhim.Zh。 199; 69(5-6):196-200.

Sung, B. H., Lovallo, W. R., Whitsett, T., and Wilson, M. F. Caffeine elevates blood pressure response to exercise in mild hypertensive men. Am.J.Hypertens。 199; 8(12 Pt 1):1184-1188.

Sung, B. H., Whitsett, T. L., Lovallo, W. R., al’Absi, M., Pincomb, G. A., and Wilson, M. F. Prolonged increase in blood pressure by a single oral dose of caffeine in mildly hypertensive men. Am.J Hypertens。 199; 7(8):755-758.

Superko, H. R., Myll, J., DiRicco, C., Williams, P. T., Bortz, W. M., and Wood, P. D. Effects of cessation of caffeinated-coffee consumption on ambulatory and resting blood pressure in men. Am J Cardiol 4-15-199; 73(11):780-784.

Sutherland, D. J., McPherson, D. D., Renton, K. W., Spencer, C. A., and Montague, T. J. The effect of caffeine on cardiac rate, rhythm, and ventricular repolarization. Analysis of 18 normal subjects and 18 patients with primary ventricular dysrhythmia. Chest 198; 87(3):319-324.

Tassaneeyakul, W., Birkett, D. J., McManus, M. E., Tassaneeyakul, W., Veronese, M. E., Andersson, T., Tukey, R. H., and Miners, J. O. Caffeine metabolism by human hepatic cytochromes P450: contributions of 1A2, 2E1 and 3A isoforms. Biochem.Pharmacol 5-18-199; 47(10):1767-1776.

Tisdell R, Iacobucci M, and Snodgrass W. Caffeine poisoning in an adult: survival with a serum concentration of 400 mg/L and need for adenosine agonist antidotes. Vet Hum Toxicol 198; 28(5):492.

Tondo, L. and Rudas, N. The course of a seasonal bipolar disorder influenced by caffeine. J.Affect.Disord. 199; 22(4):249-251.

Tuomilehto, J., Tuomilehto-Wolf, E., Virtala, E., and LaPorte, R. Coffee consumption as trigger for insulin dependent diabetes mellitus in childhood. BMJ 3-10-199; 300(6725):642-643.

Van Dusseldorp, M., Smits, P., Lenders, J. W., Temme, L., Thien, T., and Katan, M. B. Effects of coffee on cardiovascular responses to stress: a 14-week controlled trial. Psychosom.Med. 199; 54(3):344-353.

Van Dusseldorp, M., Smits, P., Thien, T., and Katan, M. B. Effect of decaffeinated versus regular coffee on blood pressure. A 12-week, double-blind trial. Hypertension 198; 14(5):563-569.

Wald, A., Back, C., and Bayless, T. M. Effect of caffeine on the human small intestine.消化器学197; 71(5):738-742.

Walsh, I., Wasserman, G. S., Mestad, P., and Lanman, R. C. Near-fatal caffeine intoxication treated with peritoneal dialysis. Pediatr.Emerg.Care 198; 3(4):244-249.

Weckerle, C. S., Stutz, M. A., and Baumann, T. W. Purine alkaloids in Paullinia. Phytochemistry 200; 64(3):735-742.

White, B. C., Lincoln, C. A., Pearce, N. W., Reeb, R., and Vaida, C. Anxiety and muscle tension as consequences of caffeine withdrawal. Science 9-26-198; 209(4464):1547-1548.

Wrenn, K. D. and Oschner, I. Rhabdomyolysis induced by a caffeine overdose. Ann.Emerg.Med。 198; 18(1):94-97.

Yu, G., Maskray, V., Jackson, S. H., Swift, C. G., and Tiplady, B. A comparison of the central nervous system effects of caffeine and theophylline in elderly subjects. Br.J Clin Pharmacol 199; 32(3):341-345.

Abernethy DR、Todd EL。低用量エストロゲン含有経口避妊薬の長期使用によるカフェインクリアランスの障害。 Eur J Clin Pharmacol 198; 28:425-8。

Acheson KJ, Gremaud G, Meirim I, et al. Metabolic effects of caffeine in humans: lipid oxidation or futile cycling? Am J Clin Nutr 200; 79:40-6.

Akhtar S, Wood G, Rubin JS, et al. Effect of caffeine on the vocal folds: a pilot study. J Laryngol Otol 199; 113:341-5.

トロンビンの強力な阻害剤は、未処理茶からの血小板トロンボキサン形成を刺激した。 Prostaglandins Leukot Med 198; 27:9-13。

小児科アカデミー。 The transfer of drugs and other chemicals into human milk. Pediatrics 200; 108:776-89.

Andersen T、Fogh J.太りすぎの患者のサウスハーブ調製後の減量および胃排出の遅延。 J Hum Nutr Diet 200; 14:243-50。

Anderson BJ, Gunn TR, Holford NH, Johnson R. Caffeine overdose in a premature infant: clinical course and pharmacokinetics. Anaesth Intensive Care 199; 27:307-11.

Aqel RA、Zoghbi GJ、Trimm JR、et al。冠動脈疾患患者における冠動脈内投与アデノシン誘発冠動脈血行動態に及ぼす静脈内投与カフェインの影響Am J Cardiol 200; 93:343-6。

Ardlie NG、Glew G、Schultz BG、Schwartz CJ。メチルキサンチンによる血小板凝集の阻害および逆転。 Thromb Diath Haemorrh 196; 18:670-3。

Avisar R、Avisar E、Weinberger D.コーヒー消費が眼内圧に及ぼす影響。 Ann Pharmacother 200; 36:992-5 ..

Bara AI、Barley EA。喘息のためのカフェイン。 Cochrane Database Syst Rev 200; 4:CD001112 ..

Bell DG、Jacobs I、Ellerington K.カフェインおよびエフェドリン摂取が嫌気的運動能力に及ぼす影響。メディサイスポーツエクササイズ200; 33:1399-403。

Benowitz NL、Osterloh J、Goldschlager N、et al。カフェイン中毒からの大量のカテコールアミン放出。 JAMA 198; 248:1097-8。

Boozer CN, Nasser JA, Heymsfield SB, et al. An herbal supplement containing Ma Huang-Guarana for weight loss: a randomized, double-blind trial. Int J Obes Relat Metab Disord 200; 25:316-24.

Bourin M, Bougerol T, Guitton B, Broutin E. A combination of plant extracts in the treatment of outpatients with adjustment disorder with anxious mood: controlled study vs placebo. Fundam Clin Pharmacol 199; 11:127-32.

Bracken MB, Triche EW, Belanger K, et al. Association of maternal caffeine consumption with decrements in fetal growth. Am J Epidemiol 200; 157:456-66..

Breum L, Pedersen JK, Ahlstrom F, et al. Comparison of an ephedrine/caffeine combination and dexfenfluramine in the treatment of obesity. A double-blind multi-centre trial in general practice. Int J Obes Relat Metab Disord 199; 18:99-103.

Briggs GB, Freeman RK, Yaffe SJ. Drugs in Pregnancy and Lactation. 5th ed。 Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkin; 1998。

Brown NJ、Ryder D、ブランチRA。カフェインとフェニルプロパノールアミンの間の薬力学的相互作用。 Clin Pharmacol Ther 199; 50:363-71。

Cannon ME, Cooke CT, McCarthy JS. Caffeine-induced cardiac arrhythmia: an unrecognised danger of healthfood products. Med J Aust 200; 174:520-1.

Carbo M、Segura J、De la Torre R、et al。カフェイン処理に対するキノロンの影響。 Clin Pharmacol Ther 198; 45:234-40。

Carrillo JA、Benitez J.食餌性カフェインと薬物との臨​​床的に重要な薬物動態相互作用。 Clin Pharmacokinet 200; 39:127-53。

Chen JF, Xu K, Petzer JP, et al. Neuroprotection by caffeine and A(2A) adenosine receptor inactivation in a model of Parkinson’s disease. J Neurosci 200; 21:RC143..

Chiu KM。閉経後女性の骨量に対するカルシウムサプリメントの有効性。 J Gerontol A Biol Sci Med Sci 199; 54:M275-80。

Chou T. Wake up and smell the coffee. Caffeine, coffee, and the medical consequences. West J Med 199; 157:544-53.

デューズPB、カーティスGL、ハンフォードKJ、オブライエンCP。人口ベースの調査および制御された盲検パイロット実験におけるカフェイン撤退の頻度。 J Clin Pharmacol 199; 39:1221~32。

Dews PB、O’Brien CP、Bergman J. Caffeine:離脱と関連する問題の行動効果。 Food Chem Toxicol 200; 40:1257-61。

DiPiro JT, Talbert RL, Yee GC, et a; eds. Pharmacotherapy: A pathophysiologic approach. 4th ed。スタンフォード、CT:アップルトン&ランゲ、1999。

Donadio V, Bonsi P, Zele I, et al. Myoglobinuria after ingestion of extracts of guarana, Ginkgo biloba and kava. Ginkgo biloba and kava. Neurol Sci 200; 21:124.

Dreher HM. The effect of caffeine reduction on sleep quality and well-being in persons with HIV. J Psychosom Res 200; 54:191-8..

連邦規則の電子コード。 Title 21.パート182 – 一般的に安全と認められる物質。利用可能:http://ecfr.gpoaccess.gov/cgi/t/text/text-idx?c=ecfr&sid= 786bafc6f6343634fbf79fcdca7061e1&rgn = div5&view = text&node = 21:3.0.1.1.13&idno = 21

Eskenazi B. Caffeine—filtering the facts. N Engl J Med 199; 341:1688-9.

FDA。 Proposed rule: dietary supplements containing ephedrine alkaloids. Available at: www.verity.fda.gov (Accessed 25 January 2000).

Fernandes O, Sabharwal M, Smiley T, et al. Moderate to heavy caffeine consumption during pregnancy and relationship to spontaneous abortion and abnormal fetal growth: a meta-analysis. Reprod Toxicol 199; 12:435-44.

Ferrini RL、Barrett-Connor E.閉経後女性のカフェイン摂取量と内因性性ステロイド濃度。ランチョベルナルド研究。 Am J Epidemiol 1996:144:642-4。

For Dieter, Nearly the Ultimate Loss. The Washington Post. Available at: http://www.washingtonpost/archive/politics/2000/03/19/for-dieter-nearly-the-ultimate-loss/c0f07474-489d-4f44-bc17-1f1367c956ae/ (Accessed 19 March 2000).

Forrest WH Jr、Bellville JW、Brown BW Jr.夜間催眠薬としてのカフェインとペントバルビタールとの相互作用。麻酔学197; 36:37-41。

Grandjean AC, Reimers KJ, Bannick KE, Haven MC. The effect of caffeinated, non-caffeinated, caloric and non-caloric beverages on hydration. J Am Coll Nutr 200; 19:591-600..

Greenway FL, Raum WJ, DeLany JP. The effect of an herbal dietary supplement containing ephedrine and caffeine on oxygen consumption in humans. J Altern Complement Med 200; 6:553-5.

Hogg S、Spigset O、Mjorndal T、Dahlqvist R.健康なボランティアにおけるクロザピンの薬物動態に及ぼすカフェインの影響。 Br J Clin Pharmacol 200; 49:59-63。

Haller CA、Benowitz NL、Jacob P 3rd。ヒトにおける体重減少抑制剤の血行力学的効果Am J Med 200; 118:998-1003 ..

Haller CA、Benowitz NL。エフェドラアルカロイドを含有する栄養補助食品に関連する有害な心臓血管および中枢神経系事象。 N Engl J Med 200; 343:1833-8。

Haller CA、Jacob P、第3回、Benowitz NL。 Pharmacology of ephedra alkaloids and caffeine after single-dose dietary supplement use. Clin Pharmacol Ther 200; 71:421-32.

Harder S、Fuhr U、Staib AH、Wolff T. Ciprofloxacin-caffeine:インビボおよびインビトロ研究を用いて確立された薬物相互作用。 Am J Med 198; 87:89S-91S。

Healy DP、Polk RE、Kanawati L、et al。正常ボランティアにおける経口シプロフロキサシンとカフェインとの相互作用。 Antimicrob Agents Chemother 198; 33:474-8。

Heseltine D, Dakkak M, woodhouse K, et al. The effect of caffeine on postprandial hypotension in the elderly. J Am Geriatr Soc 199; 39:160-4.

Hodgson JM、Puddey IB、Burke V、et al。緑茶と紅茶を飲むときの血圧に及ぼす影響。 J Hypertens 199; 17:457-63。

Holmgren P、Norden-Pettersson L、Ahlner J. Caffeineの死亡例 – 4件の症例報告。フォレンジックサイエンスInt 200; 139:71-3。

Horner NK、Lampe JW。線維嚢胞性乳房症状の食事療法の潜在的なメカニズムは、有効性の証拠が不十分であることを示している。 J Am Diet Assoc 200; 100:1368-80。

Howell LL, Coffin VL, Spealman RD. Behavioral and physiological effects of xanthines in nonhuman primates. Psychopharmacology(Berl)199; 129:1-14.

Infante S、Baeza ML、Calvo M、et al。 Anaphylaxis due to caffeine.アレルギー200; 58:681-2。

医学研究所。精神タスクパフォ​​ーマンスの維持のためのカフェイン:軍事作戦のための定式化。ワシントンDC:National Academy Press、2001年。利用可能:http://books.nap.edu/books/0309082587/html/index.html。

ジェファーソンJW。リチウムの振戦とカフェインの摂取:飲酒が少なく、より多く揺れている2つのケース。 J Clin Psychiatry 198; 49:72-3。

Joeres R、Klinker H、Heusler H、et al。カフェイン排泄に対するメキシレチンの影響。 Pharmacol Ther 198; 33:163-9。

Juliano LM、Griffiths RR。カフェイン撤退の批判的レビュー:症状と徴候、発生率、重症度、および関連する特徴の経験的検証。 Psychopharmacology(Berl)200; 176:1-29。

Kamimori GH, Penetar DM, Headley DB, et al. Effect of three caffeine doses on plasma catecholamines and alertness during prolonged wakefulness. Eur J Clin Pharmacol 200; 56:537-44..

Keijzers GB、De Galan BE、Tack CJ、et al。カフェインはヒトのインスリン感受性を低下させることができる。糖尿病ケア。 2002 Fe; 25:364-9。

Klebanoff MA, Levine RJ, DerSimonian R, et al. Maternal serum paraxanthine, a caffeine metabolite, and the risk of spontaneous abortion. N Engl J Med 199; 341:1639-44.

Kleemola P, Jousilahti P, Pietinen P, et al. Coffee consumption and the risk of coronary heart disease and death. Arch Intern Med 200; 160:3393-400..

Kockler DR、McCarthy MW、Lawson CL。発作活動とヒドロキシカット摂取後の無反応。薬物療法200; 21:647-51 ..

Kynast-Gales SA、Massey LK。尿中のカルシウムおよびマグネシウムの概日排泄に及ぼすカフェインの影響。 J Am Coll Nutr。 199; 13:467-72。

Lake CR、Rosenberg DB、Gallant S、et al。フェニルプロパノールアミンは血漿カフェイン濃度を上昇させる。 Clin Pharmacol Ther 199; 47:675-85。

Lane JD, Barkauskas CE, Surwit RS, Feinglos MN. Caffeine impairs glucose metabolism in type 2 diabetes.糖尿病ケア200; 27:2047-8.

Leson CL、McGuigan MA、Bryson SM。青年男性のカフェイン過量。 J Toxicol Clin Toxicol 198; 26:407-15。

Lloyd T、Johnson-Rollings N、Eggli DF、et al。習慣的なカフェイン摂取量の異なる閉経後女性の骨の状態:縦断的研究。 J Am Coll Nutr 200; 19:256-61。

Mansi IA、Huang J.体重減少漢方薬に反応したRhabdomyolysis。 Am J Med Sci 200; 327:356-357。

Massey LK、Whiting SJ。カフェイン、尿中カルシウム、カルシウム代謝および骨。 J Nutr 199; 123:1611-4。

Massey LK。カフェインは高齢者の骨量減少の危険因子ですか? Am J Clin Nutr 200; 74:569-70。

May DC、Jarboe CH、VanBakel AB、Williams WM。喫煙者および非喫煙者におけるシメチジンのカフェイン処理に対する影響。 Clin Pharmacol Ther 198; 31:656-61。

McGowan JD, Altman RE, Kanto WP Jr. Neonatal withdrawal symptoms after chronic maternal ingestion of caffeine. South Med J 198; 81:1092-4..

Mester R、Toren P、Mizrachi I、et al。カフェイン撤退はリチウム血中濃度を上昇させる。 Biol Psychiatry 199; 37:348-50。

Nawrot P, Jordan S, Eastwood J, et al. Effects of caffeine on human health. Food Addit Contam 200; 20:1-30.

Nehlig A, Debry G. Consequences on the newborn of chronic maternal consumption of coffee during gestation and lactation: a review. J Am Coll Nutr 199; 13:6-21..

Nix D、Zelenitsky S、Symonds W、et al。若年者および高齢者におけるカフェインの薬物動態に対するフルコナゾールの影響。 Clin Pharmacol Ther 199; 51:183。

Nurminen ML、Niittynen L、Korpela R、Vapaatalo H. Coffee、カフェインおよび血圧:批判的レビュー。 Eur J Clin Nutr 199; 53:831-9。

Petrie HJ, Chown SE, Belfie LM, et al. Caffeine ingestion increases the insulin response to an oral-glucose-tolerance test in obese men before and after weight loss. Am J Clin Nutr 200; 80:22-8.

Pollock BG、Wylie M、Stack JA、et al。閉経後の女性におけるエストロゲン補充療法によるカフェイン代謝の阻害。 J Clin Pharmacol 199; 39:936-40。

Raaska K、Raitasuo V、Laitila J、Neuvonen PJ。入院患者の血清クロザピン濃度に対するカフェイン含有コーヒー対カフェイン入りコーヒーの効果。 Basic Clin Pharmacol Toxicol 200; 94:13-8。

Rapuri PB、Gallagher JC、Kinyamu HK、Ryschon KL。カフェインの摂取は、高齢女性の骨量減少の割合を増加させ、ビタミンD受容体遺伝子型と相互作用する。 Am J Clin Nutr 200; 74:694-700。

Rees K, Allen D, Lader M. The influences of age and caffeine on psychomotor and cognitive function. Psychopharmacology(Berl)199; 145:181-8.

Robinson LE, Savani S, Battram DS, et al. Caffeine ingestion before an oral glucose tolerance test impairs blood glucose management in men with type 2 diabetes. J Nutr 200; 134:2528-33.

Ross GW, Abbott RD, Petrovitch H, et al. Association of coffee and caffeine intake with the risk of parkinson disease.ジャマ200; 283:2674-9.

Sanderink GJ、Bournique B、Stevens J、et al。インビトロでのリルゾールの代謝および薬物相互作用におけるヒトCYP1Aアイソザイムの関与。 Pharmacol Exp Ther 199; 282:1465-72。

Savitz DA, Chan RL, Herring AH, et al. Caffeine and miscarriage risk. Epidemiology 200; 19:55-62.

Schechter MD, Timmons GD. Objectively measured hyperactivity–II. Caffeine and amphetamine effects. J Clin Pharmacol 198; 25:276-80..

Sinclair CJ、Geiger JD。スポーツでのカフェイン使用。薬理学的レビュー。 Jスポーツメディフィートフィットネス200; 40:71-9。

スミスA.カフェインが人間の行動に与える影響。 Food Chem Toxicol 200; 40:1243-55。

Spinella M. Herbal Medicines and Epilepsy: The Potential for Benefit and Adverse Effects. Epilepsy Behav 200; 2(6):524-532.

Stanek EJ、Melko GP、Charland SL。ジピリダモール – タリウム-201心筋イメージングによるキサンチン干渉。 Pharmacother 199; 29:425-7。

Stookey JD. The diuretic effects of alcohol and caffeine and total water intake misclassification. Eur J Epidemiol 199; 15:181-8.

Suleman A, Siddiqui NH. Haemodynamic and cardiovascular effects of caffeine. Medicine On Line Int J Medicine 2000. www.priory/pharmol/caffeine.htm (Accessed 14 April 2000).

The National Toxicology Program (NTP).カフェイン。 Center for the Evaluation of Risks to Human Reproduction (CERHR). Available at: http://cerhr.niehs.nih.gov/common/caffeine.html.

Tobias JD. Caffeine in the treatment of apnea associated with respiratory syncytial virus infection in neonates and infants. South Med J 200; 93:297-304.

アンダーウッドDA。薬理学または運動ストレス試験の前にどの薬を服用すべきですか? Cleve Clin J Med 200; 69:449-50。

Vahedi K、Domingo V、Amarenco P、Bousser MG。ボディービルディングのための麻黄抽出物とクレアチン一水和物を消費したスポーツマンの虚血性脳卒中。 J Neurol Neurosurg Psychiatr 200; 68:112-3。

Vandeberghe K, Gillis N, Van Leemputte M, et al. Caffeine counteracts the ergogenic action of muscle creatine loading. J Appl Physiol 199; 80:452-7.

Wahllander A、Paumgartner G.ケトコナゾールとテルビナフィンが健康なボランティアのカフェインの薬物動態に及ぼす影響。 Eur J Clin Pharmacol 198; 37:279-83。

Wakabayashi K、Kono S、Shinchi K、et al。習慣的なコーヒー消費と血圧:日本の自衛官に関する研究。 Eur J Epidemiol 199; 14:669-73。

Wallach J.診断テストの解釈。研究所の医学の概要。第五に、ボストン、マサチューセッツ州:リトルブラウン、1992年。

Watson JM、Jenkins EJ、Hamilton P、et al。 1型糖尿病の自由生活患者における低血糖の頻度と知覚に及ぼすカフェインの影響糖尿病ケア200; 23:455-9。

Watson JM、Sherwin RS、Deary IJ、et al。持続的なカフェイン使用による低血糖症に対する増大した生理的、ホルモンおよび認知応答の解離。 Clin Sci(Lond)200; 104:447-54。

Wemple RD, Lamb DR, McKeever KH. Caffeine vs caffeine-free sports drinks: effects on urine production at rest and during prolonged exercise. Int J Sports Med 199; 18:40-6.

Weng X, Odouli R, Li DK. Maternal caffeine consumption during pregnancy and the risk of miscarriage: a prospective cohort study. Am J Obstet Gynecol 200; 198:279.e1-8.

Williams MH, Branch JD. Creatine supplementation and exercise performance: an update. J Am Coll Nutr 199; 17:216-34.

Winkelmayer WC、Stampfer MJ、Willett WC、Curhan GC。女性の習慣的なカフェイン摂取と高血圧のリスク。ジャマ200; 294:2330-5。

Zheng XM、Williams RC。 24時間の棄権後の血清カフェイン濃度:ジピリダモール(201)T1心筋灌流イメージングに対する臨床的意義。 J Nucl Med Technol 200; 30:123-7。

自然薬総合データベースコンシューマバージョン。 Natural Medicines包括的なデータベースプロフェッショナルバージョンを参照してください。 ÂTherapeuticResearch Faculty 2009。

Ex。人参、ビタミンC、うつ病